ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

最後の朝が来るまでに。

みっどないと・がいず

ミッドナイト・ガイズ』を観た!
原題:『STAND UP GUYS』 (なぜ原題のままじゃいかんのだ?)

28年の刑期を終えた、
昔の仕事仲間が出所。
やっぱりこうして、久しぶりに会うと、
懐かしい気持ちであふれる。
そして同時に実感する、
とうとうこの日がやってきた、と。
「それで、俺は
 いつまでなんだ?」


おっさんたちの青春の一夜を描いた、
のったらした作品、と思いきや。
なんでアル・パチーノクリストファー・ウォーケン
アラン・アーキンがそろいもそろったというのさ。
最後には、はからずも涙する、
うまくできた作品だった

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


特別でない、特別な彼女の。

だいあな

ダイアナ』を観た!
原題:『DIANA

「人々の心の王妃になりたい」。
一般の女性から、王室の女性へ。
彼女の生活は激変し、自由は制限された。
それでも自分らしくあろうと、
唯一の人に、唯一愛されようと努めた。

皇太子との離婚。
再スタートをきる、ダイアナ。
彼女が求めたものは、
最後まで、ひとつ。

映画としてはインパクトに欠けるか。
しかし、ダイアナへの優しい視点で描かれるため、
せつないながらも、彼女の魅力が伝わる1本。
彼女に興味があれば、自宅鑑賞がオススメ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


僕に家族。

きけんなぷろっと

危険なプロット』を観た!
原題:『DANS LA MAISON』『IN THE HOUSE

文章が書けない生徒があふれるなか、
ひときは偉才を持った少年がいた。

それは教師としての使命感。
テーマは、友人の家での出来事。
添削をして、彼の才能を開花させよう。
次第に私的な部分へと食い込んでいく文面。
「君は何が書きたい?何を表現したい?」

エスカレートする描写。
導きたい情熱。
克明に表われる欲求。
読みたい衝動。
危険で、リアルな物語が、書き進む。

ラストのパンチが弱いも、
全体的なテーマ、構成力が素晴らしい!
じわじわとくる恐怖。
そして最後の“真”の恐ろしさ。
映像観も含蓄あるセリフもかなり魅力的。
自宅鑑賞でも可なので、ぜひ!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


事実により奇なり。

せぶん・さいこぱす

セブン・サイコパス』を観た!
原題:『SEVEN PSYCHOPATHS

脚本が書けない。
締め切りに追われる脚本家:マーティ。
平和と愛の作品を書きたいのに、
猟奇的な映画を求められている。
“7人のサイコパス”の物語を練るも、
まったくアイディアが浮かばない。

「こんな事件が新聞に載ってたが、どうだ?」
すすめるは、マーティの友人:ビリー。
ちょっと変わったビジネスでやりくりしている男。
そんな彼が呼び込んだ“ネタ”は、
“現実”の始まりだった。


順行的なのか逆算的なのか。
物語の構成力に唸る。どうやって書いたんだ。
ブラックな作風は、監督・脚本・製作を務める
マーティン・マクドナーの特色。
コメディなのに、達観。
気になったら、観てみてほしい!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


死しても、なお。

でっどまん・だうん

デッドマン・ダウン』を観た!
原題:『DEAD MAN DOWN

3ヵ月前からアルフォンスは何者かに、
脅迫まがいの写真を送り続けられていた。
それと同時に、次々と手下が殺されていく。

彼から高い信頼を得るヴィクターは、
アルフォンスの周辺に“異変”がないか
常に神経を張りめぐらしていた。
これは綿密な復讐計画。

徐々に紡がれていく真実。
そして葛藤希望
“一度死んだ命”、何に捧ぐ。
なかなかうまいと思う!この映画うまい!!!
オススメ!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


相対して背中合わせ。

2がんず

2ガンズ』を観た!
原題:『2 GUNS

麻薬取引の仲介役等、
悪事をはたらく2人組:ボビーとマイケル。
“取引相手”だった知人を
麻薬カルテルのボス:パピに殺されたため、
“腹いせ”に、パピの貸金庫から300万ドルを奪うことに。

しかし、襲ってみて仰天。
そこには4300万ドルもの大金があった!
金は一体誰のもの?これは罠なのか?

3つ・・・いや、4つの大組織が大衝突!
それだけでもお腹いっぱいなのに、
デンゼル・ワシントンマーク・ウォールバーグ
絶妙なコンビが最高!!!
セリフや見せ方センスよし!!!
これは面白かった!!ぜひ映画館で!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


信じる者に、見えてくる。

ぐらんど・いりゅーじょん

グランド・イリュージョン』を観た!
原題:『NOW YOU SEE ME

手品やショーで、細々と生活を続けてきた彼ら。
しかしある時、思いもよらぬ者から“招待状”を受け取る。
結成した、フォー・ホースメン。
彼らが魅せる最上級レベルのイリュージョンは、
観客を現実世界のより深みに誘う。
しかしそのイリュージョンが
犯罪に関わっているとしてFBIに追われることに。

どんでん返しがあるものの、
はたしてその“理由”はいかに。
しかし表面だけみればアクションもイリュージョンも
派手で楽しいよ!!単に信じれば良いのかも!!
観るなら映画館で。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


汚れたならば、
首を洗うまで。


ふぃるす

ジョン・S・ベアード監督
アーヴィン・ウェルシュ原作者
来場プレミア試写会で『フィルス』を観た!
原題:『FILTH

年末を迎えるスコットランド。
ここに、野心に満ちた下品で卑劣な悪徳刑事がいた。
ブルース・ロバートソン。
ドラッグと酒におぼれる男。


警部補になるためなら、どんな手段も厭わない。
ブルースが堕ちた、心の憔悴。
卑猥で下劣な描写が目玉にされる本作だが、
それ以上に内面に迫る問題が深い。
シュールで粋なセリフ、映像の見せ方、撮り方、
選曲等々、センスが光る1本。
ジェームズ・マカヴォイ渾身の演技も含め、
一見の価値あり!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




とらんす

トランス』を観た!
原題:『TRANCE

オークション、それは時に、壮絶。
名画が売りに出され、巨額で落札される。

だからこそ、犯罪にも巻き込まれやすかった。
時代は流れ、防犯技術は進化する。
しかし、最後の砦は人だから。

僕は絵を守ってしまった。
誰かに奪われてはならないものだから。
それは、記憶とひきかえに。

スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞監督となり、
ロンドンオリンピックの
総合演出をも務めたダニー・ボイル監督
そして待ってました、ジェームズ・マカヴォイを迎え入れ、
スタイリッシュに記憶錯綜
やや強行的な脚本だけれど、
ふりかえってみると、じわじわくる

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


反旗は未来で翻る。

らんなうぇい とうぼうしゃ

ランナウェイ 逃亡者』を観た!
原題:『THE COMPANY YOU KEEP

ベトナム戦争で、
アメリカは揺れた。

徴兵制が、友人を還らなくした。
反アメリカ政府集団:ウェザーマンは
力を持ち得ない市民の声を暴力に替えて
次々と関連施設を襲撃、爆破していく。
そしてついに起こしてしまった、殺人。

あれから、潜伏30年。
人の親になった彼らは、振り返る。

実在の組織と時代背景が、
フィクション交えて語られる。
えっらい豪華キャスト陣で。
ロバート・レッドフォード、製作・主演・監督。
少し回りくどかったかもしれないけれど、
テーマ性は十分。これは観ておきたい1本。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
ドイツ旅行行ってました!
長らく更新停滞でいかんいかん!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 陽面着陸計画, All rights reserved.