ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
「生きて帰る」ことが生きる糧。

おでっせい

オデッセイ』を観た!
原題:『THE MARTIAN

火星探査をする6名のクルー。
火星地表で調査を行っていると、猛烈な宇宙嵐がおこる。

火災の調査は、人類が新たな星や技術を見つけるために必要不可欠であった。
1回の調査にかかある費用は莫大で、時間も要するため、寸分のミスも許されない。

撤退は止む終えなかった。

しかし、嵐はまたたくまにクルーを呑み込んだ。
砂嵐の中を、宇宙船めがけて歩くが、うち1人の姿が消える。
応答も目視も確認できず、
「死んだもの」と判断し、5名は地球への帰還を決断する。

その男は、生きていた。

この世稀なる絶望を前にして。

このところ、毎年のように
「今年の映画の目玉」と言わんばかりの
大作宇宙映画が作られてきている。

ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』は、
名実ともに評価されて、アカデミー賞をも賑わせた。

ここまでくると、“疑いの目”みたいなのが備わってしまう。
いくらなんでも、そろそろいいかげんスベるだろう、と。

なんやかや、宇宙に対して人間がまったく歯がたたない感じとか、
究極を観ることで「生きること」の本当の重さがわかるというか、
そういう感覚が好きで、
加えて科学的な根拠による映画的演出が好きで、
Blu-rayを買いたくなってしまうほど、「宇宙映画が好き」と気づいた。

だからある程度期待するし、
リドリー・スコットだし、だから観るしかないし。


観て正解だった。
雑に言えば、『インターステラー』と『アポロ13』を混ぜたような映画で、
加えて『月に囚われた男』的なスパイスを入れているんだけど、
つまり嫌うわけないじゃないって。

原作はもともと、無名の作家がインターネットで公表した作品が話題を読んで、
こうして最後には映画化に至ったんだけど、
「科学的根拠」を基に組み立てられた内容だから、
「自分がこの立場だったら?」をすごく想像しやすい。

そして私だけでなく、誰もが、
「自分は無理だ」って思う。

マット・デイモンが演じる主人公マーク・ワトニーは、
ものすごくバイタリティーに溢れている。
「生き抜こうとする気持ち」は、心の均衡を保つ上で、とても大事なんだと痛感する。
自暴自棄になれば、いつ自分を傷めつけるかわからないし、
考える力を失えば、発展性も計画性もなく、「生きる価値」を失う。

これはあくまで究極の環境下に置かれた男の話だけど、
実生活にシフトする余地のある、素晴らしいテーマだったと思う。

そして、たったひとりの人間に対して、
多くの人が動こうとする、その心

誰かが無理だと思えば、本当に無理になる。
たとえ、生き抜こうとする当事者がその気持ちを保ったとしたって、
周りが「いや、無理でしょう」となれば、人ひとりの命なんて微塵になる。
「希望」という言葉では薄いけれど、
無意識に「力を貸さなきゃ」と思う気持ちは美しいし、
映画を観ていても清々しい思いでいっぱいだった。

だからといって、生やさしい映画でもない。
もう少しで、ほんのちょっとのブレで、
気持ちはどん底になるし、失敗を目の当たりにすると絶望する。

でも、「今動かなければ、きっと後悔するだろ?」という、
リスクも、人生も、本当の意味で、ちゃんと自分で背負う姿は、
「生きているなあ」って思えるよね。


キャスティングはやたらすごくて、
ジェシカ・チャステインは狙い過ぎだろうと思いつつも、
知性漂う彼女がいるだけで映画が映えるよねって。
おでっせい
そして個人的に、
映画で最初に登場するのが、マイケル・ペーニャ
出ること忘れてたから、彼のかわいいお顔をみた瞬間きゃーんってなるし、
アントマン』で最高の演技だったから、
アントマーンって思いであふれた途端、
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の
バッキー役セバスチャン・スタンが立て続けに出てきて、
キャンプテン・アメリカーって思ったら、
最後「アイアンマンネタ」がちょろっと出た瞬間、
マイケルとセバスチャン連続で画面に映されて狙いすぎだと思った

その他、『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォーや、
ショーン・ビーンクリステン・ウィグ
あといっつも出演作忘れる顔だけど『スピード』でキアヌ・リーヴスの相棒役を演じた
ジェフ・ダニエルズなどなど、
お腹いっぱいなキャスティングだった。
割とメインキャラで、知名度の低い俳優さんを起用してくるのも、
それはそれでバランス取れてたけどね。

サンシャイン2057』の俳優も出てたなあ。
ベネディクト・ウォン(Benedict Wong)かな?
一度宇宙映画出ると、イメージがつくのかなあ、いいなあ。
てか、リドリー作品の常連ってことか。

あと、同じくリドリー・スコットの作品になぜか毎回地味にお呼ばれしている、
エミュ・エリオットも出てたよね?

