ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
Search Results
search word = ジョン・グッドマン
All the search results were displayed below.

歴史を守った男たちがいた。

みけらんじぇろ・ぷろじぇくと

ミケランジェロ・プロジェクト』を観た!
原題:『THE MONUMENTS MEN

第二次世界大戦、終戦間近。
アドルフ・ヒトラー率いるドイツ軍が進行する中、
美術品や文化財を次々と強奪していた。

これに危機感を覚えたハーバード大学付属美術館館長ストークスは、
アメリカ政府に進言し、美術品の保護を訴えた。

命より大切な美術品はあるか?
戦争の最中、美術品を守る必要性はあるのか。
その問いに反論すべく、
戦争経験のない専門家たちが集結した。

これは実話に基づく、
隠れたヒーローの物語。


守るものは、歴史。

巻き戻せない、時の重なり。

戦争やテロ、宗教紛争で失われた美術品、
文化、建築物は数えきれない。

人の命と比較して、
果たして守るべきものなのか。


この答えには、「比較する意味が無い」と言えるだろう。
しかし少なくとも、人の命と同じ、
一度失えば、二度と得られないのだ。
そういった意味では、同等なのである。

ヒトラーは青年期、
芸術家になることを志していたという。
夢叶わず、世に知られる政治家となっても、
芸術に多大なる興味があった。
だから、パリを攻撃しなかったという。

ヒトラーはヨーロッパを侵攻しながら、
“大切な”美術品を収集して回った。

「なんだ、戦火から守ろうとした、
美術品の価値がわかる、ちょっとイイヤツ?」と思ったら大間違い。
その計画はヒトラーのエゴでしかないことが、この映画でわかるであろう。

真の美術品を愛するのは彼ら。
みけらんじぇろ・ぷろじぇくと
いや、愛するという言葉では、足りない。
彼らが必死になって守ろうとした
突き動かす信念はなんだったのか。
共鳴できた人には、この映画にグッとくるものがあるはず。


キャストは豪勢だけど、
映画自体は思ったより地味。

正直、テンポがゆっくりで若干眠くなる。
モニュメンツメンのちょっとしたエピソードをたくさん盛り込むことで
(それが実話なのかフィクションなのか誇張なのかわからないけど)
無理に118分という時間を保った映画、という印象もある。
もっと作品を短くすることもできたように思う。
してしまうと、伝えきれないものがあるのかもしれないが。

でも映画を最後まで観ると、
手堅い何かが観客を包み込んでくる。
悔しいけど、途端、涙が出そうになった。
この作品は内容や展開がうんぬんより、
一種のドキュメンタリーのように、
闘ってくれた男たちがいたことを知るために存在しているんだと思う。

感謝の念であふれるよ。
人の命より尊ぶ気はないけれど、
それでも美術品が損害を受けることは
何より腹立たしく、いてもたってもいられない。
時間を経たからの重み。
また新たなものを作ればいいじゃないか、では済まない。
それが唯一で、それ以外あり得ない存在だから。
金銭的価値の問題でもない。修復すれば良いということでもない。
芸術家の功績を、ただ称えるものでもない。

でも間違いなく、芸術は人の心を高める。
心に起こる動きは、何にも代えがたい。
豊かにするそれを、誰かの手によって壊されるなどあってはならない。



しかし、邦題は微妙すぎる。
ドイツ映画『ミケランジェロの暗号』と同じだ。
なぜそれに“限った”んだ、と疑問に思う。

監督・脚本(グラント・ヘスロヴとの共作)・そして主演の、
ジョージ・クルーニーだからこそ集まったキャティング。
「みんな内容の面白さに賛同してくれた」とジョージはいうが、
どちらかというと、
「ジョージがやろうと言ったからやった」と言うのが正しそう。
彼に「乗るかい?」言われたら、
「乗った!」方が何かいいことがありそうじゃないか。

ところで、グラント・ヘスロヴの過去4作品は、
ジョージと手がけてきたんだね。
ヤギと男と男と壁と』という、
なぜか観る度、毎回感動であふれるその作品も
ジョージが主演だし、グラントは監督を務めている。

マット・デイモンビル・マーレイ
ジョン・グッドマンケイト・ブランシェット等々、取り揃えている。
その中で、やっぱりジャン・デュジャルダンが登場した時の、
ニッカァッ!ってスマイルには断然癒されたなぁ!
みけらんじぇろ・ぷろじぇくと
アーティスト』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』といったくらいしか
出演作を観ていないけれど、本当にカッコイイなあ!


音楽は、アレクサンドル・デスプラ
1960年代の映画音楽を彷彿させるテーマ曲で、
映画の路線をガッチリと決めた気がする。
アレクサンドルの作る映画音楽の幅広さは凄いなぁ。
変幻自在でありつつも、芸術性も高い。
(映画には彼自身も出演している??)


