ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


星にたくした希望。

にゅーよーく ふゆものがたり

ニューヨーク 冬物語』を観た!
原題:『WINTER'S TALE

君との出会いは
世界に約束されたこと。

愛の力で、余命わずかな君に、
奇跡を起こそう。

運命はいたずらに。
時には突然、
大切な人の命をも奪うだろう。
でも、その運命のすべてに
理由があるのだとしたら。


たどりつきたいテーマは凄く伝わった。
このテーマだけはけして、無碍にできない。
でも2、30年前のファンタジー映画みたいに
間が悪くて、のったのたしてた

こんな作風今時めずらしい!!!けど、
名脚本家が監督まで務めちゃったもんで、
豪華キャストが集まっちゃった的な、1本。
興味があればレンタルで良し。観なくても良し・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


その罪、背負ってでも。

ぷりずなーず

プリズナーズ』を観た!
原題:『PRISONERS

ドーヴァー夫妻とバーチ夫妻。
何者かに連れ去られた、その娘たち。

いつもの毎日が、
           一変する。


手がかりはゼロ。
警察に連行された青年は、頑なに口を閉ざす。
誰かが強行手段をとらねば、
娘たちは死んでしまう。

父親は、選択した。

恐い。恐すぎる。空気感が恐い
謎と疑念が波を打つ展開。
総合的な上手さと、微細な工夫が、秀作を成す。
私たちは、試される。
観て正解!オススメ!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


生きる限りつづく。

れいるうぇい うんめいのたびじ

レイルウェイ 運命の旅路』を観た!
原題:『The Railway Man

時は、流れるように進んでいく。
体にも心にも、変化をもたらして。
君に出会えたこと。
それは、私の人生において、
何よりの幸せであった。
それでも線路が、
端から先まで繋がるように。

いつまでもあの頃を行き来してしまう。

第二次世界大戦で捕虜となり、アジアで線路を敷いた。
拷問を課した日本兵が忘れられず、記憶をさ迷う日々。
晴れない思いを清算するには、もはやこの方法しかないのか。

実話を基にした、静かなる闘い。
それ以上でもそれ以下でもなく、
日本人が知らなければならない物語である。

ただ、映画としては、描き方が惜しい。
コリン・ファースニコール・キッドマン
ステラン・スカルスガルド真田広之といった、
絶妙なキャスティングは観逃せない←すっごい好み

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


とらわれて家族。

8がつのかぞくたち

8月の家族たち』を観た!
原題:『AUGUST: OSAGE COUNTY

気温30度を超える、
真夏のオクラホマ州オーセイジ群。
父親の失踪。
疎遠になっていた親族が、母親のもとに集まった。
責任のなすりつけ合い、自己主張。
事態はより複雑に、混乱する。

心、失踪する家族たち。
この家に、何を求めていたのだろう。
家族とは、なんだろう。


前向きなようで、前向きではない。
単純なようで、あえて難しくさせる。
しっくりくるけど、まどろっこしい。
傑作と謳われる舞台の、映像化。
良作とは思うけど、そもそものストーリーが
まぁまぁなんじゃないか?

豪華すぎるキャストに目的があるなら、観に行っても良いかな。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


信じる、戦い。

きゃぷてん・あめりか/うぃんたー・そるじゃー

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を観た!
原題:『CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER

ニューヨークの戦いから、2年。
キャプテン・アメリカこと、スティーヴ・ロジャースは、
再びS.H.I.E.L.D.(シールド)のメンバーに加わり、
危険な極秘任務に就いていた。

正義とは何か。
自由とは何か。

キャプテンは、現実と信念との矛盾に苛立ちを隠せない。
そして70年前の、戻れない“現実”にも胸を傷めていた。

シールド、揺らぐ。
人類が向かうその先に、
同じ過ちがあるのなら。


アベンジャーズ』以来、散り散りになったヒーローたち。
本作は、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』を
痛いほど、より深みへ掘り下げる。
目頭、熱いッ!!!
アベンジャーズ作品群の中で、最高傑作かもしれん!!
『~ ザ・ファースト・アベンジャー』を復習して、
映画館に飛び込むがベスト!!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


ベルリンでのあまりの幸運に、
逆に、ちょっとだけこの先の旅が不安になった翌日。

それでも気持ち高まるのは、
あのあこがれの港町を訪れるから。
どいつき。
今日は北ドイツ:ハンブルグ観光だ~~ぁ!