音楽は、ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
最近、映画観るたび好きな作曲家で嬉しい!
しかも、リドリー作品のイメージと合うから、なおのこと嬉しい!


映像観もすごく良かったし、映画館で観れば最高だけど、
自宅鑑賞でもいいからぜひ一度!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


それは、恋というには足らなくて。

きゃろる

キャロル』を観た!
原題:『CAROL

何の変哲もないテレーズは、デパートの店員として働いていた。
恋人はいるが、恋人以上の関係を望まなかった。望めなかった。
どこか情熱が足りなくて。歯車が食い違っていて。

ある時の、出会い。

それこそ、何も変哲のない出会いだった。そのはずだった。

でも、傷つく心が“共鳴”した。
女性としてなくてはならないことを求められた彼女たちは、
恋よりも本当の“恋”に無心する。

この“恋”に、偽りはない。

人としての、つながりだから。


単なる性的嗜好と捉えるよりも、
駆け引きのない、心のつながりというものを感じる“恋”で、
ある意味ではこちらの方が、
異性と関係を結ぶより、リスクのない、
真実味のある繋がりであるように感じた。
きゃろる
ある県が立ち上げた、会員制の婚活サービスのパンフレットに、
「女性は受け身の性」と記載して問題になっていたけれど・・・。

悔しいけれどどこか、女性である自分自身が、
女性に対してちょっとそういうイメージがあって、
だからこそ、「だから女性は受け身なんだ」って公的に言われたり、
男性から「女性とは元来そういうもの」とか言われると腹ただしく思えて・・・。

「女性たるもの」「女性とはこういう傾向」という言葉に対して、
「男性にだってそういう人がいる」、
「女性だって男性のような人がいる」という主張をしたくなる。
社会では毛嫌いされがちな“フェミニスト”っぽい発言になるけれど、
痛いところ突かれたくないから、余計に弱さを隠したくなる。

なぜか「女性であること」に劣等感を覚えてしまう。
男性みたいに成りきれない自分が悔しい。
それが固定観念なのか、社会的通念なのかわからない。
どこか女性は不利だと思うことも多い。
ただ理由をつけて努力したくないのか、
生きてきてそう実感したのかわからない。

だからこそ、
女性が女性を愛することは、
ノーリスクで良い気がする。

きゃろる
もし世間一般にいわれている、体つきや考え方といった、
「男性と女性はそもそも創りが違う」というのが本当であれば、
わざわざ違うものを選ぶ必要ないんじゃないかって。
駆け引きも裏切りもない世界で生きた方が、幸せじゃないかって。

「女性だって人を裏切るだろ」っていう男性の言葉を待っている。
そうだよ、女性だって男性と同じなんだよって、声高に言いたい。


そういった意味で、キャロルは天性の「人たらし」だと思う。
つかめたようで、つかめないその危険性が、
男女ともに惹かれてしまうのだろう。
きゃろる
でもキャロルだって、ちぐはぐしている自分を、
どうにかして改めたかっただけなんだ。
どうしたら自分がまっすぐいられるか、その道をずっとずっと探してた。
欲しいものだけが欲しかった。
それは、男性も女性も、同じこと。

心が落ち着くもの。
人生で得たいもの。

それをただ、あちらこちら探しまわることの、何がいけないのかな。

もうなんだ、女性とは、男性とは、こうあるべきなんていう考えは、
不自然なほど、現実とかけ離れてきたと思うんだ。
生物的な部分は、精神的な部分で重要視されていない。

いずれ映画レポを書くけれど『リリーのすべて』を観て、余計にそう思った。
男性だって、どんどん綺麗になっていく。
生物的な性別を捨てれば、精神的には何にだってなれる。
「人間として、そうあるべきではない」と、誰が批判できるだろう。

今後もっと広く、精神的な面が認められていけば、
「女性は早く結婚して子供を産まなきゃ」とか、
「女性は30までに結婚しなきゃ」とか、どうでもよくなるはず。
こんなことが頭からすっぽり抜ければ、
女性はどんどん恋をすると思うよ。
焦りや困難さが、すべてを台無しにしている。


ほぼダブル主演である、
ケイト・ブランシェットルーニー・マーラの演技は素晴らしかったな
主演女優賞と、助演女優賞ともに、ノミネートで終わってしまったけれど、
特にルーニー・マーラの人間味がちょっと欠けてるけど、
情熱的な性格が凄く素敵だった
というかあの顔ずるい。羨ましくなる可愛さ。

