ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
Selected category
All entries of this category were displayed below.

守る価値。

マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブン』を観た!
原題:THE MAGNIFICENT SEVEN



土地を奪われ、夫や息子を殺された人々。

鉱山を抱く村は、実業家のバーソロミュー・ボーグによって支配され、
住民は立ち退きを命じられた。

もちろん、諦めることは簡単だった。
でも、その先をどう、生きながらえよう?
憎しみ、悲しみ、怒りから、どう救われよう?

最愛なる夫を殺されたカレンは、
「用心棒」を雇い、
バーソロミュー率いる組織を一蹴しようと心に決める。

そして、サム・チザムら、
たった7人の男が仕事を請け負った。

そう、これは、
黒澤明監督『七人の侍』をリメイクした、
荒野の七人』を、さらにリメイクした、
非常に歯がゆい作品です。



守れ、名作を。
荒野の七人』を数年前に観たけれど、
結局「『七人の侍』のリメイクをなぜ作った?」という疑問しかなく、
しかも西部版にしてしまったことが残念で、
極めつけ、ここにきてまた、『荒野の七人』のリメイクという・・・。

そろそろ、名画を守ろうよ。
リメイクしてはいけない作品が、この世には存在するんです。


もちろん、『七人の侍』のリメイクのリメイクと思わなければ、
かろうじてアクションシーンなんかが面白いかな?と、薄っすら感じる。

でもそれは、薄っすらだし、
やっぱり、3時間かけて描くべき内容だから、
ザッと2時間にまとめるなら、作った意味がない。

とはいえ、3時間かけて描いても、
クロサワの『七人の侍』の完成度には敵わないわけで、
リメイクはやる必要性も、必要になる可能性もないわけだ。

七人の侍』で最も魅力的なシーンは、
尺をたっぷりとって描いた、「仲間集め」
登場人物間に生まれた、上下関係や信頼関係が見えてくる。
それが映画の深みになる。

村人に、戦いの訓練をさせるシーンも良いが、
映画史に残る演出テクニックは、
「淡白な実戦」だろう。

キャラクターへの愛着が、
非常に淡白に、そして丁寧に寸断されていく。
「なぜこのキャラクターを死なせねばならないのか!」
ぶつけようのないショックと悲しみと無念なの想いは、
まるでその戦場に居合わせたかのようなリアル。
申し分ない脚本が築かれた証拠なのだ。

アクションシーンに、小手先はいらない。
無粋な、感情表現もいらない。
骨太に描けば描くほど、観客の心はゆさぶられる。

リスペクトは、すればするほど盲目になる。
愛する作品、愛する俳優になればなるほど、
言葉がズタズタになるということは、
私のブログを読めば、一読瞭然。

崇拝するなら、近づいてはだめ。
そうとしか、言いようがない。


ただし、
志村喬の役を誰が演じるかの答えは、
デンゼル・ワシントンで納得
だ。

本作のデンゼル・ワシントンの演技は、
脚本ゆえ、先入観ゆえ、薄っぺらには見えたが、
「志村喬」に相対する人となれば、
デンゼル・ワシントンで得心がいく。
トム・ハンクスあたりでもいいけれど。
映画の薄さ的には、リーアム・ニーソン程度でぴったりではある。
(リーアム・ニーソンに失礼である。)

クリス・プラットの役柄は、キャラクターの性格が安定しなかった。
ヴィンセント・ドノフリオが演じたジャック・ホーンというキャラクターも、微妙。
折角のイ・ビョンホンも、イーサン・ホークも、
上っ面なセリフばかりで、気持ち悪かった。
感情移入させるには、時間が足りないよ。

悪役のバーソロミューを演じたのが、 ピーター・サースガード
ある意味では、『17歳の肖像』の役のほうが悪役らしかった。


監督は、アントワーン・フークア
なるほど、デンゼル・ワシントンに悪役を演じさせ、
主演男優賞にまで導いた『トレーニング デイ』の監督か。
だから、イーサン・ホークもいたのか。
この監督なら、と期待されていただろうに。
でもやっぱり、クロサワにはなれんのよ。


