ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


命を漕ぐ。

はくげいとのたたかい

試写会にて『白鯨との闘い』を観た!
原題:『IN THE HEART OF THE SEA

鯨油が市場を動かす時代。
捕鯨船が次々と海出て、鯨漁が盛んになった。

帆船エセックス号もその一隻。
1820年、マサチューセッツ州ナンタケット島から出港した。

家柄から“船長”になかなか昇格できない
一等航海士のオーウェン・チェイスと、
代々船乗りの家柄である船長ジョージ・ポラード・Jr.との
軋轢が水面下である中、
エセックス号は目にしたことのないほどの
巨大な白い鯨に遭遇する。


人は生活のためだった。
しかしそこに欲もあった。


障ったのは生命か、逆鱗か。

実話『復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇』を原作に、
巨匠ロン・ハワードが監督を務めた本作。

冒頭、ややノロノロ感があり眠気を感じ、
加えて「鯨はまだか」と思うような間もあった。

しかしその間も映像観が凄くて、
航海や捕鯨がいかにリスクをはらんでいたが、
まざまざと見せつけられる。

日本は捕鯨の問題で世界から叩かれている。
この作品は「捕鯨ダメ」が言いたい映画ではないので、
毛嫌いせずに観てほしい。
そもそも動物を狩る、魚を穫るといった行為が、
どれほど重たいことかを知っていなければならない。
屠殺所で精肉とされる動物たちの映像を
まざまざと見せつけられなくても、命を感じることはできる。

ロン・ハワード監督の、
焦点のあて方がまたも巧妙だった。

命と命の駆け引き。人類の驕り。
当事者たちを非難することも、称賛することもない。
しかし、適宜差し込まれた登場人物たちの表情で、
私たちが何を考えなければならないのか、
その道筋をすっと計らってくれる。

また主人公と対峙させる存在をつくり、
心の衝突点、終着点を与えるのも上手さ。
もちろん設定・展開は原作ありきかもしれないけれど、
映像的にどうみせるかは、ロンハ・ビジョンの手堅さにある。


キャストは主演にクリス・ヘムズワースを迎える。
やっぱり登場するなりイケメン過ぎ長身過ぎて、
普通じゃないかっこよさなので違和感を感じてしまうが、
ロンと撮影監督アンソニー・ドッド・マントルの撮り方のおかげで、
グッと必要な演技が映像に収まってて、
クリヘムの演技力が光っていた!!
はくげいとのたたかい
クリヘムはロンハ作品『ラッシュ/プライドと友情』に続いて2度目の起用!
ロッハはラッセル・クロウとか、なんかこうイモっぽい演技(←)で
モコモコした(声の)人が映画に使いやすいのかな~!
演りすぎず、真摯な演技っていうかね。

先に撮影監督についてなんだけど、
実は人物の映し方は悪くなかったんだけど、
やたら接写する人だったのね。
接写自体も好きなんだけど、
棚のビン越しから被写体を撮影するとか、
ほとんどぼやけてるガラス越しから撮影するとか、
とにかく頻度と同じようなアングルだらけで、
ちょっとお腹いっぱい感あったな~って。

この撮り方は『ラッシュ/プライドと友情』にもあったな、と思ったら
その通りだったんだけど、
スラムドッグ$ミリオネア』や『127時間』、『トランス』等、
ダニー・ボイル監督に起用される撮影監督でもあって、
ロンハの作風に合わないといか、
現代ものならまだしも、19世紀の作品には
ちょっと“若すぎる”映し方だったな~って思った。

さすがロンハ映画だけあって、出演者も豪華。

その中で若干落ちるのが、
船長役を務めたベンジャミン・ウォーカー
リンカーン/秘密の書』っていうアクション映画の
予告編でしか彼の顔を観たことがなかった。
最初は存在感もなかったんだけど、映画を観終わる頃には
不思議と風格が漂ってるから凄いよね。
結果的に上手いキャスティングだったなって思うよ。
顔知れたクリヘムと対等の存在感が出たんだもん。

キリアン・マーフィーも出てたけど、
思ったよりは活躍度低かかったかな~?
でも、クリヘム演じるオーウェンの友人とあれば
バランスのよい配役だったね!

トム・ホランドという名前をどっかで・・・
そして映画を観ながらこの青年どこかで・・・
やっぱりスマトラ沖の津波を描いた『インポッシブル』で
ナオミ・ワッツの長男役を務めた少年だった!
彼も当初は普通の青年って印象だったけど、
後半になっていい雰囲気だったな。
でも『インポッシブル』での演技が断然上手いので観て欲しい。


ブレンダン・グリーソンも出てたね~!!
映画レポでも随分名前が挙がってるので、
出演作がガバーッと増えているブレンダンだけど
(ブレンダン・グリーソンで→ブログ内検索)、
彼が出るとその演技で映画が安定するんだよな~。

とはいえ彼と共演するのは基本、ベン・ウィショーなので、
安定もなにも、2人でバランスの良い演技になっただけであって、
“語り部”としてはあまりに豪華なキャスティングで
もったいないくらいだった!!

ベン・ウィショーが語り始めると、
なんだか『クラウド アトラス』を思い出しちゃうなあ

シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』で
モリアーティ教授の右腕のセバスチャン・モラン役を演じた
ポール・アンダーソンが出ているとは気づかなかった。
ネットでも写真少ないんだけど、
『~シャドウ・ゲーム』でもっさりこさえてたヒゲがないから
イメージが全然違う。言われてみれば目や鼻がそうなんだけど。


音楽が、ハンス・ジマーじゃなかった
映画観てて、それっぽい雰囲気を出してるんだけど、
やっぱりハンスじゃないな~って。
スペイン人の作曲家、 ロケ・バニョスだそうな。
白鯨が迫ってくる時の音楽とか、結構好きだったな~!!
サントラの視聴は→コチラ


しかし、あの時代の、帆船技術で、
生活のために海へと出て行く男たち。

勇気以上のものを振り絞らなければ、
やりきれなかっただろう。
この映画は鯨との闘いだけがメインではない。
だからこそ、原題を使って
邦題は『ハート・オブ・シー』とかにすれば良かったんだけど。
『白鯨との闘い』なんて、寒すぎるでしょう・・・。

時代考証もしっかりしている印象。
映像で航海を体感できるし、こういう映画の必要性が伝わる。
最後の最後のセリフとかも、凄く感慨深い。
鯨油を死ぬ気で搾ってきた歴史、再び黒く塗られる歴史。
文明の発達とともに、「なんだろうなぁ人間って」と物悲しくなる。

日本公開は2016年1月16日から。
大スクリーンで観るからこそ、殊に価値があるよ!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。