ゼロ・ダーク・サーティ』 や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の
カイル・チャンドラーはやっぱりいいなあ
私はカイルが演じていた男性役を、一概に悪いとはいえないよ。
彼だって裏切られた立場の人だからね。
自分に置き換えた時の、そのプライドのずたずた感たるや、想像を絶するよ。

脚本は、脚色賞にノミネート。
太陽がいっぱい』の原作者でもあるパトリシア・ハイスミスの小説も読んでみたいな。

監督は、トッド・ヘインズ
アイ・アム・ノット・ゼア』は自宅鑑賞したけど、
『キャロル』と同じ監督とは思わなかったな!
いずれにしても、主張する力が強いというか、
いい意味でエグいの撮るの上手だな。

アカデミー賞のノミネーションにおいては、
作品賞と監督賞を逃すこととなった。
これが、同性愛者差別なんじゃないかって
騒がれたこともあったみたいだね。
トッド監督と、原作者ハイスミスは、
LGBT(ズビアン、イ、イセクシャル、ランスジェンダー)だから、
それを理由にノミネートされなかったと、アカデミー賞会員が批判された。

個人的には、LGBTに対しては、
その言葉自体が必要ないほど、認めているというか、特別視はしないようにしている。

ただ、LGBT系の映画を作っておけばウケるんじゃないかっていうような
ある種のブーム的なものが、
ブロークバック・マウンテン』あたりから映画界に広まっている気がして、
それはあんまり面白くないなぁって。
脱いだ女優と、ゲイやレズビアンを演じた役者が
評価されまくるのも、どうも座りが悪いなぁって。
役柄じゃなくて、素直に演技だけで評価してほしい。

音楽は、カーター・バーウェル!!!
こちらも後日映画レポを書くけれど、
クリス・パイン主演の『ザ・ブリザード』でも音楽を務めていて、
やっぱり音楽がうまいんだよな~って
映画の内容も良くて、音楽も良いと、仮死状態になるわ・・・

『ヒットマンズ・レクイエム』以来、もうずっとファンだな、彼の音楽に。
弦楽器と管楽器を使って、もわっとぼわっと、
音楽を膨らますのがうますぎる・・・!
サントラ購入は下のアイコンから!

視聴は→コチラ

撮影賞にもノミネートされていたけれど、
窓越しに撮影したり、ガベ際からそっと覗かせたり、うまかったな~。
上手にぼかしたりして・・・!

自宅鑑賞でもいいんで、ぜひご鑑賞あれ!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


人ひとりの価値とは。

ぶりっじ・おぶ・ずぱい

ブリッジ・オブ・スパイ』を観た!
原題:『BRIDGE OF SPIES

保険関係を専門とする弁護士ドノヴァンは、
あるロシア人の弁護を務めることになる。

そのロシア人の名は、アベル。スパイだという。

冷戦下であった1957年、アメリカとロシアの間では、
互いにスパイや偵察員が次々と送り込み、水面下で過激化していた。

ロシア人スパイを弁護したことで、
ドノヴァンは米国民から白い目で見られることになる。
しかしドノヴァンは、「誰でも弁護されるべき権利がある」という信念を持っていた。

アベルはその後、ある事件の「交渉のコマ」に成り代わる。
ある意味では、ドノヴァンの願ってもいないチャンスであった。
アベルを祖国へ帰国させることができるかもしれないからだ。

ドノヴァンは弁護人として、“スパイ交換”の架け橋を務めることになる。
戦争の火蓋を切るか否かは、

すべてこの男に託された。


人ひとりの価値がゆらぐ、実際にあった出来事を描く映画。

国という“組織”においては、人ひとりの命は時に、
その人の命ひとつ自体の価値を失い、
ひとつのコマとして政治的に利用されることがある。

国の秘密や戦略を知っているのであれば、
それが公になることを恐れて身柄を確保しようとするし、
国益や領土を守るために線引したところを、
人ひとりの判断で越えようとすれば阻止される。
国政においてなんの影響もなければ、無関心である。
ぶりっじ・おぶ・ずぱい
そのことで、人ひとりが傷つこうとも、痛もうとも、
国という“組織”においては何の意味もないこと。

「国を回している」ことに悦に入っているだけで、
実際、それに対して攻略していないにも関わらず、
コマを扱っている優越感で目が曇っている。

もちろん、国を“組織”として築いている人たちに、
何の苦労もないといっているわけではない。
でも、末端の人々(多くが自分のような人)にとって、
自分を無価値に扱われれば、心離れていくものである。
「なんにも偉くない、凄くない」と、尊厳だって否定したくなる。

