ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
Search Results
search word = マーク・ラファロ
All the search results were displayed below.

人ひとりの価値とは。

ぶりっじ・おぶ・ずぱい

ブリッジ・オブ・スパイ』を観た!
原題:『BRIDGE OF SPIES

保険関係を専門とする弁護士ドノヴァンは、
あるロシア人の弁護を務めることになる。

そのロシア人の名は、アベル。スパイだという。

冷戦下であった1957年、アメリカとロシアの間では、
互いにスパイや偵察員が次々と送り込み、水面下で過激化していた。

ロシア人スパイを弁護したことで、
ドノヴァンは米国民から白い目で見られることになる。
しかしドノヴァンは、「誰でも弁護されるべき権利がある」という信念を持っていた。

アベルはその後、ある事件の「交渉のコマ」に成り代わる。
ある意味では、ドノヴァンの願ってもいないチャンスであった。
アベルを祖国へ帰国させることができるかもしれないからだ。

ドノヴァンは弁護人として、“スパイ交換”の架け橋を務めることになる。
戦争の火蓋を切るか否かは、

すべてこの男に託された。


人ひとりの価値がゆらぐ、実際にあった出来事を描く映画。

国という“組織”においては、人ひとりの命は時に、
その人の命ひとつ自体の価値を失い、
ひとつのコマとして政治的に利用されることがある。

国の秘密や戦略を知っているのであれば、
それが公になることを恐れて身柄を確保しようとするし、
国益や領土を守るために線引したところを、
人ひとりの判断で越えようとすれば阻止される。
国政においてなんの影響もなければ、無関心である。
ぶりっじ・おぶ・ずぱい
そのことで、人ひとりが傷つこうとも、痛もうとも、
国という“組織”においては何の意味もないこと。

「国を回している」ことに悦に入っているだけで、
実際、それに対して攻略していないにも関わらず、
コマを扱っている優越感で目が曇っている。

もちろん、国を“組織”として築いている人たちに、
何の苦労もないといっているわけではない。
でも、末端の人々(多くが自分のような人)にとって、
自分を無価値に扱われれば、心離れていくものである。
「なんにも偉くない、凄くない」と、尊厳だって否定したくなる。

でも、声は声にならない。
“賢い人”は、口をつぐむだけで、意味のない行動をしない。
より正義心が強ければ、例え人ひとりでも声高に主張するが、
いずれ国という“組織”においては邪魔者扱いされることもあるだろう。


ひとつの組織に所属する上で、本当の意味での自由は失われる。
所属する上で、ルールを守ることは当然であるし、
時には妥協だって必要になってくる。
自分の中で何に重きを置くか、選択が必要になってくる。
大人になれば、全部が全部選べるわけがないとわかってくる。

でもいずれ、組織の下にいる末端の人々は、結束力が強くなる。
“共感”は何より心を繋ぐものだし、
互いの苦労が見えて、その上でも必死に沈黙という戦いや、
主張という戦いを続けている人を尊敬するようになる。
ぶりっじ・おぶ・ずぱい
だから、たとえ他人のことであっても心動くんだ。
国を“組織”する人たち以上に、人間的になれるんだ。

ぜんぶがぜんぶ、救うことなんてできない。
ぜんぶがぜんぶ、やりたいようになんてできない。

でも、手を広げれば、体を動かせば、新しい域には行ける。
少なからず、何かがやれる。

それが、国という“組織”において些細なことであっても。
日常に埋もれるほど、歴史に埋もれるほど、なんでもないことであっても。


スティーヴン・スピルバーグ監督と、
トム・ハンクス主演ということで、
否応なくして「観なければならい」というプレッシャーがあるけれど、
鑑賞当時、アカデミー賞では作品賞、脚本賞にノミネートされていたこともあって、
期待は凄く高まった。

そして実際に観てみて、これがすっごい良かったんだ!
題材が題材だけに、ベルリンの壁の問題とかも出てきて、重たいはずなんだけど、
絶妙なコミカル感もただよっていた。
悪くいえば、スピルバーグの笑いは、定番すぎるから、
この絶妙感はスピルバーグによるものじゃないんだろうなって思ってた。

そうしたら、エンディングクレジットで納得。
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本に絡んでいた

笑いの「間」「動作」を全部計算づくで、文字にしていくコーエン兄弟。
時には、役者の演技まで制限されるような、息が詰まるような“コミカル”でもあるんだけど、
本作『ブリッジ・オブ・スパイ』においては、非常に効果的だった!


