ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
Search Results
search word = アレクサンドル・デスプラ
All the search results were displayed below.

歴史を守った男たちがいた。

みけらんじぇろ・ぷろじぇくと

ミケランジェロ・プロジェクト』を観た!
原題:『THE MONUMENTS MEN

第二次世界大戦、終戦間近。
アドルフ・ヒトラー率いるドイツ軍が進行する中、
美術品や文化財を次々と強奪していた。

これに危機感を覚えたハーバード大学付属美術館館長ストークスは、
アメリカ政府に進言し、美術品の保護を訴えた。

命より大切な美術品はあるか?
戦争の最中、美術品を守る必要性はあるのか。
その問いに反論すべく、
戦争経験のない専門家たちが集結した。

これは実話に基づく、
隠れたヒーローの物語。


守るものは、歴史。

巻き戻せない、時の重なり。

戦争やテロ、宗教紛争で失われた美術品、
文化、建築物は数えきれない。

人の命と比較して、
果たして守るべきものなのか。


この答えには、「比較する意味が無い」と言えるだろう。
しかし少なくとも、人の命と同じ、
一度失えば、二度と得られないのだ。
そういった意味では、同等なのである。

ヒトラーは青年期、
芸術家になることを志していたという。
夢叶わず、世に知られる政治家となっても、
芸術に多大なる興味があった。
だから、パリを攻撃しなかったという。

ヒトラーはヨーロッパを侵攻しながら、
“大切な”美術品を収集して回った。

「なんだ、戦火から守ろうとした、
美術品の価値がわかる、ちょっとイイヤツ?」と思ったら大間違い。
その計画はヒトラーのエゴでしかないことが、この映画でわかるであろう。

真の美術品を愛するのは彼ら。
みけらんじぇろ・ぷろじぇくと
いや、愛するという言葉では、足りない。
彼らが必死になって守ろうとした
突き動かす信念はなんだったのか。
共鳴できた人には、この映画にグッとくるものがあるはず。


キャストは豪勢だけど、
映画自体は思ったより地味。

正直、テンポがゆっくりで若干眠くなる。
モニュメンツメンのちょっとしたエピソードをたくさん盛り込むことで
(それが実話なのかフィクションなのか誇張なのかわからないけど)
無理に118分という時間を保った映画、という印象もある。
もっと作品を短くすることもできたように思う。
してしまうと、伝えきれないものがあるのかもしれないが。

でも映画を最後まで観ると、
手堅い何かが観客を包み込んでくる。
悔しいけど、途端、涙が出そうになった。
この作品は内容や展開がうんぬんより、
一種のドキュメンタリーのように、
闘ってくれた男たちがいたことを知るために存在しているんだと思う。

感謝の念であふれるよ。
人の命より尊ぶ気はないけれど、
それでも美術品が損害を受けることは
何より腹立たしく、いてもたってもいられない。
時間を経たからの重み。
また新たなものを作ればいいじゃないか、では済まない。
それが唯一で、それ以外あり得ない存在だから。
金銭的価値の問題でもない。修復すれば良いということでもない。
芸術家の功績を、ただ称えるものでもない。

でも間違いなく、芸術は人の心を高める。
心に起こる動きは、何にも代えがたい。
豊かにするそれを、誰かの手によって壊されるなどあってはならない。



しかし、邦題は微妙すぎる。
ドイツ映画『ミケランジェロの暗号』と同じだ。
なぜそれに“限った”んだ、と疑問に思う。

監督・脚本(グラント・ヘスロヴとの共作)・そして主演の、
ジョージ・クルーニーだからこそ集まったキャティング。
「みんな内容の面白さに賛同してくれた」とジョージはいうが、
どちらかというと、
「ジョージがやろうと言ったからやった」と言うのが正しそう。
彼に「乗るかい?」言われたら、
「乗った!」方が何かいいことがありそうじゃないか。

