ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

記憶のたどりかた。

ぼくをさがしに

ぼくを探しに』を観た!
原題:『ATTILA MARCEL

ポールは2歳で、言葉を失った。
一緒に暮らす叔母たちは言う。
“両親の死を目の前で見た”ことが原因だと。

幼かったポールは、写真に写る母親しか知れない。
思い出だけでもいい。
もしももう一度、
夢の中でお母さんに会えたなら。

特製ハーブティーと、
懐かしのメロディーで。

楽しいことも、苦しいことも、
あたなたの記憶、呼び起こす。


とっちらかった作品と思いきや、
ラストに向かうにつれての伏線回収のうまさと、
ふわ~~~っとする心のあったかさ、うまい!
フランス映画らしく、ちょっとシュールだけど、
これはなかなかオススメな1本!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


出会ってはならない。

ふくせいされたおとこ

複製された男』を観た!
原題:『ENEMY

大学の講師:アダムは、
毎日をなんとなく生きている。

恋人はいるが、その先があるのかわからない。
かといって、どうなりたいのかもわからない。
虚無感。倦怠感。
慢性的なストレス。


ある時アダムは、
人生がゆさぶられる。

自分と瓜二つの人間を目撃する。
彼は誰なのか。自分との関係は。
いや、
どちらがホンモノか。

プリズナーズ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、
再びジェイク・ギレンホール2役に起用。
観終わった後の、もやっとした充実感
考え込まずに、感じて観ること

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


己の屍を超えてゆけ。

おーる・ゆー・にーど・いず・きる

オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た!
原題:『EDGE OF TOMORROW

人類は戦っていた。
次々と陥落する大都市。
特殊な戦闘スーツを装着し、
前線へ身を投げる若者たち。
いつか訪れるであろう、
勝利のために。


米軍のメディア担当:ウィリアム・ケイジ将校。
実戦経験ゼロの彼が、戦地に送り込まれる。
そこで彼が見たものは、惨敗。

そして彼は、死んだ。何度も。


日本人作家:桜坂 洋さんのライトノベルが原作。
ものすっごい脚本家による脚色と、
アクションセンス抜群のダグ・リーマン監督
トム・クルーズ×エミリー・ブラントというの
豪華タッグが適った、
最強のラブストーリー!!
最初っから最後まで、面白い!!!
絶対映画館で観て!!!



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


起源のはじまり。

とらんすふぉーまー/ろすとえいじ
ジャパンプレミアで配ってくれてたプレスシート!なかなか豪華!

ジャパンプレミア3Dで、
トランスフォーマー/ロストエイジ』を観た!
原題:『TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION

メガトロン率いるディセプティコンにより、シカゴは占領される。
オプティマス・プライムを司令塔とするオートボットは、
人類と力を合わせ、地球を守った。
それから、3年後。
“対トランスフォーマー”を掲げ、
KSIという組織がオートボットを次々と襲撃。
「人類がオートボットを裏切った」と、
オプティマスは仲間たちに警鐘を鳴らす。
そして二度と、人類を救わないと心に決めるのであった。

事態は混戦する。
これは、新シリーズの序章ではない。
シリーズ4作目の、新たなる本戦である。

やっぱりトランスフォーマーは
映画館で観なきゃダメっす。
(ついでに3D)
気が狂う程、この映画の映像が大好きだ。

8月8日(金)、公開!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


これを愛と、呼ばぬなら。

her/せかいでひとつのかのじょ

her/世界でひとつの彼女』を観た!
原題:『Her

離婚調停中のセオドア。彼は妻と別れたくない。
判を押せぬまま、結論を先延ばしにする。
心擦り減る毎日。

そんな時、人工知能を持ったOSに出会う。
OSの性別を選び、簡易な質問に答えて、インストール。
セオドアとの会話と、インターネット上の膨大な情報を介して
急速に知識をつてけいく“サマンサ”は、
驚くほど人間的になっていく。

灯った、ぬくもり。
もしこれを、愛と呼ばぬなら。
この思いを表す言葉を、人類は知らない。


独特の感性で映画を描いてきたスパイク・ジョーンズが、
監督と脚本をはじめてひとりで兼任する。
優しい視線で、最後まで。
大々的に答えがないからこそ、人類は、
勇気をもって新たな愛に挑むことになる。
興味があったら、DVDでもOKなのでぜひ!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


君といる未来のために。

X-MEN:ふゅーちゃー&ぱすと

X-MEN:フューチャー&パスト』を観た!
原題:『X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST

2023年。
人類に調略されるミュータント。

少数派が虐げられる、閉塞した世界。
1973年。
あってはならない、未来のために。

すべてがはじまった、あの頃の私たちへ。

啓示せよ。
その苦痛が、いつかの糧になることを。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション』はあくまで、
本作の布石のためだったと言われても納得がいく。
意欲作で、及第点!!
ぜひ、映画館で!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