でも、声は声にならない。
“賢い人”は、口をつぐむだけで、意味のない行動をしない。
より正義心が強ければ、例え人ひとりでも声高に主張するが、
いずれ国という“組織”においては邪魔者扱いされることもあるだろう。


ひとつの組織に所属する上で、本当の意味での自由は失われる。
所属する上で、ルールを守ることは当然であるし、
時には妥協だって必要になってくる。
自分の中で何に重きを置くか、選択が必要になってくる。
大人になれば、全部が全部選べるわけがないとわかってくる。

でもいずれ、組織の下にいる末端の人々は、結束力が強くなる。
“共感”は何より心を繋ぐものだし、
互いの苦労が見えて、その上でも必死に沈黙という戦いや、
主張という戦いを続けている人を尊敬するようになる。
ぶりっじ・おぶ・ずぱい
だから、たとえ他人のことであっても心動くんだ。
国を“組織”する人たち以上に、人間的になれるんだ。

ぜんぶがぜんぶ、救うことなんてできない。
ぜんぶがぜんぶ、やりたいようになんてできない。

でも、手を広げれば、体を動かせば、新しい域には行ける。
少なからず、何かがやれる。

それが、国という“組織”において些細なことであっても。
日常に埋もれるほど、歴史に埋もれるほど、なんでもないことであっても。


スティーヴン・スピルバーグ監督と、
トム・ハンクス主演ということで、
否応なくして「観なければならい」というプレッシャーがあるけれど、
鑑賞当時、アカデミー賞では作品賞、脚本賞にノミネートされていたこともあって、
期待は凄く高まった。

そして実際に観てみて、これがすっごい良かったんだ!
題材が題材だけに、ベルリンの壁の問題とかも出てきて、重たいはずなんだけど、
絶妙なコミカル感もただよっていた。
悪くいえば、スピルバーグの笑いは、定番すぎるから、
この絶妙感はスピルバーグによるものじゃないんだろうなって思ってた。

そうしたら、エンディングクレジットで納得。
ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が脚本に絡んでいた

笑いの「間」「動作」を全部計算づくで、文字にしていくコーエン兄弟。
時には、役者の演技まで制限されるような、息が詰まるような“コミカル”でもあるんだけど、
本作『ブリッジ・オブ・スパイ』においては、非常に効果的だった!


そして、『クラウド アトラス』くらいから、
妙なトキメキを覚えるようになったトム・ハンクスは相変わらず演技が素晴らしいし、
映画冒頭から「あっれ~ぇ!?」と思うような
ロシア人アベル役マーク・ライランスも異様な上手さで、
結果的に、アカデミー賞助演男優賞獲得
ノミネート俳優は、トム・ハーディマーク・ラファロといった期待してた俳優もいっぱいだったけど、
マーク・ライランスの受賞は納得モノだ!

あと、ちょいちょい活動が目立ってきた
イントゥ・ザ・ウッズ』でもお馴染みのビリー・マグヌッセンも出てて嬉しかったよ!
いつの間にやらフレームアウトだったけど。


しかし、いい映画だったな。
近頃、冷戦時代の作品を描くものが多くて、
コミカルな映画で言えば『コードネーム U.N.C.L.E.』だけど、
黄金のアデーレ 名画の帰還』なんかも、当時の状況や、
その時代を生きた人たちの心情が伝わるものだった。
いずれもベルリンの壁が象徴的だったよね。

そんな中で、やっぱりスティーヴン・スピルバーグ!!!
感激するような演出もいっぱいあった
トム・ハンクスのインタビューによれば、
カメラマンがシャッターを切ることで割れた電球が落ちて、
それが踏み潰されるというシーンは、脚本のト書きにはないことらしい。

アメリカの子供たちが、柵を難なく越えていくシーンはト書き通りだろうけど、
いかに、ベルリンの車窓と対比させるかが大事で、
「今だ解決していない問題」を表現していて素晴らしかったな・・・!

2016年も、いい映画いっぱいだと感激せざるをえない、1本だった。

あと、トーマス・ニューマンの音楽は流石だった。
ピアノと弦楽器の使い方が良かったんだけど、
エンディング曲とか、あえてコーラス入れてきて、うおーーっってなった。
リズムのとり方がちょっとジェームズ・ニュートンハワードっぽい印象。
でも、手堅いメロディラインは、やっぱトーマス・ニューマンって感じ。
サントラほしい~!お買い求めは下のアイコンから。

視聴は→コチラ


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2016 陽面着陸計画, All rights reserved.