そして、『クラウド アトラス』くらいから、
妙なトキメキを覚えるようになったトム・ハンクスは相変わらず演技が素晴らしいし、
映画冒頭から「あっれ~ぇ!?」と思うような
ロシア人アベル役マーク・ライランスも異様な上手さで、
結果的に、アカデミー賞助演男優賞獲得
ノミネート俳優は、トム・ハーディマーク・ラファロといった期待してた俳優もいっぱいだったけど、
マーク・ライランスの受賞は納得モノだ!

あと、ちょいちょい活動が目立ってきた
イントゥ・ザ・ウッズ』でもお馴染みのビリー・マグヌッセンも出てて嬉しかったよ!
いつの間にやらフレームアウトだったけど。


しかし、いい映画だったな。
近頃、冷戦時代の作品を描くものが多くて、
コミカルな映画で言えば『コードネーム U.N.C.L.E.』だけど、
黄金のアデーレ 名画の帰還』なんかも、当時の状況や、
その時代を生きた人たちの心情が伝わるものだった。
いずれもベルリンの壁が象徴的だったよね。

そんな中で、やっぱりスティーヴン・スピルバーグ!!!
感激するような演出もいっぱいあった
トム・ハンクスのインタビューによれば、
カメラマンがシャッターを切ることで割れた電球が落ちて、
それが踏み潰されるというシーンは、脚本のト書きにはないことらしい。

アメリカの子供たちが、柵を難なく越えていくシーンはト書き通りだろうけど、
いかに、ベルリンの車窓と対比させるかが大事で、
「今だ解決していない問題」を表現していて素晴らしかったな・・・!

2016年も、いい映画いっぱいだと感激せざるをえない、1本だった。

あと、トーマス・ニューマンの音楽は流石だった。
ピアノと弦楽器の使い方が良かったんだけど、
エンディング曲とか、あえてコーラス入れてきて、うおーーっってなった。
リズムのとり方がちょっとジェームズ・ニュートンハワードっぽい印象。
でも、手堅いメロディラインは、やっぱトーマス・ニューマンって感じ。
サントラほしい~!お買い求めは下のアイコンから。

視聴は→コチラ


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


痛みの先に。

あべんじゃーず/えいじ・おぶ・うるとろん

アベンジャーズエイジ・オブ・ウルトロン』を観た!
原題:『AVENGERS: AGE OF ULTRON

ニューヨークでの、チタウリ軍との戦いの後、
一度は散り散りになったアベンジャーズ

アイアンマン3』、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で各々の戦いを経た後、
ヒドラに奪われたロキの杖を取り戻すため、
彼らは再び一同に会する。
それぞれの痛みを胸に秘めて・・・。

アベンジャーズ作品、第2弾!!!
前作は複数のヒーローが集結することに意味があったが、
本作は今後の物語を予感させる巨大な伏線である!!

一言目にも二言目にも、
アベンジャーズ大好きだ!!!と絶叫する!
この大規模なプロジェクト、見逃す理由はない!!
映画館で、3Dで、IMAXで、
じっくり鑑賞推奨!!!
 4Dもいいらしい!?

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


信じる、戦い。

きゃぷてん・あめりか/うぃんたー・そるじゃー

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を観た!
原題:『CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER

ニューヨークの戦いから、2年。
キャプテン・アメリカこと、スティーヴ・ロジャースは、
再びS.H.I.E.L.D.(シールド)のメンバーに加わり、
危険な極秘任務に就いていた。

正義とは何か。
自由とは何か。

キャプテンは、現実と信念との矛盾に苛立ちを隠せない。
そして70年前の、戻れない“現実”にも胸を傷めていた。

シールド、揺らぐ。
人類が向かうその先に、
同じ過ちがあるのなら。


アベンジャーズ』以来、散り散りになったヒーローたち。
本作は、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』を
痛いほど、より深みへ掘り下げる。
目頭、熱いッ!!!
アベンジャーズ作品群の中で、最高傑作かもしれん!!
『~ ザ・ファースト・アベンジャー』を復習して、
映画館に飛び込むがベスト!!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


5月3日、5日、6日の3日間、
ひたすら映画を観た!!


ちゃんと寝て、ちゃんとご飯食べて、
ちゃんと家事して、ちゃんと運動して。
健康的に観るとなると、1日6~7本が限界かな?