の、前に。ひとつだけ、無理やりにでも、
ベルリンでどうしてもやらなければならないことがあったので、
ちょっとモタモタ準備して、
朝8時頃、SバーンからUバーンへと乗り継ぐ。

ドイツ一人旅(2013年10月28日)の旅行記!!
毎度のごとく、もったもたしてますが、
(懐かしさに)涙こらえて引き続き書き残します!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行


5月3日、5日、6日の3日間、
ひたすら映画を観た!!


ちゃんと寝て、ちゃんとご飯食べて、
ちゃんと家事して、ちゃんと運動して。
健康的に観るとなると、1日6~7本が限界かな?

以下、3日間で鑑賞した20本。(前回比:+4本)

------
1:市民ケーン(1941年、白黒)
2:レイチェルの結婚(2008年)
3:めまい(1958年)
4:レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994年)
5:インフォーマント!(2009年)
6:波止場(1954年、白黒)
7:モンスター(2003年)
------
8:アメリカン・グラフィティ(1973年)
9:エドtv(1999年)
10:明日に向って撃て!(1969年)
11:ジェニファー8(エイト)(1992年)
12:ディア・ハンター(1978年)
13:トラブル・イン・ハリウッド(2008年)
14:思秋期(2010年)
------
15:パッション(2004年)
16:トーク・トゥ・ハー(2002年)
17:エデンの東(1954年)
18:別離(2011年)
19:ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012年)
20:ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(2005年)
------
(鑑賞番号は3日間トータルで採番。)

第1回GW映画鑑賞耐久レースの鑑賞記録はコチラ

この後はさらっと、鑑賞後メモ。
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


あなたへの想いで、探す旅。

あなたをだきしめるひまで

あなたを抱きしめる日まで』を観た!
原題:『PHILOMENA

が50歳の誕生日を迎えた日、
フィロミナはついに胸のうちを明かす。
「私に息子がいるの。」
自分は罪を負った人間。
それでもどうか、もう一度。

政界によって磔刑に吊るされた
元BBCジャーナリストのマーティン・シックススミス。
執筆活動に専念しようとするも、良い題材が見つからない。
「私の息子を、一緒に
 探してくれるかしら。」

そうして始まった、
アンバランスなふたりの旅。

実話が基の感動作
アカデミー賞にて作品賞、脚色賞、作曲賞、
主演女優賞(ジュディ・デンチ)ノミネートな実績。
すべての要素がしっくりと噛み合う、完成度の高い作品。
これはオススメ!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


すべて、わかっていたこと。

しゃどうはんたー

シャドウハンター』を観た!
原題:『THE MORTAL INSTRUMENTS: CITY OF BONES

ある時、急に、ひとつの記号に目を奪われた。
そして途端、これまで知らなかった世界が、
わたしの周りを取り囲んだ。

すべてが好奇心と恐怖。
妖魔、聖杯、人知を超えた力、知識。
シャドウハンター。彼らの戦いを、
わたしも知っていた・・・?


続編への希望を持っての、
壮大スケールイイとこ取り映画!!
そりゃもう騒がしい展開と人間関係!!
悪かぁないけど、まぁ普通だわな!
燦々たる内容かと思ってたけど、
けなげに頑張ってはいる
130分なんで、早く終われ~って感じるけど!
興味があったら、レンタルでもOKかな!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


それでも歌うしか、ない。

いんさいど・るーうぃん・でいヴぃす なもなきおとこのうた

試写会にて、
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を観た!
原題:『INSIDE LLEWYN DAVIS

定住する場所も、定期の収入もない。
ギターを片手に、生活がため歌う。
とはいえやっぱり、苦しくって。
潮時ってのを日に日に感じたりして。
傷つけて、傷つくことに、疲れちゃって。

ルーウィン・デイヴィスは自問する。
また明日も、こうなのかなって。

ジョエルイーサン・コーエン兄弟による
脚本・監督作品。
ああ、ちくしょう、巧妙だったさ。
彼らは評価に恐れない。評価をされるから。
やりたい映画、やってます

5月30日(金)公開!!

今回もハズレまくって、お知り合いの方に試写会誘ってもらいました~
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。