ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
己の屍を超えてゆけ。

おーる・ゆー・にーど・いず・きる

オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た!
原題:『EDGE OF TOMORROW

人類は戦っていた。
次々と陥落する大都市。
特殊な戦闘スーツを装着し、
前線へ身を投げる若者たち。
いつか訪れるであろう、
勝利のために。


米軍のメディア担当:ウィリアム・ケイジ将校。
実戦経験ゼロの彼が、戦地に送り込まれる。
そこで彼が見たものは、惨敗。

そして彼は、死んだ。何度も。


日本人作家:桜坂 洋さんのライトノベルが原作。
ものすっごい脚本家による脚色と、
アクションセンス抜群のダグ・リーマン監督
トム・クルーズ×エミリー・ブラントというの
豪華タッグが適った、
最強のラブストーリー!!
最初っから最後まで、面白い!!!
絶対映画館で観て!!!



にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ウィリアム・ケイジの生死は、
ある時点を軸にループする。


死が想像に易い戦地を、
ケイジは何度も経験する。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
誰かの死を、何度も見ながら。
そして己の死に、何度も遭いながら。

死にたくないが、死にも切れない。
なぜ、生死を繰り返すのか。
その意味を知れぬまま、
彼は再び死んでは、
同じ場所、同じ時間に戻ってくる。

そんな時、リタに出会う。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
「目覚めたら、私を探して!!」

純粋に、“守りたい”という気持ちが、
次への一歩を踏みださせる。

もしかしたら今度こそ、
新しい未来がはじまるかもしれないから。


その先に、僕と君とが、いなくても。


二重の観念がある。
ゲームみたいに命にチープな面と、
ひとつひとつの命を尊重する面とを。

でもその、“命にチープな面”も、
よく考えてみれば非常に重たいのだ。
死んでも、生き返る。
まるでゲームの中のマリオみたい。
私たちはマリオの死に、無頓着だ。

だけど実際自分が、マリオだったとしたら?
何度も何度も崖から落ちたり、
敵にぶつかったり、追いかけてくる画面に挟まったり。
精神的に狂うだろうよ。
なぜまた死ぬんだ?
そしてなぜまだ戦わなければならない?
それでも再びゲームがスタートすれば、
マリオは走り出さなければならない。

それを身をもって体感することで、
かえって命を軽視しなくなる。


またこの映画は、この間観た、
ニューヨーク 冬物語』に重なる。

人が生きていく上で、
どんな運命が待っているのか、
その運命にどんな意味があるのか、
まったくないのか、わからない。

でも、
ただ見過ごされた命、
救えなかった命、
犠牲になった命が、

誰かの運命を変えるための、
道を切り開く手段になるのなら。

少しも無駄じゃないんだって、思いたいから。

そんな、ゲームのような無機質な設定の中で、
どこか優しさも見え隠れする。

人間ゆえの心の動きが、
繰り返す歴史の中で、
少しずつ学んでいくように。

ただの死が、あるべく命とでもいうように。

でも、やっぱり
ひとりひとりにとっては、
それひとつだから、
長い歴史のための犠牲には
なりたくないのが正直な気持ちだよね。
戦争反対!!


参戦した、6月26日のジャパンプレミアで、
すっかり彼の人間性に惚れこんでしまった
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
ダグ・リーマン監督!!!
映画冒頭から、ダグ監督の“遊び心”がすごい表れていて、
即行ニヤニヤしてしまった。
だって、異様なブザー音というか、
音響設備の障害??と思うような重低音が流れるんだもん!!キャーキャー!
オープニングでテンション上がっているもんだから、
テンポよく展開していく序盤・中盤には
気分が高揚しまくってしまって、本当に楽しくて楽しくて仕方なかった!!

