ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
年の功より人の相。

まい・いんたーん

マイ・インターン』を観た!
原題:『THE INTERN

仕事も定年を迎え、妻も亡くし、
残りの人生を自由に満喫するベン。

しかしそのつもりが、
どこか虚しさがつのるばかり。
誰かと関わりたい。誰かの力になりたい。

ベンは、シニアインターン枠に応募。
見事、ベンチャー企業である
ファッションサイト運営会社に採用された。

経営者であり、一児の母であるジュールズの下で
働くことになったベン。
ジュールズには転機が訪れていた。


インターンがシニア世代!
まい・いんたーん
という、設定ありきの映画!

ベンは清潔感も協調性もある。
気がきくし、“年齢”やキャリアを肩書きにしないし、
パソコンは苦手だけど覚えようとする。

これはけして、
シニア世代への朗報映画!ではない。
完全に、ベンの人柄で勝ち得たものである。
年の功とばかり言ってられないのが現実。
お年寄りでも、謙虚さとやる気が必要なのだ。
お互い人間だもの。

とはいえ、シニア世代の言葉だからこそ、
若者や現役世代が謙虚になれることもある。
同年代や年上の上司に言われたってピンとこないことも、
叱られるのではなく、諭されるのであれば、
「そういうものかもしれない」と素直になれる。

どちらにとっても、
互いに寄り添い合えば、協力しあえば、
必ずプラスになる。
甘々ウェルカムな社風でも、
役立たずと決めつける社風でもだめなのだ。
必要とし合うことに意味がある。
これは家族でも友達でも恋人でも共通すること。


個人的に不安だったことは、
アン・ハサウェイが演じるジュールズが
プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープが演じた
鬼上司とイメージがかぶること。
それを辛うじてクリアしてたので、
これはこれで「ほんわかいい映画」で終われた!

正しい働き方も、家族への尽くし方も、
仕事や家庭のパートナーと
じっくり話し合いをしないことにはわからないことだけど、
少しは勇気づけられる作品かな?

ロバート・デ・ニーロに絡む
レネ・ルッソが唯一見ててキツかったけどね!!(笑)


他人の話をよく聞いて、
他人の目線にしっかり立てて、
他人のしてほしいことに気づける人。
それが、人の柄。勝ち得るスキル。

その気持ちが、人の相になる。


まあぶっちゃけ、ロバート・デ・ニーロ
インターンだからイインダーな映画だけど!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.