想像していた映画とは
ちょっと違かったというか、
もっと高尚な作りだったようだ。
でも自宅鑑賞でもいいので、
一度“彼らの思い”を目にして欲しい。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


起源のはじまり。

とらんすふぉーまー/ろすとえいじ
ジャパンプレミアで配ってくれてたプレスシート!なかなか豪華!

ジャパンプレミア3Dで、
トランスフォーマー/ロストエイジ』を観た!
原題:『TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION

メガトロン率いるディセプティコンにより、シカゴは占領される。
オプティマス・プライムを司令塔とするオートボットは、
人類と力を合わせ、地球を守った。
それから、3年後。
“対トランスフォーマー”を掲げ、
KSIという組織がオートボットを次々と襲撃。
「人類がオートボットを裏切った」と、
オプティマスは仲間たちに警鐘を鳴らす。
そして二度と、人類を救わないと心に決めるのであった。

事態は混戦する。
これは、新シリーズの序章ではない。
シリーズ4作目の、新たなる本戦である。

やっぱりトランスフォーマーは
映画館で観なきゃダメっす。
(ついでに3D)
気が狂う程、この映画の映像が大好きだ。

8月8日(金)、公開!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


それでも歌うしか、ない。

いんさいど・るーうぃん・でいヴぃす なもなきおとこのうた

試写会にて、
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を観た!
原題:『INSIDE LLEWYN DAVIS

定住する場所も、定期の収入もない。
ギターを片手に、生活がため歌う。
とはいえやっぱり、苦しくって。
潮時ってのを日に日に感じたりして。
傷つけて、傷つくことに、疲れちゃって。

ルーウィン・デイヴィスは自問する。
また明日も、こうなのかなって。

ジョエルイーサン・コーエン兄弟による
脚本・監督作品。
ああ、ちくしょう、巧妙だったさ。
彼らは評価に恐れない。評価をされるから。
やりたい映画、やってます

5月30日(金)公開!!

今回もハズレまくって、お知り合いの方に試写会誘ってもらいました~
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


みんながいるから。

はんぐおーばー!!!さいごのはんせいかい

大阪ステーションシティシネマで、
ハングオーバー!!! 最後の反省会』を観た!
原題:『THE HANGOVER PART III

独身最後の夜。友人の幸せを願い、祝い酒。
しかし、目が覚めた時には史上最悪の二日酔い
前夜の記憶が一切ない中、
彼らを迎えるは“とりかえしのつかない事態”。
しかも1度!ならず、2度!!も。

そして彼らは帰ってきた。
もう、ハングオーバー(二日酔い)はしまいと誓った男たち。
これが3度!!!目になってしまうのか。

異彩を放つ、トッド・フィリップス監督の看板シリーズ
そして今や不動の人気を誇る
ブラッドリー・クーパーの出世作シリーズでもあります
おバカでお下品なコメディは苦手!!
そんなあなたも、
な~~んか好きになっちゃうのが、ハングオーバーの凄さ
シリーズの中じゃ劣る作品だけど、
挑戦的でありながら、ファンへの感謝、忘れてない
悔しいけど、トッド監督は1枚も2枚も、3枚もうわてです

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


人はどこまで、真であれるか。

ふらいと

フライト』を観た!
原題:『FLIGHT

機体トラブルで急降下する旅客機。
誰もが死を悟った中、
ウィップ・ウィトカー機長は機知に富んだ操縦で不時着させる。
被害を最小限にとどめ、その行動は英雄視された。
しかし搬送先の病院で検出された血中アルコール
一変、罪を問われる立場となる。
彼を正義とするか、不義とするか。
難題は、どちらの道義を選ぶのか。

正直、思った感じと違っていた。
中だるみもあり、もうちょっと上手くまとめられたかなって。
でも、デンゼル・ワシントン
だから、デンゼル・ワシントン

彼が物語を答え、期待に応える。
デンゼル・ワシントンだからこそ、
映画のクライマックスの追い上げは凄い。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


わすれない。

あーてぃすと

第84回アカデミー賞 作品賞受賞
アーティスト』を観た!!

サイレント映画で人気を誇るジョージ・ヴァレンティン
彼の栄華は永遠に続くように思えた。

時はうつろう
良くも悪くも、人の心は変わり、技術も大きく変化する。
トーキー映画の時代がやってきた

わすれない。
映画の素晴らしさを。
あなたを。


なるほど。
企画力と作品力が適った逸品
今、この時こその、この映画
人類が忘れかけていた、「感動の根源」
よろこびがここにある

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.