音楽は、かの有名な『荒野の七人』のテーマ曲が一部使われていた。
それだけでも音楽に引っ張られる理由にはなるのだけれど、
エンディングクレジットで、「ああ、そうだったのか。」と。
これが遺作だなんて、無念極まりない。
2015年に、まさかの飛行機事故で亡くなってしまった
巨匠ジェームズ・ホーナーの、最後の作品だった。
スニーカーズ』『ペリカン文書』『タイタニック
ビューティフル・マインド』『アバター』などなど、
名作を手がけてきた彼。
アポロ13』はもちろん、
キャスパー』の音楽では、
映画という映像を飛び越えて、音楽だけで泣かせてくる。

小学生くらいの時に、姉が『キャスパー』のVHSを
友達に借りたかなんかで見せてくれたんだけど、
子供ながらに、「『キャスパー』の音楽良いいいいい」と感動したものだった。

そういった意味では、ジェームズ・ホーナーの音楽は、
彼の死の後も、永遠なのかもしれない。
それはつまり、唯一無二。

作品は、その人にしか残せない。

黒澤明監督にも言えることだし、
リメイク作品の存在意義がほとんどないことも、
これにて証明できる。

オリジナルを作れば良いじゃない。
作れる数には、限りがあるのだから。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


適材適所。

ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント』を観た!
原題:THE ACCOUNTANT


小さな町の小さなオフィスで働く、クリスチャン・ウルフ。
会計士である彼は、質素な生活を送っていた。

幼い頃に「自閉症」として専門の施設に預けられたクリスチャン。
社会に適合するように訓練し、
彼の素質に合った職業に就いたのだ。

クリスチャンは腕利きの会計士として、闇ルートでも知られ、顧客を獲得していく。

当局は「謎の会計士」をマークするも、素性を知れず、捜査は難航する。

そうした中、クリスチャンはある企業から、財務調査の依頼を受ける。
「会計の不審なズレ」に気づいたクリスチャンであったが、
これを機に、彼の生活は危険を伴うようになる。

・・・・・・。

・・・・・・。


ピンとくる言葉が浮かばないのは、
この映画が想像以上に
あらゆるテーマを注ぎ込みすぎたせい。

「待って!それ以上話を盛ったら、お腹いっぱいすぎる!」って思っているそばから、
どかどかと怒涛のように、あらゆる話を繋ぎにかかってくる。

設定的には面白かったし、
ストーリー展開も、まぁありがちだけど、
決して悪くなかった。

でも総じて、「もういいかな」と思うような、膨満感。


「自閉症」という言葉は、
狭くもあるし、広すぎるようにも感じる。
診断は医師にもよるし、個性とする場合もあるしで、
病気と言い切るには、荒っぽい気もする。

ただ、適切な対応が、
彼らの未来にかかっているように思う。

ベン・アフレックが演じたクリスチャンは、
個性を活かした上で、
必要最低限のコミュニケーション術を学んだ。

いろいろな要素を含んだ上でのコミュニケーションだけど、
クリスチャンの場合は、共感する力が低いようなので(厳密には言い切れないけれど)、
ケーススタディ的に会話の法則たるものを身につけて、
できるだけ滞りなく行えるよう、テクニックを培った。

ある種、営業マンや芸能人といった業界人はもちろん、
社会人として上手く立ち回っていくには必要なスキルとも言える。

感情ばかりに流されていては、
自社の商品を売り込めず、
メディアやファンに叩かれて鬱になり、
時には他人を傷つけてしまう。

ある程度、相手の反応を機械的に見て、
こうきたら、こう返す、といったような
シミュレーションを頭に叩き込むことは得策だ。

他人に好かれたいと思うあまり
不必要なまでに良い顔することがなくなる。
踏み込みすぎずに、淡白な関係を築くことで
お互い傷つけ傷つくこともなくなる。
どんなチャンスも恥じずにチャレンジできる。

