ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
狂気ではない、天性だ。

ないとくろーらー

ナイトクローラー』を観た!
原題:『NIGHTCRAWLER

定職に就けず、金属製のものを盗み集めては転売するルイス。
「勤勉である」と、自分の売り込みをするも適わず。
今宵も闇に紛れるばかりである。

しかしある夜、“ナイトクローラー”に遭遇する。
彼らは事故現場へいの一番に駆けつけ
スクープ映像を収めていくパパラッチであった。
映像は新鮮で衝撃的であればあるほど、テレビ局へ高額で売れる。

ルイスは奮える。
これこそが、俺の求めていた仕事なのではないか?
これこそが、俺を求めている仕事なのではないか?

この高揚、この闘志、この適性。

非道なのではない、プロフェッショナルだ。


SNS等の普及で、
近頃はメディアも公然と叩かれる時代になった。
とはいえ、メディアは更にその上を行こうとする。
SNSで“炎上”すれば、視聴率が上がる。
結局、少しかゆいだけで、痛くない。

メディアの歯止めがきかなくなる。
情報を求める視聴者と、視聴率を求めるテレビ局。
どんな形であれ、衝撃と話題を呼べば、数字に繋がる。

正式に雇用すれば固定費がかかる。
アマチュアの投稿や委託契約にすれば、
安くておいしい映像が巡ってくる。
テレビ局はただ、選りすぐればいい。

誰もがカメラを持つ時代でもある。
撮影者の歯止めがきかなくなる。
いつでもカメラが回り、どこでもカメラが入り込む。
より陰湿で、執拗で、安易になる。

しかし、求める方も、売る方も悪いと、
否定的な言葉を並べてみるものの、
ルイスの“無心なまでの情熱”に妙な共感も覚える。

なんでも撮って収める、そんな時代なのだ。
人が亡くなる瞬間だって、
もしかすると遺族にとって“感謝”になるのかもしれない。
誰もが目を覆う災害の映像も、
貴重な“資料”になるのかもしれない。
生まれたばかりの子供を必死に収める親も、
“あの時撮っておけばよかった”と
後悔するのを恐れているかもしれない。
瞬く間に過ぎていく時間が、小さなデータとして残せる。
後に振り返った時、無いよりは、在った方がいいのだ。

そういう衝動や欲望は、いずれ全ての人間が持つかもしれない。
今は顕著なパパラッチの行動も、当たり前になるのかもしれない。
もっともっとおぞましい映像に、瞬間に、
私たちは見慣れていくのかもしれない。




近頃のジェイク・ギレンホールはどうしたってんだ。
ないとくろーらー
ルイスという男の性格は、無自覚にストイック。
その執着は、業界においては天性かもしれない。
それを役作りの上で、風貌から表現する。
痩けた頬は痛ましくも、恐ろしい。
ジェイクの、役への思い入れ方が、殊に最近すごくて畏れ入る。
質の高い作品にたくさん出てるから、
ジェイクの新作を観るのが最近楽しみで仕方ない。

この間、映画館で観た以来の『プリズナーズ』を観たけど、
あの作品のロキ刑事のチック症状も本当に素晴らしいし、
混乱をきたすような『複製された男』でも、深い演技を魅せてくる。
これからの活躍を、否応なしに期待しちゃう。

でも、身を削り過ぎてしまわないか、心配でもある。
評価されればされるほど、「もっともっと」と、突き詰めてしまう。
映画に出てくる、ルイスと同じなんだ。


監督・脚本は、ダン・ギルロイ
彼の家族構成を語りだしたら、これ止まらなくなるほど深いわ。
本作に出演していたレネ・ルッソの夫でもある。
ダンは本作が初監督作品だってさ!!(まじか)
あれー、過去に、私の最大のお気に入り作品のひとつ
落下の王国』の脚本も手がけてるらしい。平伏。


音楽は、個人的には久々の
ジェームズ・ニュートン・ハワードだよ!!!
私のファン歴は『ER 緊急救命室』のテーマ曲から始まるわけだけど、
やっぱり本作も、冒頭から「お、 おお おおお」って、低音で唸りたくなった。
不気味なのに、映画に不釣り合いで小気味なほど
爽やかさを感じる不思議な曲で。
この映画観た後、帰り道は即行で『フィクサー』聴いちゃったよね。


ここまので狂気は、「嘘くさい」とも思うかもしれない。
でも実際は、仕事を見事に演出してくる人だっている。
これほどまでの、“冷えきった情熱”が、羨ましくもある。
自宅鑑賞でもいいので、オススメ!!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