ところで、グラント・ヘスロヴの過去4作品は、
ジョージと手がけてきたんだね。
ヤギと男と男と壁と』という、
なぜか観る度、毎回感動であふれるその作品も
ジョージが主演だし、グラントは監督を務めている。

マット・デイモンビル・マーレイ
ジョン・グッドマンケイト・ブランシェット等々、取り揃えている。
その中で、やっぱりジャン・デュジャルダンが登場した時の、
ニッカァッ!ってスマイルには断然癒されたなぁ!
みけらんじぇろ・ぷろじぇくと
アーティスト』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』といったくらいしか
出演作を観ていないけれど、本当にカッコイイなあ!


音楽は、アレクサンドル・デスプラ
1960年代の映画音楽を彷彿させるテーマ曲で、
映画の路線をガッチリと決めた気がする。
アレクサンドルの作る映画音楽の幅広さは凄いなぁ。
変幻自在でありつつも、芸術性も高い。
(映画には彼自身も出演している??)


想像していた映画とは
ちょっと違かったというか、
もっと高尚な作りだったようだ。
でも自宅鑑賞でもいいので、
一度“彼らの思い”を目にして欲しい。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


私が戦争を知っている。

いみてーしょん・げーむ/えにぐまとてんさいすうがくしゃのひみつ

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観た!
原題:『THE IMITATION GAME

第二次世界大戦下、
ナチス政権は暗号機:エニグマを実用化。
連合軍は戦争を終結させるに、その解読が急務であった。

選ばれたのは26歳の天才数学者。
そしてパズルを解くことが得意な若者たち。

近年まで隠され続けた極秘プロジェクト。
彼らの功績と、封じられた秘密が、今明かされる。

アカデミー賞脚色賞受賞
もっと“重く”描いてほしい部分がありつつも、
全体の雰囲気が非常に良い、完成度の高い1本!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


2014年も、今日で終わります。
2013年が凄く楽しくて。
だから2014年は、
それを超えることはできないだろうと思っていました。

そうしたら、今年は去年を上回る、
めくるめく年になりました


まずは、陽面着陸計画が発展しました。
まとめサイト:ギャザリー映画キュレーターを務める機会を得、
さらには映画脚本(脚色)の公募グランプリを獲得
ずっとずっと興味があった、
映画制作の世界へ足を踏み入れることができそうです!

一方で、4年に1度のワールド杯の年。
大好きなスペイン代表は大敗したけれど、
早起きして試合を観ては、決勝戦まで楽しみました!
感動をありがとう、アルゼンチン!優勝おめでとう、大好きドイツ!

サッカー関連で言えば、
(結果は散々だったけど)今シーズン、セレッソ大阪に移籍した、
超ビッグスター選手、ディエゴ・フォルランに会いに、
大阪まで行って、サインももらってきたよ!!

ハリウッドスターにもたくさん会っちゃった!!
クリス・ヘムズワースドイツでのリベンジが叶う。
そしてレオナルド・ディカプリオトム・クルーズブラッド・ピットと、
超大物スターの現物を目視できた!
憧れの大監督、ロン・ハワード監督とも接触を持てたよ!!
私が言いたいことは、自慢話ではなく、
これらの幸運は、全部、
人との繋がりのおかげ
で叶ったことであり、
感謝してやまないということ!!! ありがとうございます!!!

ちょっと変化球で、2013年度オスカー俳優も目視!!
30 seconds to marsのライヴで、
ジャレッド・レトを堪能!!


1年に1回の海外旅行では、
(いつも1カ国だけど)今回は4カ国横断
呪縛のように体に巻きついていた
コンプレックス
も払拭した。
ちょっとのきっかけを、転換して選択してみた。
やればやるだけやれるってことがわかった。
たくさんの初めてを経験した、
一生の記憶に残るような1年でした!!


好きなコト、好きなダケ、
好きって言ってよかった!!!