ボン・アイデンティティー』以降は、
彼が関わった映画は一応全部観てるんだなぁ。
そう考えると、まだ作品数は少ない方かもしれないね。
(49歳だし、これからかな。)
フェア・ゲーム』から4年経って、
久々の、監督作品が本作。

観た中では、『フェア・ゲーム』は特殊で、
ダグ監督作品のイメージとは違った、社会派作品だった。
それ以外は、エンターテイメント要素の高い、
冴え冴えするようなアクション映画が多い。

そして本作を観て思ったことは、
ダグ監督のアクション、大好物!!ってこと。

続編の話はすっかりお流れ??な『ジャンパー』。
伏線を収集しきれなかった状態で終わってるけど、
でも映像観は最高にクールだった
ジャンパーたちが瞬間移動する時の、
音響と映像が小気味良すぎる。
映画が公開されてた時から数えると、早6年くらい経ったわけだけど、
延々『ジャンパー』『ジャンパー』言ってるのは
やっぱりその映像観が理由だと思う。

本作では敵(ギタイ)の、ワイヤーのような攻撃(音)、
しかも目で追えないような速さ、
さらにデラデラヂカヂカした特殊効果、
気味が悪くてサイテーでサイコーだった・・・!

とはいえ、実際にそうした特殊効果や
画面編集を担当したのは『ジャンパー』の
特殊効果や編集技術とは別の人なので、
一概に共通性を見出すことはできないのだけれど、
でも“監督の好み”が、観客のハートをつかんでいるのは間違いない。
「あなたの作品が大好きです!」って、
本人に伝えることができたのが、私の誇り


さて。個人的にかなり注目しているのが、
本作の重要な映像観を担っている映像編集

編集技師ジェームズ・ハーバートが手掛けてきた作品は、
どれも映像的ツボを突かれている!!
ガイ・リッチー監督作品と親(ちか)しくて、
リボルバー』(共作)、『ロックンローラ』、『シャーロック・ホームズ』、
シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』で編集を担当。
映画の映像はやっぱり監督の采配が大きいけれど、
大まかにまとめ、切り貼りして詰めていくのは、編集技師の作業。
(監督が兼任する場合もあるけどね:『ゼロ・グラビティ』等)

映画総集編2012で、映像賞を授与した『~シャドウ・ゲーム』も、
今思えば、映像の編集力の意味で太鼓判を押したに等しい。

そんなジェームズ・ハーバートは、本作でもやってくれました
“死ぬ”直前までを克明に描いて、
絶妙なタイミングで“生き返る”。

何度何度も繰り返しているのに、まったく飽きないのは、
その編集力の絶妙さだと思う。

またこれ、欲しいところに、
登場人物の表情を、パッと映すんだなぁ。
まるでロン・ハワード監督作品のように、
セリフのないところで、心情があふれ出す
本当に良い仕事をしていたよ!!!
彼がこの映画の面白いところを、
一任していたと言っても過言じゃない。

あとこれは、根気よく撮りまくった成果であるとも思う。
何度も何度も同じシーンを観ることになるんだけど、
毎回使う映像が違う。
もっと言えば、アングルさえも。
フィルム時代だったら叶わないことだけど、
たくさんたくさん撮りまくって、
たとえそれがNGシーンに繋がったとしても撮りまくって、
最終的に“使える映像”として切り貼りしてしまえば良い。
きっと膨大な映像量だったに違いない。
観客にとってはその苦労など想像に及ばないけれど、
毎回違う映像を使うことで、
同じシーンでも毎回新鮮で、
これも飽きのこない要素のひとつだった。
バンテージ・ポイント』が毎回挙げる、失敗例。
これ観ると、“別の視点”のはずなのに
同じ映像使いまくることが、どんなに飽きのくることかわかる。

しかし、
キャストもさぞ、大変だっただろう。
“今度はこのセリフ、こんな風に言ってみようかな”、
“今度はこんな風に演じてみようかな”が、許されない。
同じ日、同じシーンなのだから、一切差をつけてはならないのだ。
彼らにも根気が要った。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
でもみんなすっごいすっごい
がんばってたんだぁ

よくわからないけれど、本作はやけに、
演じてる人たち全員の懸命な演技に感銘を受けた

この特殊スーツがとにかく重そうで。
ダグ監督が、着たがらなかった理由だろうね(笑)
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
40キロもするこのスーツを身につけて、
砂浜を走るシーンは本当に堪えたらしい。
エミリー・ブラントは、そんな時に、
トム・クルーズの熱意と陽気さのおかげで乗り越えられたという。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
“トム・クルーズが出演する”ことで、
共演者は糧になり、
スタッフは尽くそうとする。
トム・クルーズの存在感たるや・・・!

