ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
真実を語る資質。

スノーデン

スノーデン』を観た。
原題:SNOWDEN

ロシアに亡命中の、エドワード・スノーデン。
元CIAにして、母国アメリカ当局から指名手配されている。

彼の生い立ちは、実状と相反するものだ。

国を守るために、米国軍の入隊を強く志願したスノーデンは、
意志半ばでケガによる除隊をするも、
学生時代に学んだコンピューターに関する知識が評価され、
国家安全保障局よりスカウトされる。
そしてのちに、CIAにて勤務をするようになる。
全ては、愛するアメリカのためだった。

しかし、全ては裏切られた。
国家のセキュリティは、人道を逸脱することで保たれていたのだ。

権力は横暴に。

権利は侵害に。

(予告編は、実話といえどもネタバレが凄いので本編をまず観ることをオススメします。)

今やインターネットを介せば、無数の情報に繋がる時代。
SNSはもちろん、個人のスマートフォンや
世界中の「カメラ」にアクセスすれば、個人は丸裸だ。

スノーデンの頭に疑問が浮かぶ。
個人の権利や情報を守れなくて、
一体、国民の何を守るというのか。

スノーデンの胸は怒りで燃える。
どんな権力をもってしても、
政府には超えてはいけないパーソナルスペースがある。
個人のすべての情報にアクセスできることを、
なぜ国民に開示していないのか。



スノーデンの怒りは、単純である。
けして悪い意味ではなく、誰もが理解できる「怒り」であるということ。

人が怒りを覚えることは、
「知らないうちに裏切られていたこと」を知ること
知って許可すれば納得できることでも、
知らずに遂行されれば理解できないものだ。


日本は今、「テロ等準備罪」という看板を掲げた
『共謀罪』(組織的な犯罪の共謀の罪)の新設是非に揺れている。

“日本は”と言いつつも、
たいして事の重大さを意識していない国民がほとんどであると思う。
私もそうだ。

よく耳にするのは、
「あなたの使っているスマートフォンの情報を
国が閲覧できるようになる」という、人権侵害を訴えるもの。
スノーデンが怒り狂ったポイントだ。

でも一方で、
インターネットなどの技術の普及・進化により、
テロ犯罪の実行が容易になった背景もあるのではないかと思う。
つまり、「テロ等準備罪」の新設を認めなければ、
国の安全を・・・2020年にオリンピック&パラリンピックを控える日本を、
テロから守れないのではないかと、疑わずにはいられない。

世界から注目される2020年に、
日本は格好の標的になる、と言えなくない。

だから、「国が個人の情報を盗み見ますよ」とちゃんと公言してくれれば、
いたしかたないのかな、と思えてくるわけだ。
使い道のルールをちゃんと守ってくれればね、と。

でも先日、民進党の山尾しおり国民運動局長や、
枝野幸男「共謀罪」対策本部長の街頭演説を聞いて、
「テロ等準備罪」というキャッチコピーがついた
共謀罪を補える法律はもう既に存在していること、
あとはテロへの捜査力を高めて、予算を上げることが大切だということ、
過去に3度も棄却された法案なのに、
「成立しないとオリンピック&パラリンピックができない」と首相が言い張っていることを知って、
頭がこんがらがってきた。

これは、安全・安心のための最善策なのか?
国の裏切りなのか?


個人のきのこ狩りは犯罪で、アワビ捕りは合法である「共謀罪」と聞いて、
もはや一体何のための法律なのかも、
何にもめているのかもわからなくなった。
なんとか廃案に持ち込もうとしている、
力を示そうとしている、政治家の印象操作かもしれないとか・・・。
疑いだしたらきりがない。

そして、どんなに某国がミサイルをこさえようとも、
アメリカと韓国が軍事訓練を行ってジリジリしようとも、
危険なところに住んでいる日本人である自分は、
いつもどおり働いて、食べて、寝ているだけ。

つまり、「もうどうしようもない感」ばかり。
政治に無関心なのではなく、
政治家が結局全部決めてしまうんでしょう?というような、
諦めとも、人任せとも言えない思いで、気持ち悪くなる。


一方で、スノーデンはある意味では当事者だった。
すべての情報を閲覧できる、資格があった。

しかしそれでも、雇われの身。
「NO」と言って、それに順ずる組織はいない。
そして、スノーデンは、今に至る。


しかし、これほど大きな事態が、
思ったよりも小さく収束しているように思える。
相変わらず、みんな自由気ままににSNSを使っているし、
誰もPCやスマートフォンを手放そうとしない。

一体、この事件はなんだったのだろう。
トランプ大統領の就任で、
よりオバマ元大統領の株が上がっているが、
そのオバマさんすら、「諜報機関を持つ国ならどの国でもやっていること」と言う。

つまり、知らないなら知らないで、ある意味、人は幸せだし、
知らないけれど「そうなんじゃないか」とぼんやり考えるし、
知りたくなかった現実を知らされて勘弁ならんという場合もある。


この映画を観て、スノーデンは、
ただ、自分の力を過信し、
必要とされること、認められることに注力する人物なのでは
、と
思えなくもなかった。
もちろん、事実こうしたことがあると、
世界中に問題提起してくれたことには感謝するが。

これも先日、NHKの『ガッテン!』で特集されていたことだけど、
目は、多すぎる情報を精査しようと、極端に視界を狭めるらしい。
そうして、判断力が鈍ったり、見える範囲のものが見えなくなったりする。

バランスのとれた政治も、平和も、考えも、
保つことがそもそも本能的に難しくて、
人類全員で妥協することが大切なのかなって思う。
そしてそんなことは、無理に等しいのかなと、
あと一ヶ月で30歳になる私は、妥協するのである。



さて、映画自体についてちゃんとレポートすると、
普通な作品だった。
演出や見せ方が殊にうまいわけではない。

残念なまでに一過性とはいえ、
センセーショナルな事件ではあったから、
俳優たちの興味・関心も高く、キャスティングはそこそこ豪華。
とはいえ、ややそれゆえに、安っぽさも出てしまったかもしれない。
スティーヴン・ソダーバーグ監督が、
マット・デイモンを出演させてしまったチェ 39歳 別れの手紙』の
モヤッと感にも似ている。


そして映画の最後に、スノーデンを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットに代わって、
エドワード・スノーデン本人が登場するんだけど、
「ほらね。目立ちたがり。」と思わずにはいられない。
亡命後、twitterを再開した理由も知りたいよ。

物事のバランスをとるためにも、
スノーデンという人間性に掘り下げた作品もあっていいと思う。
今回の映画のように、事件を描くだけに限らずね。

真実を語る資質など、誰も持ち合わせていない。
真実を知ろうとする側は、
少しずつ、「真実」を集めて、多方面から見るしかない。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.