ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画レポを書けていない状況ですが、
ここ数ヶ月で映画鑑賞した作品を書いておきます。

①ターミネーター:新起動/ジェニシス
②アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(3回目)
③ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
④ジュラシック・ワールド
---
(10月27日追記)
⑤ナイトクローラー
⑥キングスマン
⑦マイ・インターン
⑧アントマン
⑨アメリカン・ドリーマー
---
(12月11日追記)
⑩コードネーム U.N.C.L.E.
⑪ミケランジェロ・プロジェクト
⑫Re:LIFE~リライフ~
⑬白鯨との闘い(試写会)

映画レポを書けるよう頑張りますー!
引き続きよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


またも!!
みんなで孤高の戦い!

みっしょん:いんぽっしぶる/ろーぐ・ねいしょん

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観た!
原題:『MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION

強大な秘密組織に立ち向かうためにはリスクが生じる。
これまでIMFは様々な事件を解決・回避してきたが、
その本質はスパイ機関ゆえに、大々的に評価されない。

CIAの組織として吸収されるIMF。
事実上のIMF解体である。

孤立状態のイーサン・ハントは
“シンジケート”という暗躍スパイ組織に挑む。
彼を支えるのは、“信念”とそして“信頼”だけだった。



「ミッション:インポッシブルの5作目」というだけで、
観ない理由がない集客効果抜群の本作!
そして、前作に引き続き、
ああ映画館で観てよかった!
心から思えるエンターテイメント作品!

予告編で“本作の見せ場”として見せてたあのシーンなんて、
「客寄せでしかないよ」と言わんばかりの贅沢な使い方!
そういう、観客を楽しませようとする心意気が半端ないところが、
このシリーズの底力を感じさせる!

映画ポイントは“信頼”なので、
シリーズの3作品目(『M:I:Ⅲ』)から観ることを推しちゃう!
せめて前作の『~/ゴースト・プロトコル』から観て欲しい!!
だってこのシリーズ、
みっしょん:いんぽっしぶる/ろーぐ・ねいしょん
ベンジー(サイモン・ペッグ)が大好きすぎるから!!
私が、じゃないよ!?
このシリーズがベンジーのこと好きなんだよ!?

だってそうとしか思えない、大活躍っぷり!
映画の最初のセリフだって、「ベンジー?聞こえてるか?」だもん!

ベンジーというキャラは、
映画のパニック目線を担ってる!
イーサンというスーパーマンと観客をつなぐ架け橋!
だからこそ、ベンジーというキャラが、
イーサンとどんな関係を築いてきたのか、
これまでのシリーズを観て理解して欲しい!

そしてウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)の存在も重要!!
みっしょん:いんぽっしぶる/ろーぐ・ねいしょん
だから絶対、『~/ゴースト・プロトコル』は見逃せないのだ!
そうしたらルーサー(ヴィング・レイムス)のため1作目から観るべきだけどね!(笑)

今回、ヒロインは一掃されちゃった感があるねー。
とはいえ、クラシック映画に出てきそうな
雰囲気抜群のレベッカ・ファーガソンは、美しすぎて見惚れた!

アレック・ボールドウィンも出てきたねえ。
なんだかんだ、好きなんだよね。
トム・クルーズとは『ロック・オブ・エイジズ』でも共演してたね!


本作の脚本含め、映画のウマさは、
監督のクリストファー・マッカリーのおかげかな?と
確信してやまないところがあるよ!
近頃はトム・クルーズ作品に欠かせない人物でもある。
オール・ユー・ニード・イズ・キル』や『ワルキューレ』、
そして監督兼脚本として大好きな『アウトロー』も手がけてる!


そして当然ながら、
トム・クルーズだけに、アクションシーンはほぼ自前!
それに感化されて、他のキャストもみんな
一生懸命アクションシーンに臨んでたよ!!
そんなわけで、キャストのリアルなリアクションも観れて、
最高に手に汗握るアクションが出来上がってた!
やっぱり映画館で観るなら、高品質な骨太アクションでしょ!


サイモン・ペッグの一糸たりとも見逃せない
細かい演技を逐一語りたかったけれど・・・時間がないので断念・・・。

本編の一部を公開しているこの動画を見てもらえれば、
サイモンがいかに細かい演技をしているかってのがわかるので、どうぞ!
「階段階段階段!」とか「(ヘイ!)」とか「僕は大丈夫僕は大丈夫」とか、
最高の反応でいいよな~~~
DVDあるいはBlu-ray出たら、サイモンだけガン見しようっと。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


起きた未来が、起こらぬ過去へ。

たーみねーたー:しんきどう/じぇにしす

ターミネーター:新起動/ジェニシス』を観た!
原題:『TERMINATOR: GENISYS

時は2029年。
人工知能“スカイネット”が人類を支配していた。

ジョン・コナー率いる抵抗軍は、
スカイネットの中枢に攻撃を仕掛ける。

スカイネットは“この時”を阻止するため、
1984年にT-800型ターミネーターを送り、
ジョン・コナーの母親、サラ・コナーの殺害を計画する。

ジョン・コナーの傍らで戦ったカイル・リースは、
そのT-800を追って1984年に向かう。

物語の時空輸送。
私たちは再び、1984年の“あの瞬間”を目撃する。

ターミネーターの約30年構想
すっかり頭から忘却されていても、しっかり馴染む不思議。
なかなか面白い1本!



むずがゆくなる恋愛模様に、
ウェルカムバックなアーノルド・シュワルツェネッガー
ターミネーターとの人間模様にも満足!!!

サラ・コナーの配役もすっかりかわいく美しく
ゴリラ度下がったエミリア・クラーク!!

ジョン・コナーには近頃デカい作品にバカバカ出てる、
ジェイソン・クラーク!!
(何も“お母さん”役と苗字揃えなくたっていいじゃんね!?笑)

で、カイル・リース役には、ジェイ・コートニー!!
トム・クルーズの『アウトロー』以来、ベタボレのジェイ
男くさいんだけど、でもどっかチャーミングで、素敵に活躍するよ!

申し訳ないことに、微妙だった『ターミネーター4』に出演した
サム・ワーシントンと役柄がかぶり、
「あれ??カイルはロボット・・・?」みたいに混同した自分が恥ずかしい。
それくらい、“ターミネーター”知識が乏しくても楽しめるよ。
(最近サムどこいったの?)

この映画でテンションが上がった隠れ要因が、
『ターミネーター2』に出てきたT-1000という、
いわゆる(私しか言ってない)水銀おじさんの登場。
こちらは『REDリターンズ』等で活躍中の
韓国人俳優イ・ビョンホンが演じるよ!

J・K・シモンズも豪華に登場!
いつ「Quite my tenpo!!!」って怒鳴られるか心配だったよ!


なんか前々作(3)、前作(4)がイマイチだったこともあったので
期待値を随分下げて挑んだけど、
結構面白かったんだコレ!!
アクションもスリルもしっかりありつつ、
きゅんとするシーンも多くて、女性も大満足な作品ではないかな!

あぁ、時間があったら、
ジェイ・コートニーについてしっかり語りたかったさ!!
たーみねーたー:しんきどう/じぇにしす
やっぱり私はイケメン好きといえども、
純粋にイケメンだけ追ってないってことですな!(ジェイに失礼)


そんなわけで、2ヶ月ブランクの映画レポでした!
(些末なものを書かないより、記録という意味で書くことに重きを置きました!)

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2015 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。