感情的であることは、
時に、もったいないこと
でもあるのだ。


「適材適所」という言葉は、あくまで前向きな話。
病気や出身大学、家柄、性別などによる、
凝り固まった分類はあってはならない。
「適所」は、自分で決めるべき。

また、自分の特性を伸ばさず、
ましてや無理に隠したり、ためらったりして、
望まぬ道をただ進むことも、
適材を活かしていないことになる。

もちろん、道なんて、進んでからしか先はわからない。
人生に方向音痴の人なんて、たくさんいるし、
望まぬ道が活路になることもざらにある。

結局は、その時にその時に、
最善の選択をしていくしかない。
いつか、適所を見つけるために。


さて、そんな自閉症の役を演じた、ベン・アフレックだが。

やっぱり、映画にテーマを盛り込みすぎた上、
ベンの役作り不足か、いろいろ物足りなかった。

ベンも、話が膨れ上がりすぎた脚本を読んで、
それを咀嚼するのに時間が足りなかったんだろうな。
行動にいたるまでの、心の道筋が見えにくかった。
(完全に、尺の問題もあったと思う。)


アナ・ケンドリックもかわいかったけど、
テーマが無駄に手広い映画なので、
存在の意義みたいなのが危うかったなー。
アナ・ケンドリックが迷えるシンデレラを演じている、
イントゥ・ザ・ウッズ』がまた観たい。

ジョン・バーンサルの役もなぁー・・・。
いつかは登場するんじゃないかって思ってたけど、
出るタイミングが「今ここで?」というところで、雑だった。
ジョン・バーンサルは、ブラット・ピット主演の『フューリー』の役が、
印象に残っているなあ。


J・K・シモンズも、なんで出演しちゃったのかなーという感じ。
長々と語り始めた時には、
せっかくのシモンズの演技なのに、
展開のまどろっこしさで残念な感じに。


ところどころ、雰囲気のいいシーンもあったんだけどね・・・。
悪く言えば、米国版ボリウッド映画だった。


監督は、あれか!
エドワード・ノートンコリン・ファレルが共演という
全私がお祭り騒ぎだった『プライド&グローリー』のギャヴィン・オコナーでした。

あの映画は、それこそキャスト含めて盛り盛りだったけど、
なかなか良かったのに・・・。
でもそうか、脚本に、ジョー・カーナハンが加わってたっけね。
ジョー・カーナハンの代表作・『NARC ナーク』のとおり、クライムサスペンスやらせたら最高だわな!


観るなら自宅鑑賞は、程良いかなー。
ベン・アフレックが観たいなら、
最新のDCコミックの集大成(?)、
ジャスティス・リーグ』を待つが良い!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


試練と修練。

どくたー・すとれんじ

ドクター・ストレンジ』を観た!
原題:DOCTOR STRANGE


名外科医である、スティーヴン・ストレンジ。
彼は、リアリストでもあった。

救える可能性があるなら、メスを握る。
その「可能性」は、医学に基づき、見識による勘である。

そのため、時に、彼の判断力と価値観は、他人との間に軋轢を生んだ。
しかしスティーヴン・ストレンジはそれを意に介さない。
それほど傲慢であったのだ。


悲劇は、試練。

希望への、運命。

未知なる可能性がひらかれた時、
人は戦うフィールドが変わる。



思ったよりは普通でした。
それが端的な感想ではある。

おそらくは、予告編が良すぎて、期待値が高まりすぎたということ。
もちろん、Wi-Fiパスワードの件は秀逸でありながら
予告編に盛り込んだのは失敗で、
本編でその価値を発揮できなかった。

きっと、原作はべらぼうに面白いのでは、といった印象。
物語の世界観や哲学は、非常に興味深かった。

もちろんシリーズ第一作であるから、
登場人物の紹介や『ドクター・ストレンジ』における理論の説明で、
尺をとられてしまったことは致し方ない。
修練のシーンは面白かったし、もっと観たいくらいだった。

でも、世界観はもっともっと大きくて、
それを表現し切るのに四苦八苦。
後半に差し掛かるにつれて、いろいろともたついた。

本当に設定が面白かったんだけど、
あれをどう、「映像的に面白くするか」は、頭を悩ませるところ。
最終バトルなのに思うより地味で、テンションがやや下がってしまった。
(でも本当、全否定はできない。面白いは面白い。)

ただ、『ドクター・ストレンジ』に、
アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』みたいな、
ドンパチを求めてはいけない、とも言える。