もう少しの間、貫いていきたいです。
みなさま1年、本当にお世話になりました。
また来る年も、なるは及び、
陽面着陸計画をどうぞよろしくお願いいたします。


それでは恒例の、
2014年の映画総集編にまいります。
-----------------------------------------------
累計鑑賞数: 91本(前年比 -9)
劇場鑑賞数: 49本(前年比-21)内邦画1本
自宅鑑賞数: 42本(前年比+12)
-----------------------------------------------
※初観映画のみカウント
※観た映画は全てこの記事の一番最後に列挙


2014年なるは'sアワード開催っ!
※審査対象作品は、「今年、私が劇場で観た作品」です。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


あなたへの想いで、探す旅。

あなたをだきしめるひまで

あなたを抱きしめる日まで』を観た!
原題:『PHILOMENA

が50歳の誕生日を迎えた日、
フィロミナはついに胸のうちを明かす。
「私に息子がいるの。」
自分は罪を負った人間。
それでもどうか、もう一度。

政界によって磔刑に吊るされた
元BBCジャーナリストのマーティン・シックススミス。
執筆活動に専念しようとするも、良い題材が見つからない。
「私の息子を、一緒に
 探してくれるかしら。」

そうして始まった、
アンバランスなふたりの旅。

実話が基の感動作
アカデミー賞にて作品賞、脚色賞、作曲賞、
主演女優賞(ジュディ・デンチ)ノミネートな実績。
すべての要素がしっくりと噛み合う、完成度の高い作品。
これはオススメ!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


僕らの世界は小さくて
限りなく大きい。


むーんらいず・きんぐだむ

ムーンライズ・キングダム』を観た!
原題:『Moonrise Kingdom

舞台は1965年。
ニューイングランドにあるちっぽけな島で事件が起きる。
孤児のボーイスカウト:サムと、
孤独な少女:スージーが、“かけおち”したのだ。

そこで気づかされる、
こどもたちの純粋な強い思いと、
おとなたちの果たすべき責任。
小さな世界には、
大きな未来が待っているから。


豪華俳優陣がこぞって出演するわけだ、
ウェス・アンダーソン監督作品。
“雰囲気勝ち”以上のメッセージ性。
セリフも素朴で、的を射ている。
自宅鑑賞でも可だけど、観ておいて損はない!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


国家最重要機密映画。

あるご

アルゴ』を観た!!

1979年。イランのアメリカ大使館が襲撃された。
50人以上のアメリカ人職員が人質となった。
6人の職員は間一髪で脱出、カナダ大使私邸で保護される。
アメリカへの怒り治まらぬイランの民衆。
在住するアメリカ人をしらみつぶしに探しては、
残虐な方法で次々と処刑していく。
身を潜める6人の命も、時間の問題だった。
ひとびとの怒りの強大さ。
ひとりひとりに向けられた時の恐ろしさ。


驚くべき極秘計画の遂行と、その結果。
“映画”の結末を知る人も、知らない人も、
緊張と恐怖でおののくだろう。
この映画、凄い。
ベン・アフレックの采配に拍手
実話だけに頼らない、本腰入れた逸品

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


ぼくはなにもしらなかった。

すーぱー・ちゅーずでー ~せいぎをうったひ~

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』を観た!

大統領予備選挙に出馬するマイク・モリス(ジョージ・クルーニー)。
モリスの人柄は、アメリカの未来を照らしていた。

彼の選挙活動を支えるのは、有能な飛車
選挙キャンペーンの責任者:ポール(フィリップ・シーモア・ホフマン)と、
広報官のスティーヴン(ライアン・ゴズリング)。
彼らはよりよい国を目指し、
よりふさわしき人物を国の指導者として掲げようと精を尽くす。