以下、3日間で鑑賞した20本。(前回比:+4本)

------
1:市民ケーン(1941年、白黒)
2:レイチェルの結婚(2008年)
3:めまい(1958年)
4:レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994年)
5:インフォーマント!(2009年)
6:波止場(1954年、白黒)
7:モンスター(2003年)
------
8:アメリカン・グラフィティ(1973年)
9:エドtv(1999年)
10:明日に向って撃て!(1969年)
11:ジェニファー8(エイト)(1992年)
12:ディア・ハンター(1978年)
13:トラブル・イン・ハリウッド(2008年)
14:思秋期(2010年)
------
15:パッション(2004年)
16:トーク・トゥ・ハー(2002年)
17:エデンの東(1954年)
18:別離(2011年)
19:ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012年)
20:ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(2005年)
------
(鑑賞番号は3日間トータルで採番。)

第1回GW映画鑑賞耐久レースの鑑賞記録はコチラ

この後はさらっと、鑑賞後メモ。
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


2014年、あけましておめでとうございます!
今頃のご挨拶ですみません。
今年はスロースタート、
スローモーションでいきたいと思います!

が!
やっぱり今年も全力で映画を追いかけねばならない
宿命にあるようです!!

第71回ゴールデン・グローブ賞
さまざまなノミネート作品が、
それぞれの部門で受賞するといった
拮抗した授賞式でしたね!!つまりは、
2014年も良作が目白押しで公開
あることを意味しています!

まずはまずは、
コメディ/ミュージカル部門 男優賞受賞
2014ごーるでんぐろーぶ
レオナルド・ディカプリオおめでとう!!!!
マーティン・スコセッシ監督作品
ウルフ・オブ・ウォールストリート』は1月31日公開です!

このままの勢いで、アカデミー賞も
主演男優賞初受賞といきたいところ!
しかし、激戦区であるため、今年も厳しい戦いとなるでしょう!

ドラマ部門で作品賞は逃すも、
ゼロ・グラビティ』は監督賞を受賞。
良作だった『キャプテン・フィリップス』はどの部門でも
受賞を逃してしまいました。

そして『アメリカン・ハッスル』(1月31日公開)は
コメディ部門で作品賞受賞。
ドラマ部門の作品賞では
それでも夜は明ける』(3月7日公開)が受賞。
キャスト陣の演技も高評価で、かなり期待できる!

ダラス・バイヤーズクラブ』(2月22日公開)では、
マシュー・マコノヒーが主演で、ジャレッド・レトが助演で共に獲得!
(助演は、コメディとドラマとで分かれていないので激戦!)

その他、ノミネートどまりであったものの、
予告を観るだけで作品のよさを感じ取れる
her/世界でひとつの彼女』(6月28日公開)
ラッシュ/プライドと友情』(2月7日公開)等々、
あげたらキリがないほど、怒涛の公開が控えています!!

詳しい受賞結果はAXNの特設ページにてどうぞ!
http://axn.co.jp/program/goldenglobe/71thgoldenglobe_01_001.html
AXNの生放送では、私のツイートも紹介してもらえました
2014ごーるでんぐろーぶ
今年の司会は女性二人:ティナ・フェイ/エイミー・ポーラーだったんだけど、
テレビ/コメディ部門主演女優賞をエイミー・ポーラーが受賞。
司会者が受賞するってのは、初めてだと思う!稀だよね!


プレゼンターや来場でロバート・ダウニー・Jr.をはじめ、
クリス・パインクリス・エヴァンスクリス・ヘムズワース
(↑3大イケメン・クリス
コリン・ファレルリーヴ・シュライバーマーク・ラファロ等々、
新年早々イケメンをたくさん見れて幸せでした!!

そんなこんなで、
今年もよろしくお願いします!!(どんなまとめ)

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


信じる者に、見えてくる。

ぐらんど・いりゅーじょん

グランド・イリュージョン』を観た!
原題:『NOW YOU SEE ME

手品やショーで、細々と生活を続けてきた彼ら。
しかしある時、思いもよらぬ者から“招待状”を受け取る。
結成した、フォー・ホースメン。
彼らが魅せる最上級レベルのイリュージョンは、
観客を現実世界のより深みに誘う。
しかしそのイリュージョンが
犯罪に関わっているとしてFBIに追われることに。

どんでん返しがあるものの、
はたしてその“理由”はいかに。
しかし表面だけみればアクションもイリュージョンも
派手で楽しいよ!!単に信じれば良いのかも!!
観るなら映画館で。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


オトコは、生身。

あいあんまん3

日本最速カウントダウン上映会
アイアンマン3』を観た!!!
原題:『IRON MAN 3

ニューヨークでの激戦から1年。
トニー・スタークは宇宙からの次なる侵略を懸念し、
自らの力に疑問を持ち、
再び地球を、
そして愛する人を守れるか不安に苛まれていた。

しかし誰が強大な力に対抗し得る?
誰も信じられない。誰にも任せられない。
自らを守らなければならない。大切な人を守るために。

シリーズ3作目にして最高傑作
アベンジャーズ』含め、これまでの作品群は
それぞれがそれぞれに本当に面白かった。
だけど『アイアンマン3』はまじでやばい。
上映中何度も何度も、
あらゆる感動が込み上げて「うっ」ってなった
最後まで全力でありがとう
この映画は、ファンを誰ひとりも裏切らない。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

---5月25日追記(4回目鑑賞)---
本文の一部に追記しました。
冒頭の一文も変えました。

------------------------------

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


それは、本能のままに。

ぼーん・れがしー

ボーン・レガシー』を観た!