原作を知らない私が、映画を観ただけでも、
他のヒーローとは違う、「ちょっと特殊なキャラクターなんだ」と気付ける。

知的で、シック。
静かなる戦いだから、新しい。

そのため、これまでのマーヴェルヒーローのようなバトルとは
違う一面も見せようとしてくれた。

でも、結局のところ、“観慣れた”バトルとも、言えなくない結果だった。

天地逆転バトルは、
かのクリストファー・ノーラン監督がやりきってくれたこと。
ましてや、最初にして、最高にセンスが良かったものだから、
『ドクター・ストレンジ』では、ハードルが上がってしまった。
結果的にかゆいところに、手が届かない印象かな・・・。

キャスティングは、良かったと思う。一名を除いて。

ベネディクト・カンバーバッチは、いよいよマーヴェル作品に登場。
BBCドラマ『シャーロック』によって、日本国内での人気が爆発的に。
日本の映画配給会社は、
同じくシャーロック・ホームズを演じたロバート・ダウニー・Jr.の再来を狙って、
『アイアンマン』と並列にした可能性もなきにしもあらず。
(全く別物の魅力だけどね。)

優しい役も似合う人だとは思うけれど、
少し頭が切れすぎてて高慢な役のほうが似合うというか、
見慣れていてやっぱりしっくりくる。


そして、ベネディクト・カンバーバッチを据え置くならと、
ガチッと添えられたのが、ティルダ・スウィントン
坊主頭に丸めた姿は、崇高で神々しい!
しかし彼女はうまいね。
結果論になるのかもしれないけれど、
いつだってその見目(視覚的要素)とは裏腹に、
もろい部分を持っている。
『フィクサー』で出会って以来、疑いのない演技力を見せてくれているけれど、
いつもどこか危なげ。芯はあるのに、線が細い。

ティルダ・スウィントンって、身長180cmもあるんだね!?
そういった意味でも、ベネディクト・カンバーバッチとうまくマッチングするわ!


しかし唯一の汚点は、レイチェル・マクアダムスかな。
下手な演技、どうにかして。


キウェテル・イジョフォーもよかったけれど、
それでも夜は明ける』のイメージが払拭されない。
ベネディクト・カンバーバッチとは、『ドクター・ストレンジ』で二度目の共演?
今後の展開が、彼というキャスティングで、吉と出るか凶と出るか。
怪演に期待したいな~!


マッツ・ミケルセン自体も、雰囲気は抜群でしたが。
うびゃああああみたいな、
抜群の雰囲気があったかというと、
演出のせいか展開のせいか、今ひとつだったかな~。



監督を務めたのは、スコット・デリクソン
地球が静止する日』も観たことないし、これまで一度も出会ったことのない監督だな~。

音楽は、近年の『スター・トレック』シリーズを全部手がけている、マイケル・ジアッキノ
気なしか、『シャーロック』の音楽のような雰囲気が・・・。


くそみそに聞こえるかもしれないけれど、
及第点な作品ではあった!

期待しすぎたのがよくなかっただけかも・・・。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


全全全世界を、救いたいよ。

君の名は。


君の名は。』を観た!

新海誠監督が放つ、
日々の隙間の秘密あの日以来の想い

それは、恋とか青春じゃない。
人生の“しっくり”、でした。


うだうだして、2017年を明けてから観ました、『君の名は。』。

詰め込んで詰め込んだ物語の先にある、
「そうそう、こんな想い」がいっぱいです。

恋愛ストーリーなんて思わずに、
青春物語なんてレッテル貼らないで、
のせられて観てほしい。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


希望の光が灯る限り。

ざ・ぶりざーど

ザ・ブリザード』を観た!
原題:『THE FINEST HOURS

アメリカ合衆国の南東に位置するマサチューセッツ州。
そこに、ケープゴットという半島がある。
のどかな観光地ではあるが、真冬になれば厳しい寒さが襲う。

1952年2月の極寒の日。
沖合で、ブリザードが襲来。
沿岸警備隊チャタム基地は、レーダーで被害状況を確認するが、
異常なシグナルに、機器の故障を疑った。
なぜなら既に、別の場所で大型タンカー座礁の報せがあり、救助に向かっていたからだ。

一方、船体に甚大な損傷を受けながらも
ペンドルトン号が浅瀬を目指しながら難破していた。
“異常なシグナル”は現実だった。

絶え間ない汽笛が、豪風に紛れながら、ケープゴットに届く・・・ーーー

俺たちは救いに行く。

可能性が、一縷にあるなら。


このところ、ディズニー製作の物語に、
「ん!?」と思うような展開力と演出にやられ、
感動で震えまくっている
単なるアクション映画だと、ちんぷんかんぷんな作品も多いんだけど、
例えば『ウォルト・ディズニーの約束』には
メリー・ポピンズ』という名作に懸けてるところもあり、
「涙」の追い上げに抗えなかった。