信念が揺らぐ時
それは見限られた時か、裏切られた時か。

とっても期待してたけど、案外普通
というか、もう一歩ひっくり返ってもよかったように思う。
全体的に地味目で、そこには裏があると思ってたけど、
動機も弱いし、人間関係も描き方が薄い。
ただまぁなに、キャスティングが素敵だから
それだけでテンションは上がるよ。
DVDレンタルで良いんじゃないかな。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


今年も瞬く間に1年が過ぎ去ります。

2011年はいろいろあった年ですね。
日本は揺れました。世界も揺れました。
いろいろなものを失って、いろいろなものを見つけたと思います。

私はというと、結局何もできず、何も見つからなかったけれど、
いくつか「やろう」と思ったことを「やった」と思う。
来年はこの「やろう」を増やしたい、行いたい。

初めてスペインに出向いて、
大好きなサッカー選手に会えたことは感動だった!

自ら動くことで、(些細なことだけれど)得られるものもある。

映画は自宅鑑賞が全くと言って良いほどできなかった・・・。
でも、劇場鑑賞は去年よりも多かった!
良い作品がたくさん日本で公開されたことと、
迷うんだったら「観に行こう」というと踏み込んだゆえの結果かなって。

というわけで、今年もまとめていきたいと思います!

----------------------------------
累計鑑賞数: 70本 
劇場鑑賞数: 54本
自宅鑑賞数: 16本
----------------------------------
※観た映画は全てこの記事の一番最後に列挙!

うがああ今年は殊に少ないなあああ
なんでお家でこんなに映画観れなかったんだろう・・・?

ではでは。
今年も、なるは'sアワード開催っ!
※審査対象作品は、「今年なるはが劇場で観た作品」です。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
※本当は2011年の内に投稿したかったんですが、
年末ギリギリに映画を2本観た上、ダラダラしてしまったので、
時制が「去年の時点」です、見逃してください(苦笑)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


書き消される前に。

ごーすとらいたー

ゴーストライター』を観た!!

元英国首相の自叙伝を手掛けたゴーストライターが死亡。
その執筆を引き継いだ次なるゴースト(ユアン・マクレガー)は、
早速仕事にとりかかるも、
不可解な点やラング元首相を取り巻く問題が筆を遅らす。
出稿までたった1ヶ月。報酬は莫大。
ゴーストライターは大きな政略的陰謀に、足を踏み入れていた・・・!

面白過ぎて涙出た!!
恐らくまずこの作品、きっと絶対原作も面白い!!
それを映画用に脚本興したけど、それもまたセンスいい!!
大満足のサスペンスです!!お見逃しなく!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


おしえてください。

つりー・おぶ・らいふ

ツリー・オブ・ライフ』を観た。

生まれて、知らず覚えて、知って、学んで、
気づいて、傷ついて、
愛して、恐れて、信じて、疑って、
惑って、迷って、気づいて。

どこからきて、どこへ消えるのか。
誰が知ってて、誰も知らないのか。

こたえはありますか?
わたしたちのこころは、
どこにおけばいいのですか?


せかいの核を突く、感覚的作品
感じるままに観ると、凄まじい映画。綺麗です。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


心を放して。

えいこくおうのすぴーち

英国王のスピーチ』を観た!!

現エリザベス女王の父にあたる、
ジョージ6世。
彼は人前で話すことが酷く苦手だった。
相手、人数、場所は問わない。
自分の思い、言葉を伝えることができなかった。
しかし、英国王になるからには、
話さないわけにはいかなかった。
彼の、勇気と真摯の物語。

心に残る、素敵な作品に出会いました

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


            

べんじゃみん・ばとん
まるで写真集のような作りは良いけど、著名人のコメントはいらねぇ。
その分安くした方が断然良い。


ベンジャミン・バトン』を観た!

生まれながらに歳をとったベンジャミン。
彼の、老いて生まれるまで。
出会い別れる人たちとの温もりと記憶。

特別な人生に待つものは。

挑戦的な脚本と前評判の割には…だけど、
一つの数奇な人生を観て、経験すること。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.