CIAの工作員のひとり、アーロン・クロス
彼は人里離れた担当区域で日々鍛錬を重ねていた。

非人道的な暗殺要員の育成方法と計画が明るみに出、
その他の、極秘裏に抱える計画までもが
芋づる式にやり玉に上がることを懸念したCIA。
上層部は“存在しなかった”計画として、
関係者の暗殺を企てる。

ジェイソン・ボーンに匹敵する人材:アーロンは、事態を察知。
自由と“生存”を懸けた新章が始まる。

これまでのボーンシリーズで脚本に携わっていた
トニー・ギルロイがこの度監督を兼任し、
主演にジェレミー・レナーが抜擢
今までと同様、
内容自体はちょっと独りよがりなところがあるけれど、
相変わらずアクションは素晴らしい!!
アクションとジェレミーへの期待だけで、
映画館にぶっ込んで間違いなし!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


この戦い、伝説。

あべんじゃーず

先行上映(8月14日)IMAX3D
アベンジャーズ』を観た!!!

人類はひれ伏してこそ自由
神の国:アスガルドから追放されたロキ
次こそはと、になるため地球への侵略を計る。

神との全面戦争に備え、
国際平和維持組織シールド長官ニックは、
一度は破綻となった“アベンジャーズ計画”
再び興すしか術はなかった。

アベンジャーズ彼らは超人的な集団
ゆえにその強大な力は
方向を違えれば地球の破滅へと導く。
個々の物語のヒーローは、
ヒーローのひとりに成り得るのか


パラマウント100周年
前代未聞スペクタキュラー超大作
地球中が熱狂した彼らの戦いを、己の眼でしかと観よ!!

もう超すっげぇよ!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


私は強くあれる。

すのーほわいと

スノーホワイト』を観た!

魔力で美しさを極める、女王ラヴェンナ
彼女がもたらす邪悪な力は、王国を衰退させる。
黒い髪、白い肌、赤い唇。
そして雪に咲くバラのような強さ。

女王に幽閉されていたスノーホワイトは、
この禍々しい世界を救えるのか。

誰もが知るグリム童話『白雪姫』が、
前人未到の大脚色で奮い立つ
軍を率いて、スノーホワイト、剣を振るう!

この作品大正解!!
うまく脚本もまとめ、アクションもご立派!!
特にキャラクターの設定が最高にツボって、
物凄く楽しめた!!ぜひ映画館で!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


王たるもの。

まいてぃ・そー

マイティ・ソー』を観た!

北欧神話は実在する。
アスガルドの軍団と霜の巨人は長年に渡って冷戦状態を保っていた。
しかしアスガルドの王位継承の儀式の最中、その均衡が破られた。
これを機に、ソーは王である父親の意に逆らい、
敵地のヨトゥンヘイムへ乗り込んでしまう。

怒った王は彼を追放。
ソーは神の力を奪われ、人間界へ落とされた。

2012年8月に公開を控える『アベンジャーズ』の前哨戦。
ってことで観逃せない1本だけど、
映画自体はフツーだよ~

インターネット環境が絶賛不安定~。
なんかたまたま繋がったので急いで書くぞ~!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


わたしに、あなたと。

どらごん・たとぅーのおんな

ドラゴン・タトゥーの女』をプレミア試写会で観た!

記者のミカエルの信用は、失墜していた。
汚職事件の告発記事が訴えられ、証拠不十分を理由に敗訴した。
職を追われるかどうかの瀬戸際で、その捜査力が買われ、
40年前少女失踪事件の真相を突き止めるよう、依頼を受ける。
“信頼回復”が報酬。ミカエルには断る理由などなかった。

血塗られた、一族の過去。
しかしそれを紐解くには、膨大な資料分析が急務だった。
「助手が必要だ。」

世界的大ベストセラーのスウェーデン小説が原作:
映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のリメイク版。
デヴィッド・フィンチャー監督が、
赤く、傷く、鮮やかに描く!!

これは必っっっっ見んんんん!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2020 陽面着陸計画, All rights reserved.