ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷戦の熱戦。

こーどねーむ U.N.C.L.E.

コードネーム U.N.C.L.E.』を観た!
原題:『THE MAN FROM U.N.C.L.E.

冷戦下の1960年代。
核兵器製造技術がある組織の手に渡り、
アメリカ(西)、ロシア(東)は秘密裏に情報を追っていた。

ドイツ、ベルリン。
誘拐されたドイツ科学者の娘が、
寂れた自動車整備工場で働いている。
敵対組織の糸口にと、
彼女に接触をはかるCIAのナポレオン・ソロ。
しかし、強靭な身体をもつ謎の男に妨害される。
その男の名は、KGBのイリヤ・クリヤキン。

切らなくても切れる間柄の東西が、利害の一致。
手を結び、国際犯罪者の阻止を画策することに。

男たちの群像劇も大の得意だが、
バディムービーももちろんお任せあれ!
あの『シャーロック・ホームズシリーズを手掛ける
ガイ・リッチー監督が60年代の人気ドラマを映画化!

ヘンリー・カヴィルアーミー・ハマーという
破格のイケメンを集めて、
そりゃもうセンス抜群のスパイ映画を作っちゃった!
絶対オススメの楽しい一品!!

最終決着は、

任務完了の後で。


本作は60年代を意識した演出を盛り込みながらも、
もたつかせない、ダサつかない撮影、コマ割り
CGはけしてクリアではないものの、
アクションの撮り方が上手いから気にならない。

小道具や衣装も、普段映画でそこまで気にしないのに、
目に入ってしまうほどの、気配り感。
ガイ・リッチー作品は衣装さんと美術さんのお仕事が毎回すごい。

物語の展開はもちろん面白いけれど、
それを装飾する粋なセリフもたまらない。

キャスティングは絶好
こーどねーむ U.N.C.L.E.
(しかしまさか男二人で“ローマの休日”かぁ。笑)
まだ駆け出しの頃は、だいこん役者も見事に映像の切り貼り等で
かっこよく見せてただけど、
監督に注目が集まることで、キャスティングもより豪華になって、
監督が欲しい“かわいさ”“かっこよさ”に応えられる
俳優たちがわんさか集まってきた。

その中で、ヘンリーとアーミーを採用するという上手さ。
もともとナポレオン・ソロ役には
トム・クルーズが挙がっていたけれど、ヘンリーに回ってきた。
結果的に大成功だよ。
画面が綺麗すぎた。

ヘンリーは『マン・オブ・スティール』のスーパーマン役として
一気に名を上げた。今後もシリーズが楽しみだ!!
ある意味スーパーマンらしい
硬派な美しい顔に惚れ惚れしたけど、
こーどねーむ U.N.C.L.E.
やっぱり本作も、綺麗な顔だな~って
サラッと女たらしなところも恐い。
眉間にシワを寄せて、
言葉数少なく口説くんだからね。


しかしそれをも凌駕するのは、アーミーくん。
こーどねーむ U.N.C.L.E.
アーミーくんに図らずも訪れる、ロマンス。
観ている方はドキドキが止まらない

ソーシャル・ネットワーク』にドカンっとインパクトを残して以来、
そのルックスとまじめさと長身と手堅い演技で、
すっかり映画界を魅了してきた。
J・エドガー』といった秀作に出つつ、
ローン・レンジャー』、『白雪姫と鏡の魔女』といった
コメディ要素の強いものにも出てきた。
とはいえ、煮るなり焼くなり、
なんでも演りきっちゃうアーミーくん。
本作もややコメディ寄りだけど、
コメディ演技をしないからこそ、映える。
アーミーくんの風格に、何一つ傷などつかない。


ガイ・リッチーの映画は、
「やっぱりか」と納得の撮り方がある。
ストレートバージョン、羽目を外すバージョン、それら中間バージョン。
複数のテイクを撮り押さえておく。
だから予告編にしか見られないカットもあるわけなんだ。

それらの多めに撮り溜めたテイクを、
全体のバランスを見ながら切り貼り。
あのリズム感の良い画面展開は、
そうして形作られてるんだと思うと、すごく好きな手法だ。

ちょっとした表情だけ拝借して、差し込んでくることもある。
↑上に貼り付けた映画予告も、まさにその寄せ集め。
イケメンたちの、ファンが“欲しい”表情を組み込む。
異様に女心がわかるガイ・リッチーが時折、奇妙だ(笑)

脚本に型どられることなく、尺も気にせず、カメラを回すから、
活きのある映画が作れるんだな!


『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』の時もそうだったけど、
戦争を予感させるようなヘビーな時代を
どう描くかも、監督の手腕にかかっているなって思う。
同じ戦闘(戦争)シーンでも、どこまで見せるかで
暴力との距離感を絶妙に保てる。

ガイ・リッチーは「そこまで映す必要はない」と分かる人。
演出として、映画の要素として必要ならそうするだろうけれど、
余計なことはしない。
スパイ映画ならスパイ映画らしく、暴力に重きを置かず、
サスペンスを重視するんだ。
スタイリッシュ感に焦点をあてるんだ。

かと思えば、悪役は上手に倒す。
毎回、正義が勝つわけではないけれど、
生きてて欲しいキャラは、生かしてくれる(ような気がする)。
ガイ・リッチー作品が好きな理由のひとつに、
「まだまだ続くよ!」感があるのが良いんだろうな。
物語の流れを作るキャラクターが死んでは
先が見えなくなるもの!


最後はダダっと他のキャストについて!

デビー役アリシア・ヴィキャンデルはかわいくて素敵だった。
主役級で女性を扱うのはガイ・リッチー映画でも珍しい方。
でも本人も言うように、女性の描き方が上手くなったかもしれない(笑)
これまではとにかく男ばかりが出てたからね。
無駄なことにヤキモキしないのも、彼の作品が好きな理由かな

ヴィクトリア役は、レオナルド・ディカプリオ主演の
華麗なるギャッツビー』に出ていたエリザベス・デビッキ
物語の舞台であったローマといえば、オードリー・ヘプバーン
それが頭にあったのか、わざとメイク等似せたのか、
エリザベスが時折、オードリーに似ていたなあと思った!

『~シャドウ・ゲーム』でホームズの宿敵、
モリアーティ教授役を務めたジャレッド・ハリス
ブリジット・ジョーンズの日記』等に出演する
ラブコメの帝王ヒュー・グラントも出ている。

あとはドイツ人も絡んでいるので、
es[エス]』で軍人役として出ていたクリスチャン・ベルケルも出てたね!


ちなみに、ヘンリー・カヴィルはイギリス人そーなんだ!
ロシア語訛り英語が光っていたアーミーくんはアメリカ人だけど、
おじいちゃんがロシア系ユダヤ人。
アリシアちゃんはスウェーデン人。
イギリス人やドイツ人も出て、国際色豊かなキャスティングだったね!
おかげでドイツ語やロシア語、いっぱい聴けた


これはBu-rayが発売されたら絶対買いたいな。
映像がとにかく小気味いいから!!

映画観た後に、旅行のために国際線に乗ったのだけど、
飛行機でもこの作品が観れて
「やっぱええな~」と1人でウハウハしてたよ
(その他に『ミニオンズ』を2回も観ちゃったんだけどね!笑)


しかしいつ、CIAやKGBらと
行動を共にするかわからないわけだから、
こーどねーむ U.N.C.L.E.
いつでも動けるように、機転が利くように、肝がすわるように、
日頃から鍛えておかなきゃ!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。