トム・クルーズという人間の凄さを知った今、
彼の演ること成すこと、
すべて正解に見えてしまうほどの崇拝
具合なのだが、
ウィリアム・ケイジというキャラクターが、
“目に見えて”強くなっていくのを
トムが見事演じきっていて、感激だった

マトリックス』のネオ(キアヌ・リーヴス)みたいで、
当初は人里に現れてビクビクする野ウサギが、
空高くから俯瞰する鷹のように成っていく。
でもキアヌが演じたそれよりももっと深みがあって、
見た目はもっと若く見えるけど、
これが51歳の貫録か!!と納得。
表情が全然違う!!
体の動かし方さえも違う!!

それにしても、映画冒頭(野ウサギの頃)の方が老けて見えて、
後半(鷹)に向かうにつれて、目に力が入って、肌にツヤが出て、
若返っていくトムが不思議だったな。あの人どうなってるの。

自分ばっかりが思いを重ねていくために、
リタを見つめる瞳に、ものすごい感情を預けてきて、
観ているこっちは頭爆発しそうだった!!!
トムが演じる役は、トムが恋しても、
相手の女性が先に恋しているか、同時進行かだけど、
本作は完全にトムが先立ってるので、
こんな素敵な映画があっていいのですかと問いたくなった


エミリー・ブラントは、この映画のために体を絞りに絞っていた。
アジャストメント』でダンサーの役を演じてた時、
「その割には二の腕が・・・!」と余計なお世話な発言をした私だけど、
今回は凄まじいハードワークをこなしたようで、
ものすごくスタイルがよくて、カッコよすぎた!!
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
彼女を観るたび観るたび好感度が高まってく!!!
濡れた声とイギリス英語が本当に素敵で、
彼女の演技力もあってこそ、
この映画のリアリティだったなって思う。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
リタとケイジの心の動かし方はとても自然で、
その上、トムとエミリーの相性が抜群で、
うっとりしてしまった
もし2人がトムとエミリーが互いに結婚していなかったら、
『ジャンパー』や『Mr.&Mrs.スミス』(諦め←)のように、
素敵なカップルが生まれていたかもしれないね
(トムは今バツ3でフリー。)

その他、出演者もよかった!

ビル・パクストンが最近良い感じのところに出てくるね!!!
デンゼル・ワシントンマーク・ウォールバーグ共演の
2ガンズ』でも素晴らしい悪役として登場するけど、
ビル(下写真右)のように優しい顔とは対照的な性格を演じると面白い!
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
隣のグリフ役キック・ガリーっていう俳優さんも、なんかかわいかったな。
ウォシャウスキー兄弟の『スピード・レーサー』観ようかなぁ。
モーリッツ・ブライプトロイも出演しているんだよね??


ブレンダン・グリーソンの出演も嬉しかったなぁ!
軍人の割にはアレな体系だけど、
前線離れればこんなもんかな・・・??
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
トムが小さいこともあるけど、ブレンダンの190センチ近い身長は
ものすごく威圧感があって、彼も優しい顔つきだけど、
ちょっと恐い役を演じたりすると面白い

太っちょのキンメルを演じた、トニー・ウェイって、
エドガー・ライト監督、サイモン・ペッグニック・フロスト出演の、
ドラマ『SPACED』に出てた少年だよね???


