ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
何もなくて、
   何でもあった時代の。


よくぼうのばーじにあ

欲望のバージニア』を観た!
原題:『LAWLESS

禁酒法が布かれたバージニア州フランクリン。
そこでボンデュラント3兄弟密造酒の商売をしていた。

強烈な運と勝気とで、
彼らはどんな危機をも乗り越える。

これは実話。3兄弟の、
法も正義もない、なんでもアリだった時代の物語。

法に背いているけど、
こうしたガチンコなビジネスマンの話は好き。
嫌な奴もいっぱいいるけど、生き甲斐もあったのかもしれない。
映画としても、うん、面白かった!
R15のバイオレンスシーンもあるけど、
クスっと笑えたりもして良い雰囲気の作品
もうトム・ハーディしか見えないけど!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


何にも代えがたい、奇跡。

いんぽっしぶる

インポッシブル』を観た!
原題:『THE IMPOSSIBLE』(製作国はスペインのため:『LO IMPOSIBLE』)

年末年始の休暇をと、
タイのリゾートビーチに訪れた一家。
今思えば、あれは“予感”だったのか。

これはスペイン人一家を引き離し、
多くの地元市民と観光客の命を奪った、
2004年スマトラ沖地震による大津波を描いた実話。
父親と、母親と、その3人の息子たちは、
あの時何を思い、何をしたのか。


思い出すだけで、涙が出る。
でもこれは、ただただ悲惨な光景を描いた作品ではない。
最悪の状況下の中で、
ひとが愛する人のために、
どれだけの気持ちで生きようとするのか。

そして、
亡くなった方たち、その遺族たちを、
どう振り返り、
どれほど“今”に感謝するか。

テーマはそこにある。
被害に遭われた方々を、
置きざりにしてはならない題材だから。

この物語は、他人事ではない。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


運べ、密入品。

はーど・らっしゅ

ハード・ラッシュ』を観た!
原題:『CONTRABAND

伝説的な運び屋:クリス。
彼は父の逮捕、そして自身の結婚を機に足を洗う。
しかし当時一緒に悪事をはたらいていた義弟が、
トラブルに巻き込まれ、家族ともどもに危険が迫る。

再び、これっきりの、密入。
まとまった金さえ手に入れれば、家族を救える。

楽しかった!!ハラハラした!!
もともとはアイスランドの映画
Reykjavik-Rotterdam』(2008年)がオリジナルであり、
その時の主演俳優バルタザール・コルマウクル
念願のアメリカ版を撮ることに叶う(今作では監督を務める!)。
キャラクター観も ストーリーもトンチも
キャスティングが豪華で観飽きない!!
これ、機会あればぜひぜひ~~!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


野心の化身、その素顔。

華麗なるギャッツビー

華麗なるギャッツビー』を観た!
原題:『THE GREAT GATSBY

ニューヨーク郊外、ロング・アイランドの高級住宅地ウェスト・エッグ。
ひと際目を引く大邸宅では、
セレブが毎夜繰り出すパーティが開かれていた。
大邸宅の主は、ジェイ・ギャツビー。
彼は若くして財を成す一方で、多くの謎に包まれていた。

禁酒法時代。好景気に浮かれるアメリカ。
ひょんな運命でギャッツビーに出会い、惹かれた、
ニック・キャラウェイの視線で綴る、ギャッツビーの真実の姿

レオナルド・ディカプリオと2度目のタッグが適った、
豪華絢爛がウリの、バズ・ラーマン監督作品。
人物像の描き方が思っていた以上に深かった。
またこれディカちゃんがギャッツビーという役柄を真摯に見つめている。
鮮やかで煌びやかな映像と音楽と、
切ない物語が心を動かす
観ておいてOKです!! 私は2Dで観ました!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 陽面着陸計画, All rights reserved.