ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

ぼくがいるいみ。

ひゅーごのふしぎなはつめい

『ヒューゴの不思議な発明』を観た。

パリ大きな時計台のある駅に、ヒューゴは暮らす
お父さんが遺した、壊れた“機械人形”を、
ヒューゴは部品をひとつひとつ集めて直す。
この機械人形にはきっと、お父さんからのメッセージ
今ぼくが失っているものを取り戻す鍵

マーティン・スコセッシ監督
伝えたかったこと、やりたかったことはわかる。
でもデキはフツー
むしろ映画として微妙。なんでこんな高評価なのか不明。
監督の名前に、みんな媚びてるんじゃなかろうか
興味があれば観てもいいけど、期待はしないように。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


運命を駆け抜ける。

せんかのうま

戦火の馬』を観た!

第一次世界大戦が勃発
一人の青年と、一頭のが引き裂かれた。

人は翻弄し、翻弄される
それを、動物たちは静かに見つめてきた

いろいろ見せたいこと、言いたいことが詰まった作品。
そこはやっぱりスティーヴン・スピルバーグ、だど思う。
でも逆に、しっくりこない部分もあったり、
あまりに「手堅すぎる」テーマゆえに、評価は厳しくなってしまう。
とはいえ、今年を代表する作品の一本
べたーっとした“正統派”映画だけど、
恐怖と怒りと感動は確実。
創作された物語であっても、揺るがない事実があるから。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


終焉だ、ホームズ。

しゃーろっく・ほーむず しゃどうげーむ

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』を観た!

姿も見せず、音も立てず、跡も残さない。
最凶の敵「影」
かつてない難題が、ホームズに襲いかかる。
彼は覚悟していた。
一連の事件を解決するには、をも厭わないことを。

凄い!凄い面白い!凄い!
これはちょっと驚いた!1作目の比じゃない!
スリルも倍増!アクションも倍増!
そしてホームズとワトソンの固い絆、倍強!
観ない理由がない!!

えーん、試写会がことごとくハズレたから、初日初回に観に行ったよーー(泣)

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


みんながみんな、うらやましい。

やんぐ≒あだると

ヤング≒アダルト』を観た!

地元を飛び出し、
都会で作家として働くメイビス。
学生の頃、彼女は誰もが目を惹く
“憧れ”の存在であった。

彼女は今や37歳、バツイチ
作家と豪語するも、所詮は“ゴーストライター”
酒びたりで、犬とマンションに缶詰な生活。

そんな時、学生時代の元カレから
「こどもが生まれた」とメールが届く。
メイビスの頭の中で、
何かのスイッチが入った

地元に帰ろう。そして元カレと寄りを戻す

かわいそう?かわいそうなの?
私は「かわいそう」なんかじゃない。
そう思っている気持ちの裏側では
心臓を後ろにひっぱられるような息苦しさ。

パンチはないけど、テーマは痛烈
こういう作品、今までなかった訳じゃないけど、
“常套句”がないところが新鮮
気になる人はDVDで鑑賞でもOK。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


こどものけんかは
おとなが食う。


おとなのけんか

おとなのけんか』を観た!

こどもたちが喧嘩し、
一方が木の棒を持って殴り、
一方が顔に重度の傷を負った。
双方のこどもの親たちは
“おとな”だから平和に事を解決させようと
話し合いの場を設けたが・・・。

こどものけんかに
おとなが出てくると。

単純なことが、いやに複雑になるよって話。

期待してたけど、
思っていたよりは普通のデキ
“視点”はよかったけれど、
リアリティに欠けてしまった
興味があればDVDでどうぞ。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


だから、なんでも知ってる。

ものすごくうるさくて、ありえないほどちかい
凝ってるパンフレットだけど、800円は高ぇよ!

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た!

9月11日。“最悪の日”。
あの日、ぼくのお父さんは消えてしまった。
最後のひとときが失われていくような気がして、
こわくてこわくて、“お父さん”をなんとか引き止めたくて。

ぼくは見つけた。
お父さんが残した「秘密の鍵」を。
ぼくは見つける。
お父さんが残した「最後の謎」を。
ぼくが見つけたその時、
ぼくはきっと変われるはずだから。


これは大変な作品です
ものすごく美しくて、
ありえないほど素晴らしい。

凝りに凝った脚本
徐々に明かされていく“秘密”。
オチにオチが重なっていって、極めつけのオチ。
正直これほどわんわん泣けるとは思わなかった。
絶対観るべき!!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 陽面着陸計画, All rights reserved.