ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きっと、想いのぶんだけ、おいしい。

しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました

シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を観た!
原題:『CHEF

ロサンゼルスのレストランで料理長を務めるカール。
彼は店で出す料理に、人生を込める。
しかし注目を集める料理批評家のブログで
コテンパンに叩かれてしまう。
歯車が狂っていく。
そして振り返る。
何のために、自分は料理を愛するのか?

これはシェフの話で、
フードトラックを始めた話がすべてじゃない
そこを突っ込みつつ(それは邦題の所為)、
善き人にあふれた
優しい気持ち
になれる作品!
アイアンマン』の監督、ジョン・ファヴローってば
意外に手堅いじゃん!!な1本

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

邦題の所為で、この映画の重心がズレてしまったのが残念。
物語の配分は、フードトラックがメインじゃない。
やっぱりこのあたり、もうちょっと配慮して邦題はつけてもらいたいところ。


と、批評すれば、
当然誰かが傷つくはずで、怒りや同情も買うだろう。
一介の映画ブロガーが、うだうだ書く分には
興行収入に大した影響力は無いけれど、
映画を観る前に読んだ人にとっては
何かしら作品に先入観を持たせるし、
映画を観た後に読んだ人にとっては、
何しかしら作品の後味を変えてしまう可能性もある。

その責任を、私自身とれるのか?と尋ねられると、
「とれません」としか言えない。

自分の感想は自分の感想なんだからいーじゃんと思うけれど、
商品になんでもかんでも「食べられません」と
注意書きしなければならないと一緒で、
“あくまで個人の感想です”とブログに掲げていなければ
無責任になってしまうんだろうか。

表現の自由を盾に、物事を批判すれば、
火に油を注ぐような事態だって起こりうる。

かといって、「いいものはいい」「わるいものはわるい」と、
良し悪しを語りたくなるのも、抗えない欲。
それによって、芸術とか社会とか、
淘汰されていくもの、と思う部分もあるし。

とはいえ、表現の場や方法が増えたことによって、
見境なくなったり、過剰だったり、
過大解釈されたり、驚異的に拡散されたりするから、
なんとも“表現”のコントロールが難しくなってきている。
twitter等のSNSのパンデミック具合。
真実じゃないことも、真実のようになってしまう恐ろしさ。

なんでこんなことを、この映画レポで語るのかというと、
ジョン・ファヴローの「俺たちだって一生懸命つくってるんだぞ!」っていう
根底の根底の根底にある想いが伝わってきたから。
しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました
彼においては、批判よりも高評価の方が断然多いとは思うのだけれど、
それでも痛い思いをいっぱいしてきたんだろうね。

でも、例えば「お父さん、毎日働いてくれてありがとう」、
「お母さん、おいしいご飯をありがとう」という気持ちと、
「ファヴロー、映画をつくってくれてありがとう」という気持ちは同格じゃない。
観客にとって、その苦労は知る由もないし、
(私は知りたいけど)ほとんどの人は「そんなん知るか」だと思う。
それがお客さん。

お金払って観てみて、
期待より低ければ文句言うし、
期待より高ければ評価するしで、
そこは受け止めてつくってほしいところだよね。
批判したくて観てるわけじゃないんだし。
(そういうモノ好きも、世の中にはいるだろうけど。)
あと、その頑張り自体を否定している人は少ないと思う。

そうであっても、
たまには、作り手も観客を批評したい。
しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました
そういう想いが、込められていたんだろうなぁ。


カールは料理人。
その腕に、仲間たちがついてくる。
その味に、客がついてくる。
しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました
彼の人生、すべてがうまくいっているわけではなかったが、
料理には誇りを持っていた。間違いがなかった。
だからこそ、納得のいく人たちに、納得のいく評価をされたい。

でも、気づいた。

自分はなぜ、料理が好きなのか。
誰かの評価を必要としない、
もっと大切なこと。



さて、私が本作を観た理由は、
ジョン・ファヴローへの期待ではなく
本作にロバート・ダウニー・Jr.
お呼ばれしているから
客寄せのためもあって予告編でばっちり顔は出しているけど、
画像を探すとなるとスチルがなくて若干カメオ出演的だったのかな~。
購入したパンフレットにも一切写真が載ってなくて残念

職権乱用だぞーー!!って言いたくなるほど、
チョイ役にロバダニを起用するファヴロー。
でも時間をかけて役作りするほどじゃないから(だって登場シーンは15分程度)、
すっごく肩の力が抜けた演技で、観ていて楽しかった
アドリブに近いような間というか、小言というか。
気のおけるファヴローとの共演だから、自由というか。

やっぱり役が大きければ大きいほど、
ひょうひょうとやってのけてるようで、重圧はあるんだと思うんだ。
たまにはこういう作品で、のんびり出演したいだろうなぁって。
いくらでも遊べるもんね。ロバダニ楽しそうだった!!