終わらない呵責。

はみんぐばーど

ハミングバード』を観た!
原題:『HUMMINGBIRD/REDEMPTION

重いPTSDを患いながらも、
戦犯として追われる兵士が脱走。
その身は行方知れずとなった。

ロンドンの一角。
中国人ギャングが牛耳る廃れた街で、
ひとりの少女が殺される。

正義のない、この世界で。
罪を背負い、生きていく。

ぬーん。
テーマも悪くないし、言わんとしてることはわかるけど、
ちょっと構成凝りすぎたのかなぁ、飽きがくる
興味があればレンタルでも可。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


ソノサキニ/ヒトガイル。

でぃす/こねくと
久々パンフレットが500円だった。
キャストやスタッフのコメントも載ってるしこれで十分。


ディス/コネクト』を観た!
原題:『DISCONNECT

おなじ場所ではない、どこかの。
その存在がどれほど、癒してくれるだろう。
知らない自分を、知らせることができる。
素直に思いを、打ち明けられる。
だから信じてしまう、心から。

おなじ場所ではない、どこかの。
その存在がどれほど、卑しくいてくれるだろう。
知らない誰かを、傷つけることができる。
自分がこの世界の、強者であれる。
だから信じこませる、心から。

ひとつの電子どうしの、無数のやりとり。
無機質な関係でありながら、
“相手”は人間だから。

秀作だった
いまどき真新しくない題材なのに、
表現の仕方で、物語の紡ぎ方で、
こんなにも胸を打つとは。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


星にたくした希望。

にゅーよーく ふゆものがたり

ニューヨーク 冬物語』を観た!
原題:『WINTER'S TALE

君との出会いは
世界に約束されたこと。

愛の力で、余命わずかな君に、
奇跡を起こそう。

運命はいたずらに。
時には突然、
大切な人の命をも奪うだろう。
でも、その運命のすべてに
理由があるのだとしたら。


たどりつきたいテーマは凄く伝わった。
このテーマだけはけして、無碍にできない。
でも2、30年前のファンタジー映画みたいに
間が悪くて、のったのたしてた

こんな作風今時めずらしい!!!けど、
名脚本家が監督まで務めちゃったもんで、
豪華キャストが集まっちゃった的な、1本。
興味があればレンタルで良し。観なくても良し・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


その罪、背負ってでも。

ぷりずなーず

プリズナーズ』を観た!
原題:『PRISONERS

ドーヴァー夫妻とバーチ夫妻。
何者かに連れ去られた、その娘たち。

いつもの毎日が、
           一変する。


手がかりはゼロ。
警察に連行された青年は、頑なに口を閉ざす。
誰かが強行手段をとらねば、
娘たちは死んでしまう。

父親は、選択した。

恐い。恐すぎる。空気感が恐い
謎と疑念が波を打つ展開。
総合的な上手さと、微細な工夫が、秀作を成す。
私たちは、試される。
観て正解!オススメ!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


生きる限りつづく。

れいるうぇい うんめいのたびじ

レイルウェイ 運命の旅路』を観た!
原題:『The Railway Man

時は、流れるように進んでいく。
体にも心にも、変化をもたらして。
君に出会えたこと。
それは、私の人生において、
何よりの幸せであった。
それでも線路が、
端から先まで繋がるように。

いつまでもあの頃を行き来してしまう。

第二次世界大戦で捕虜となり、アジアで線路を敷いた。
拷問を課した日本兵が忘れられず、記憶をさ迷う日々。
晴れない思いを清算するには、もはやこの方法しかないのか。

実話を基にした、静かなる闘い。
それ以上でもそれ以下でもなく、
日本人が知らなければならない物語である。

ただ、映画としては、描き方が惜しい。
コリン・ファースニコール・キッドマン
ステラン・スカルスガルド真田広之といった、
絶妙なキャスティングは観逃せない←すっごい好み

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


とらわれて家族。

8がつのかぞくたち

8月の家族たち』を観た!
原題:『AUGUST: OSAGE COUNTY

気温30度を超える、
真夏のオクラホマ州オーセイジ群。
父親の失踪。
疎遠になっていた親族が、母親のもとに集まった。
責任のなすりつけ合い、自己主張。
事態はより複雑に、混乱する。

心、失踪する家族たち。
この家に、何を求めていたのだろう。
家族とは、なんだろう。


前向きなようで、前向きではない。
単純なようで、あえて難しくさせる。
しっくりくるけど、まどろっこしい。
傑作と謳われる舞台の、映像化。
良作とは思うけど、そもそものストーリーが
まぁまぁなんじゃないか?

豪華すぎるキャストに目的があるなら、観に行っても良いかな。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2020 陽面着陸計画, All rights reserved.