演出にはどこか、ベタなところがある。
でもなぜか、その定番な撮影手法やセリフで、
鮮やかに感動を引き上げるという、「大御所っぷりの技法」が輝く

だからこそ正直、『ザ・ブリザード』とかいう、
過去にもあるようなないような邦題をつけてディザスタームービー風にせず、
そこにある絶妙な人間ドラマ押しにすればよかったのに、って思った。
なぜこうも短絡なんだろう。
そうでしか集客が得られないっていうなら、
本当に私たちの感性はナメられてるよね・・・。


この物語は、実話がベース。
だからこそ、その展開に目を疑うんだ。
「嘘でしょ?」「本気で?」「無理じゃない?」って。

後悔があった。仕事を全うしたかった。
でもだからって、他人のためにここまでできる?
「それが仕事だから」の一言で片付けられない、
本当の勇気と正義感が素晴らしかった。

しかしちょっと、無謀な気もしないでもない。
他人の命を救う上で、誰かの命を犠牲にするなら意味がない。
この物語は、ある意味で“幸運”の連続なんだ。


この映画を、どうしても観なければならない理由があった。
ざ・ぶりざーど
クリス・パインである
映画全然観に行けなくて、危うく観逃すところだった。
本当に観ておいてよかった・・・

クリス・パインって、顔つきが演技下手そうに見える(←)けど、実際はうまいんですわ。
痙攣とか、寒くて舌回ってないとか、安心した時の顔とか、最高ですわ。

その他の出演者は、ケイシー・アフレックくらいしか知らなかったんだけど、
スター・トレック』(2009年)で
クリス・パインと敵対していた
エリック・バナが出てきたのには笑えた!

そして、個人的にこのキャスティング良すぎ!って思ったのが、
ざ・ぶりざーど
ベン・フォスターくん!

や~、クリス・パインとの絡み、すっごいよかった!
合うね、この二人、合うねぇ!
なんか、もう一回別の映画でも共演してほしいって思うほど、
雰囲気というか、演技の質が調度良かった!
ベンくん、なんかやたら恰幅良くなってて、
最近のハリウッド男優の流行りなのかな?(笑)
ベンくんも演技上手いんで、クリス・パインとの演技合戦をぜひ観てほしい。


ヒロンのキャスティングがちょっと・・・って感じだったけど、
映画の最後に、実際の彼らの写真が流れて、納得したところもあった。
キャスティングもかなりこだわっていたのがわかる。

あと海外ドラマ『ER』で受付のジェリー役を演じてた
エイブラハム・ベンルービが出てたね。


監督は、クレイグ・ギレスピー
へぇ!『ラースと、その彼女』や『フライトナイト/恐怖の夜』の監督かあ!
なんか、色々なジャンルの映画撮れるんだね。
でも本作のように、アクション映画でありつつも、
ここまで内容に深掘りできてる映画を作れるあたり、
なんか今後のお仕事にも期待しちゃうなあ

そしてこの映画をさらに格上げしたのが、
カーター・バーウェルの音楽!!
もともと音楽作るのめっちゃうまいけど、
今回はすごく、「80年代」の感動作映画の音楽という感じで、
映画をレトロ感に引き込みつつ、時代背景にもぴったりで素晴らしかった

サウンドトラックの視聴は→コチラ
アマゾン・ジャパンでサウンドトラックは売っていない・・・??

あと、映画終わったら真っ先にググんなきゃ!って思った
映画内でクリス・パインたちが歌っていた民謡・・・
これが、エンディング曲として使われてたのね!!!
この感激ったらなかった!!!
おかげで映画の余韻が半端無かったよ・・・!!
サウンドトラックに『Haul Away Joe』、ばっちり収録されているので要チェック!
ホビット 思いがけない冒険』でも同じ手で引っかかったけど、弱いわこの作戦に!


上質のヒューマンドラマに、
贅沢にも迫力あるアクションシーンも盛り込まれました!
そんな映画。想像以上に、手堅いよ。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.