地上最強の。

じゅらしっく・わーるど

ジュラシック・ワールド』を観た!
原題:『JURASSIC WORLD


危険性が問われたジュラシック・パークは、
日の目をみないまま、閉鎖となった。

しかし科学技術が向上した今、
ジュラシック・ワールドとして再興する。

オープン後も、次々と品種改良が行われ、
恐竜のテーマパークは話題が尽きない。

安全性とエンターテイメント性が売りのそこは、
誰もがより強い刺激を求めて来場する。


嬉々の先に、

禁忌の歩み。



名作ともいえる『ジュラシック・パーク』(1993年)から、
とうとうシリーズ第4弾の幕開けである。
IMAXで、更には3D。
ああ、どれほどこの時を待ったことか!!

映画界にはどうしても、
「その時代に生きる者として観なければならない」作品が登場する。
もちろん、映画館で。

ロスト・ワールド』、『ジュラシック・パーク』は、
どうしても1作目には劣ってしまう。
やっぱりそれは、1作目ほどのストーリー性を望めないわけで、
更には映像技術は確かに向上しているけれども、
贅沢なほど目を肥やした観客には、「そうでもない」。

それが今回、いよいよ3Dだと思うと
足踏ん張って、手を拳にして挑むわけだけれど、
やっぱりストーリー性は望めないよね。


人間自ら作ったものは、
自らの手で始末をつける。

こういうテーマは、例えば『インクレディブル・ハルク』等でも描かれていて、
人間のおごりに対する問題提起があるから結構好き。

侵してはならない生物の摂理を、
人間は神真似をして侵してしまう。

科学の追求や、好奇心の欲求は、
いかにその責任を負うことになるか、警鐘を鳴らしている。

このジュラシックスリーズには、それ以上のテーマがないのだ。
それが最も重要で、これを常に叫んでいなければならない。
だからシリーズを追うごとに、ただのパニック映画にしかならなくなってくる。

今回はなんとかその流れを断とうと頑張っていたけれど、
「人間がしたことの始末は、人間では始末できない」という
一番情けない形のストーリーで落ち着いちゃって残念だ。
4作目も、やっぱりただのパニック映画だったのだ。

とはいえ、
映画館で観れてありがとう感も否めない。
結局そこで納得できちゃう、ずるいシリーズ大作。

あと、やっぱりジュラシック・パークのテーマ曲もってこられたら、
とりあえず目頭熱くなっちゃうよね
必然と、涙腺ボタンが押されてしまう。


キャスティングはまあまあだったかな!

クリス・プラット
純粋なワイルド具合にすっかり酔ってしまう女性多数!
じゅらしっく・わーるど
「かっこい!!!!」と胸きゅんした人には、
ぜひともメイキング映像とか観てほしいな!!
撮影現場等で下ネタ(っぽい)の炸裂の、おちゃらけキャラなんだから
(もちろん、そういう性格だから面白いんだよね!)
むしろ、かえってそのギャップが好きになるはずだ。

「なるはちゃんなら知ってるはず!!
あの『ジュラシック・ワールド』の男の人、
めっちゃっかっこよかったけどなんて名前!?」
なんて聞かれちゃった日には、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』観てみて、と強くおすすめしちゃうよね。
(私も今まで、クリプラのこと知らなかったんだけどさ。)

でも確かに、悔しいけど、
ジュラシック・ワールド』のクリプラはかっこよかったよ


ヒロインは、ブライス・ダラス・ハワード
お父さんは巨匠の、ロン・ハワード監督

シリーズ1作目(姉弟)のように、
兄弟モノだと結構グッときたりする。
弟役の少年は、『アイアンマン3』で活躍した タイ・シンプキンスくん!

あとは『最強のふたり』の、オマール・シーが印象的だったかな!


いろいろ中途半端なキャラクターもいたよね。
恐竜を使った軍隊化を目論む、セキュリティ部門幹部の男性を演じた
ヴィンセント・ドノフリオは『ジャッジ 裁かれる判事』 で
ロバート・ダウニー・Jr.のお兄さん役を演じてたね。

ジュラシック・ワールドの所有者の男性を演じたのは、
スラムドッグ$ミリオネア』や『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』にも
主要な役として出演しているイルファーン・カーン
良い俳優なので、今作の使い方はもったいなさすぎた。


総合的に評価すると、
映画としては微妙で、映像だけ重視の作品かな~。
恐竜の質感とか、リアルすぎて本当に恐かったよ!!!
この“体感”が、この映画の醍醐味であるから良いんだけどね!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2015 陽面着陸計画, All rights reserved.