ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人類の限度。

メッセージ

メッセージ』を観た!
原題:『ARRIVAL

突如、巨大な飛行物体が、世界各所に姿をあらわす。
それは人類にとって絶望を象徴する一方で、
「未来の可能性」とも見てとれた。

国益を優先させようと、
それぞれの国が研究者を集めて、
地球外生命体とコンタクトをはかろうと躍起になる。

選ばれたのは、言語学者のルイーズと物理学者のイアンだった。

軍が指揮する中で、ルイーズたちはアメリカ国民と、
そしてひいては人類への責任を背負いながら、
コミュニケーションをとるすべを探っていく。


人間たちの欲と恐怖が渦巻く中で、ルイーズが知ったこと。

それは、「言語」の限界。


もはや、「突如」。
ハリウッド界に姿を現しては、次々と世界を虜にしていく
カナダ出身のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。
灼熱の魂』でアカデミー外国語映画賞を受賞してからは、
毎年1本くらいのペースで次々と作品を手掛けていく。
プリズナーズ』、『複製された男』などを観たならわかる。
彼が扱う題材がなかなか悩ましいうえ、
毎回疑問も上手に残していくため、ドゥニ監督はある意味“トラブルメイカー”。
エンディングクレジットで何度、頭が混乱したことか。

SF映画を代表する名作とも呼ばれるいる
ブレードランナー2049』も、絶賛公開中。
すばらしい完成度で、演出もかなりうまかった。
これでもはや彼は、不動の地位を獲得したろう。

そんなドゥニ監督が、壮大な規模で“地球外生命体”にチャレンジ。
これまでの『複製された男』などで巨大蜘蛛が登場することもあったけれど、
ここまでザ・SF映画は初めてなのでは。

きっとその世界観だけに破綻するような作品じゃないだろうと確信し、
30歳の誕生日にぶつけて観に行ったさ。
メッセージ
ゆさぶられた、脳。

エンディングに入ると、またしばし硬直状態が続いた。
「まって、この物語、破綻していない?」と。
でもドゥニ監督は、このテでぬかる男ではない。

物語の構造、セリフを、お尻から頭まで、
逆再生しながら長考。
そして見えてきた、一光

たとえばクリストファ・ノーラン監督は、物語の可能性を大きく広げてくる。

ドゥニ監督といえば、「今までになかった知識」を広げてくる。
ありえないストーリーのようで、振り返れば世界観に放られて、納得を避けられない。


けしてアクション映画として優れている作品ではないので、
自宅鑑賞でじっくり物語にひたってほしい。
一見すると、「間違い」を覚えるような違和感なのに、
よくよく考えてみるとつじつまを合わせてくる恐怖。

こういう考え方があるんだという気づきが、最大のプレゼント。
誕生日に観れて本当によかった。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!

以下、久々のネタバレあり。

===============

人類は、言語を生み出した。

感情を、考えを、言葉にできるという強さ。
動物とは違う、優位性。

それは、記憶を定着させる役目を果たし、
コミュニケーションをより明確にはかれるようにし、
理性や精神を保つことを適えた。

言語で説明できないことは「未知」とし、
言葉にすることで「知識」とした。

でももしそれが、
概念の限界を与えていたら。


右から左、
あるいは上から下、
時には左から右へと、
規則性をもって流れていく言語。
それが人類にとって強固な「抑止」であったとしたら。

言語学者ルイーズは、地球外生命体が扱う「言語」に驚く。
円を描くただの図形に見えて、
実は法則性や奥行きがあり、一瞬で多くの情報を伝える。

それが人間に扱えるものなのか、否か。
母国語以外を扱うこともままならないのに、
コンピューターのように高度な言葉を扱えるわけがない。

そう、これが人類の壁。
言語の限界を超えた先は、未知。
「知識」として扱えない膨大な情報。
これらはすべてコンピューターに任せてしまえばいい。

そして、形式ばった規則性。
一方向に流れる言語は、時間の流れに逆らえない。


過去は過去、未来は未来でしかない、人類。
しかし、地球外生命体は、時間の概念などなかった。

もし、今ある言語という壁を人類が超えたなら、
「知識」は時間に影響されないかもしれない。

時間において未来にある事象を、
今に知る由がないと感じるのは、
言語においての限界に縛られているだけ。

一瞬において、一方向に存在するとするのは
知識に縛れているだけだった。

もはや言語という概念から抜けられない人類は、
それ以上の存在になることはありない。
言語を最大の発明としながら、
進化し続ける人類を抑制するために生み出されたのかもしれないという、
スケールの大きな“投げかけ”に、頭が痛い。

たまらんよ、このストーリー。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。