ファヴローの、もともとも料理の腕前を知らないのだけれど。
この映画のためにかなり練習はしたはずだ。
しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました
いつのまにやら、どこかのマスコットキャラのように太ってしまったファヴロー。
『アイアンマン』で、その名がドカンっと知れ渡った当時は、もう少し小さかったよ。

でもいざ、料理のシーンになると、
その器用で繊細で手際がいいのに、
適度に大盤振る舞いな腕前。
「ぬううううううファヴロー素敵やん・・・」
納得のいかない気持ちであふれる(←)。
映し方や効果音もあって、匂いまで香り立つけれど、
結局は出来上がった料理自体ではなく、
作られていくその過程にドキドキしてるんだ。
なんでもプロの手つきは魅力的。

料理の上手い人は、どう考えても頭がいい。
囲碁のように、先の先を読んでいる。
慣れた人は、それが当然の思考回路。
無意識なる手さばきが、キュンとさせるんだなぁ!


そしてさらなる相乗効果。
しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました
この映画を観ていると、料理がしたくなる!
片付け面倒だなぁとか、作る時間もったいないなぁとか、
マイナス思考だと全然はかどらないし、やる気も起きない。

でもこうして、“作る楽しさ”を体感すると、
料理という結果じゃなくて、その過程に魅力を覚える。
うちのお姉ちゃんもそうだけど、
料理のプロフェッショナルは
そもそも料理をするのが楽しい人
なんだよね。

ファヴローもこの作品に
映画と料理の共通点を見出している。
ついついその結果(評価)ばかり追い求めてしまうけれど、
なんだかんだ、作っている過程が楽しいんだ、と。
そしてそれは、映画や料理だけでじゃなくて、
仕事や、ひいては人生においてもそうなんじゃないかなって。
恋愛においては、片思いが楽しいのと同じ!?
結果がほしくなるけど、一番楽しいのは過程だよね~!


その他、スカーレット・ヨハンソンや、ダスティン・ホフマン
オリヴァー・プラットジョン・レグイザモも出演。
ファヴローが監督・脚本ってだけで、
今やこれだけ集まってくるんだ。
インディーズ作品に立ち戻るつもりでも。

スカーレット・ヨハンソンが、出演作品によっては
いただけないヘアスタイルだったりでがっかりすることがよくある。
ファッションとかにあんま興味ない私でさえ気になるくらい、ピンキリ。
(例:『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』)
本作もそんな雰囲気漂っていたんだけど、
結果的に、キュートな役柄で、凄く魅力的だった!!
しぇふ みつぼしふーどとらっくはじめました
目配せ方とか艶めかしくて、
なんか勉強になった!(頑張れ自分!←)


なんだか、感情の起伏がおこらない、
常に安定のほんわかという、良い感じの映画だった。
ファヴローの人柄が出ているんだろうか。
上手にまとめた、良作だったなぁ!
テンポもなかなかよくて、笑顔になれる作品。オススメ!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるはさん、お早うございます

クイックムッシュ(orキューバサンド)作ってみました?(笑)
これ観た人の多くがチャレンジしたみたい。
僕もやってみたけど、味はともかく見た目が・・・(汗)

職権乱用!〉
オッサンとは言え、男から見ると、
女優二人に異議あり!
オヤジの妄想にも程がある。(笑)

テンボと音楽で見せてく楽しい作品。
只、音楽で流しすぎな気はしました。
【2015/04/02 08:32】 URL | 鉦鼓亭 #AM34sMcQ[ 編集]

>鉦鼓亭 さん

おはようございます!
お久しぶりです!
コメントありがとうございます!!

まだ作ってません~~!
もう早速実行されたんですね~~!!
見た目はきっといくらでも改善できますからね(笑)


わかります!!あまりに綺麗な女優を起用しすぎ!
でも料理の才能があると、コロっといってしまう女性も多いのかな~と思いつつ。
職権乱用は乱用なんですけど、
ラブラブなシーンは少なめだったので好感度高かったです(^∀^)
【2015/04/04 09:58】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。