この映画は、私はまだ原作を読んでいないために判然としないけれど、
やっぱり原作ありきの作品だよね?(と思いたい。)
とはいえ、映画の原題は、
あえて原作通り『All You Need Is Kill』にしなかったのは、
原作に着想を得て、別物にしてます、という感じなのかな。
映画化においては、原作者も“原作を読みこんで解釈している”と
納得している内容のようだけどね。

いずれにしても、すっごいうまい脚色だった!!!
それだけはわかる!原作を読んでいなくても!!
きっと、原作ではもっともっと描かれていた部分も、
映像化するにあたっていろんな要素を削除しなければならなかったと思う。
ただ、そのチョイスが非常に上手かったし、
ラスト含めてセリフ以上に物語る“余韻”が素晴らしかったし、
これはジェームズ・ハーバートの編集力にもかかわる部分だけど、
ループ的な展開を時にはしつこいくらい繰り返して、
ケイジにかかる精神的な苦痛を表して、
しかしある程度のところまでいったら、
(既に何度も経験しているのに)観客には初めての展開を見せるとかして、
脚本としても、飽きさせない工夫が凝らされていた。

時間の積み重ねを、トムの演技だけで見せることだってできる。
その、重要要素の、切り捨ての上手さが、
これだけのテンポを生んだし、
かといえばけして“語られないすぎない”難しさもないから、
脳には非常に気持ち良い、頭の使わせ方だった!

で、その脚本を務めたのが、
ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞を受賞した、
クリストファー・マッカリー
トム・クルーズとは『ワルキューレ』以来親(ちか)しい感じで、
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』や
アウトロー』でも脚本を執筆。
『ミッション:インポッシブル』の5作目も手掛ける予定なんだね!

そしてジェズ・バターワースジョン=ヘンリー・バターワースの2人も、
本作で脚本担当として名を連ねている。
ダグ監督の『フェア・ゲーム』でも手掛けている2人で、
きっと監督にその腕を認められての再起用なんだろうな!


音楽は、クリストフ・ベック
ハングオーバー!シリーズや、『デュー・デート』の
トッド・フィリップス監督作品等に起用されている作曲家。
最近では『アナと雪の女王』で有名。
ダグ・リーマン監督作品なら!!!と、
ジョン・パウエルの起用を期待したけれど、今回は叶わなかったか~。
テイスト的には、クリストフで良かったと思うけどね!!
映画を盛り立てる、重みたっぷりの音楽だった!!!
サントラの視聴は→コチラ

あと、主題歌がものすごくよかった!!

John Newmanの『Love Me Again』。
エンディングに流れるわけだけど、
この映画のイメージとすっごく合う上、
映画の結末と、作品のデキ具合の感激を
さらに上げるようなアップテンポな選曲で、これも絶妙だ!!


長くなったけど、
最後、ケイジとリタのことを語って
終わりにするよ!!

公開終了間際に滑り込みで観に行ったけど、
本当に映画館へ観に行って良かった!!
本当に良かった!!

間違いなく、ウマい作品なので観てほしい!!

冒頭でラブストーリーとは言ったけれど、
濃厚なアクションSFサスペンスっていう大枠の中で、
光り輝くラブストーリーがたまらんので、前言撤回しないよ!


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
------

! 以下ネタバレあり !






何度も何度も
君を失って。

君の終着点を知ってしまって。
次こそ未来を変えたくて。

君と同じ日を何度も生きることで、
誰よりも君が愛しくなる。

おーる・ゆー・にーど・いず・きる
それでも、君と会うたび、
いつでも「はじめまして」

恋人が記憶を失くしてしまう、
ないしは記憶が蓄積できないといった
悲劇の恋愛映画はよくある。
それとはまた一線を画す。

リタにとっては、どんなに思いを寄せられても、
それに応えるだけの時間を経過していない。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
でも、ケイジが自分に思いを寄せていることは
どうしたってわかってしまう。

ケイジは無理に関係を押しつけたりしない。
でも、リタへの思いは、語らずも抑えられない。
彼女を見つめる瞳が、すべてを物語ってしまう。
リタを知り尽くしているからこそ、
彼女へ最善の接し方だってできてしまう。

