ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
はじめてみませんか。

じんせいはびぎなーず

人生はビギナーズ』を観た!

父。75歳の告白。
「わたしはゲイだ。」
息子。38歳の困惑。
それでも父は愛に笑っていたから。

いろいろ思うこともあるけれど、
リスタートをした父と一緒に過ごした日々。
そんな僕はまだ思うように恋愛ができてない。
でも人生に上級者なんていないから。

ちょっと変わった風味で彩る、
ハートに優しい、人生の入門書。
誰もが手探りでいいじゃない、ビギナーだもの。

オスカー受賞者最年長の82歳!
クリストファー・プラマー
第84回アカデミー助演男優賞獲得おめでとう!
怒涛のアカデミー賞レース関連の作品がやってくる!
手始めに『人生はビギナーズ』からいかがでしょう??
くすりと笑えて、なのに的を射ている不思議
監督の自らの体験談が、リアリティへ導いた?

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


これで、いい。

めらんこりあ

メランコリア』を観た。

花嫁は愛を誓う。
花婿は愛を応う。

その遥か遠くで、
メランコリアは笑っていた。

地球と死の、ダンスをするために。

星と星がぶつかる時。
人類に選択の余地はない。
これで、いい。
わたしたちは、これでいい。

タブーを書き殴った衝撃の1本
罪の意識と、美しさ
この映画のショックは忘れられない。半ばトラウマ。
善し悪しは自分の眼で確かめて。
最後には打ち砕かれて、息できない。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


固執と不信と恐怖

J・えどがー

J・エドガー』を観た!

初代長官:J・エドガー・フーバー。
FBIの創設者にして、絶大な影響力を持つ男。
40年以上も組織に君臨し、
8代の大統領を支えた、実績とその方法。
彼に成し得た理由とは。

アメリカの歴史に“彼が残した”もの。
そして彼が生涯隠し通したもの。

J・エドガーという人間の
人物描写に特化した逸品
脚本もパーフェクト!
俳優もパーフェクト!

絶対観て間違いなし!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


王たるもの。

まいてぃ・そー

マイティ・ソー』を観た!

北欧神話は実在する。
アスガルドの軍団と霜の巨人は長年に渡って冷戦状態を保っていた。
しかしアスガルドの王位継承の儀式の最中、その均衡が破られた。
これを機に、ソーは王である父親の意に逆らい、
敵地のヨトゥンヘイムへ乗り込んでしまう。

怒った王は彼を追放。
ソーは神の力を奪われ、人間界へ落とされた。

2012年8月に公開を控える『アベンジャーズ』の前哨戦。
ってことで観逃せない1本だけど、
映画自体はフツーだよ~

インターネット環境が絶賛不安定~。
なんかたまたま繋がったので急いで書くぞ~!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


選び抜かれるか、生き抜くか。

がたか

第25回ブログDEロドショー選出作品
ガタカ』を観た!

操作された遺伝子を持って、生まれた子と。
科学的な力を借りずに、生まれた子と。

わたしたちは、“淘汰”されて生く。
否、“選択”されて生く。

いつか、そうなるかもしれない未来。
そこには、人類の幸せがあるのだろうか?

よくある近未来設定。
でも脚本の緻密さと、
“生き抜く”ことへの執着心が鮮やかに描かれている。
素晴らしい、の一言

↓ ブログDEロードショーとは?? ↓
ブログDEロードショーについて
今回より宵乃さん主宰となりました!
今後は全て、リクエスト作品から選出されることになるとのことです!


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


わたしに、あなたと。

どらごん・たとぅーのおんな

ドラゴン・タトゥーの女』をプレミア試写会で観た!

記者のミカエルの信用は、失墜していた。
汚職事件の告発記事が訴えられ、証拠不十分を理由に敗訴した。
職を追われるかどうかの瀬戸際で、その捜査力が買われ、
40年前少女失踪事件の真相を突き止めるよう、依頼を受ける。
“信頼回復”が報酬。ミカエルには断る理由などなかった。

血塗られた、一族の過去。
しかしそれを紐解くには、膨大な資料分析が急務だった。
「助手が必要だ。」

世界的大ベストセラーのスウェーデン小説が原作:
映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のリメイク版。
デヴィッド・フィンチャー監督が、
赤く、傷く、鮮やかに描く!!

これは必っっっっ見んんんん!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 陽面着陸計画, All rights reserved.