だから、リタがケイジに恋することは、あまりに自然。

それでも状況が状況だけに、
2人が一緒にいられる時間は少ない。


ケイジとリタは、戦いに勝利するためにどうすればいいか、
作戦を何度も何度も練る。
おーる・ゆー・にーど・いず・きる
そしてケイジはそのたびに、
リタとは違った感情が大きくなる。
「彼女ともっと一緒にいたい」。
何度も何度も彼女を失って、
2人の未来を手に入れることができない悲しみ。
その切なさが、ラブストーリーとして最高品質なのだ。


だからこそ、ラストシーンが素晴らしい。
戦いが終わって、
リタにもう一度会う。
「やっと、君との未来が始まる」。
あの、ケイジの笑顔!ケイジの笑顔!!
最高じゃないですか!!!
このラストに、脚本の上手さが濃縮されているよ!!!!

うああああああ
今すぐにでも
もう一度観たい!!!



いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





はじめまして!
オールユーニードイズキル大好きです!
素晴らしい映画レビューありがとうございます。

面白かった映画の素晴らしさを
言葉で伝えるのって難しいことだと
思うのですが
的確すぎて頷くばかりです
深く共感いたしました!

「薄汚い寄生虫野郎でウジ虫な脱走兵」の
ビルケイジは
卑怯で
浅はかで
惨めで
出会う人すべてから
蔑まれる「心も態度も表情」も
みすぼらしい口先男

「ヴェルダンの女神」リタに
ゲスなセクハラかましてぶっとばされる

最低野郎ですが

リタを救いたいと強く願いはじめて
逞しく頼もしく
カッコよくなっていきましたよね!

訓練とループパワーで
強くなるケイジを頼りはじめても
心は閉ざしたままのリタが
徐々に優しい表情見せはじめるところも
美しかったです!

こちらでレビュー拝読してもう一度
見たくなりました!まだ上映館あるみたいなので
今週中に絶対見てみたいと思います!

失礼します!








【2014/08/25 03:01】 URL | 紅茶隊長 #-[ 編集]

>紅茶隊長 さん

こんばんは!はじめまして!!
コメントありがとうございます!!!(^^)

何が嬉しいって、こうして書いたものに対して
共感していただけることです!!!

リタとケイジの関係性、
素晴らしかったですよね!!
またそれを演じるトムとエミリーが
とっても好感持てる演技で
見ていて本当に楽しかったです!!!

もう1回観れましたでしょうか??
私もまた映画館で観れたらなぁと思います。
きっとリリースされたらBlu-ray、
買ってしまうでしょう!(≧∀≦)

また遊びにきてくださいませ☆
【2014/08/27 00:11】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは!

観てきました!
なるはさんのおっしゃる
「最強のラブストーリー」宣言
全くその通りだと思います~♪

最終決戦前
傷ついてボロボロの
ケイジとリタのシーン・・

「あなたの事もっと知れたらよかった・・」
って切なすぎます!

想いを吐露するやいなや
敵に向かって駆け出すリタの
後ろ姿が可憐なこと!


民家の納屋で怪我の手あて受ける
シーンも印象的でした!

ストーブにあたりながら
不自然な提案をするケイジと
退けようとするリタのやりとりが
可愛らしくて・・!

このシーンの時点で
兵士としての戦闘力は完全にリタを
上回ってるケイジですが

膝をついてコーヒー入れてあげたり
ちょっとやりすぎなくらい
リタをたててあげてる
ケイジの不器用さも微笑ましかったですね~


(※どうでもいいことですが
治療中リタの椅子にかかる
ブランケットの柄と素材にホッコリ!
治療前にケイジが敷いて
あげたんでしょうね
ケイジったら優しすぎるー!)

現在都内で上映してる劇場も金曜日までで
終了ですが
来週以降もどこかで上映していたら
観に行きたいくらいです!

なるはさんのレビュー
これからも楽しみにしています

また立ち寄らせてくださいませ(*^^*)

失礼します(^-^)






【2014/08/28 06:22】 URL | 紅茶隊長 #-[ 編集]

>>紅茶隊長 さん

こんばんは!!
またのコメントありがとうございます!

映画館に間に合ったのですね!(^^)

納屋のシーン良いですよね。
観客も、既に何度もそこへ
ケイジが行き着いたことを知らないからこそ、
非常に効果的なシーンだったと思います!
これまでケイジの目線で観ていたのに、
いつの間にかリタの目線に変わっていて・・・。

"その考えは間違ってる、君は死ぬ”なんて言われても、
リタだってプライドも経験もあるから
簡単に「はいそうですね」とは言えないところが
またなんともオツなシーンですよね!!

既に、リタへの最善の対応を知っているケイジ。
何度も彼女を失って本当につらかったのでしょう。
"残りわずかな時間”を、彼女が快適に過ごせるようにと、
紅茶隊長さんがおっしゃる通り、ブランケットを敷いたのかもしれません。


上映映画館、ぜひ探して、
また参戦してみてください!!
私はソフト化を待ちます♪♪

またいらしてくださいませ(≧∀≦)
【2014/08/30 23:48】 URL | なるは #-[ 編集]

お久しぶりです。

僕もこの映画はすごく面白かったです。

女戦士エミリーが凄くかっこかわいい。(彼女に失礼な表現かも...)

それにしてもトムって一時期、自分だけかっこよく見せようとするエゴスターなんて言われ方してましたが、実際はその逆で、共演者をものすごく引き立てる人ですよね。

「ラストサムライ」ではケンワタナベ
「コラテラル」ではジェイミー・フォックスがそれぞれオスカーノミネートされましたし「ザ・エージェント」のCグッデングJr(この人、最近見かけないな)は受賞もしました。
もちろん彼ら自身の才能でもありますが、彼らの演技を受け止めて、呼応したのはトムなのですから。凄いことだと思います

>ジョン・パウエルの起用を期待したけれど、今回は叶わなかったか~。

そこがほんと残念。クリストフの曲が悪いわけではなく、それだけジョンの曲が良すぎるということなんでしょうね。
最近のジョンは引退でもするのかってくらい、作品が少なかったけど
今年の秋に公開するピーター・パンの映画に参加したり、徐々に仕事増やしてるようですね。

話は変わりますが映画音楽家の大先輩ジェームズ・ホーナーの突然の訃報はショックでした、悲しいです

【2015/07/03 00:16】 URL | バーンズ #-[ 編集]

>>バーンズ さん

こんにちは!お久しぶりです!
コメントありがとうございます!(^∀^)

おもしろかったですよね~~!!
先日WOWOWで放送してたので
改めて私も観たのですが、「やっぱいいな!」と。
エミリーのかっこかわいさ、本当に憧れます!!


>自分だけかっこよく見せようとする
>エゴスターなんて言われ方してました

私自身も彼にそんなイメージを勝手に持っていたのですが、
撮影に臨む姿勢とか、
自分だけの気持ちを優先せずに
スタッフ含めみんなで頑張っていこうと士気を上げるところとか、
エゴばっかりの人にはできないなって。

共演者の演技が評価されることは、
ある意味でアカデミー賞会員の嫌がらせ?なんて
思うこともありますが、
実際はトムが演技しやすい雰囲気を作ったり、
トムの完璧主義具合が、
共演者の底力を引き出すんでしょうね!!


ジョン・パウエルの音楽、久々に聞きたいですね!
ピーター・パンチェックします!!


そして本当に、ジェームズ・ホーナーの突然の死は
あまりにショックでショックで・・・。
名曲を数多く生み、私自身も小さい頃から彼の音楽を知っていただけに、
(それだけ記憶に残っている)
残念でなりません・・・(><)
【2015/07/05 11:04】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.