ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現在と過去。
時空が交錯。


デジャヴ


デジャヴ』を観た。

予告で、まるっきり見当違いな解釈をしていた。
極近未来サスペンス。


日本版の予告の方が良かったかな…。
予告内の曲は『ワルキューレ』と同じだね。


以下 < 途中から > ネタバレ!


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

さてさて。
デンゼル・ワシントンの新作映画ってコトで、
ハナから大注目してました、今作品。

でも、予告を観る限り、
どーもファンタジックにしか見えなぃ…。

最初、
アルマゲドン』や『パールハーバー』、
パイレーツ・オブ・カリビアン』の
ジェリー・ブラッカイマー最新作って言うから、
私てっきり"監督"のことかと思ったのね。
だから、
その挙げられた著名な作品を観て、

そっか。きっとファンタジーか。

って納得しちゃったワケさ。

実際は、彼はプロデューサーだったのです。
プロデューサーって私、
結構ノーマークでした。
監督はそれなり、
作曲家はしっかりチェックするけど、
プロデューサーまでは目がいってなかった。

けどこういった映画とか、あとドラマとかって、
監督はもちろんだけど、
プロデューサーの力で売れるか売れないかを分けるんだよね。
そのプロデューサーが目利きなら、
それだけプッシュする訳だし、
その分話題性も出て、売れると。

確かにこのプロデューサー、すごいんだわ。

私が見た中でも、
エディー・マーフィー主演、『ビバリーヒルズ・コップ』、
デンゼルも出てる『クリムゾン・タイド』、
大好き『ザ・ロック』、
ニコラス・ケイジ主演『コン・エアー』、
コレも大好き『エネミー・オブ・アメリカ』、
またもニコラス主演『60セカンズ』。
と、
ホントすごい。
私が観たのでもこんな有名なのばっかだし、
まだまだ知ってる名前の映画があるし。

海外ドラマで人気のある、
CSI: 科学捜査班』とか、
FBI 失踪者を追え!』とか、
こっちもかなり観たい。

で、
まぁ何が言いたいのかっていうと、
プロデューサーも確かにすごいけど、
トニー・スコット監督が注目すべき人物だったってコト!

さっきも挙げた、
『クリムゾン・タイド』とか『エネミー・オブ・アメリカ』はじめ、
ロバート・デ・ニーロ"狂"演『ザ・ファン』、
ブラピ出演vv『スパイ・ゲーム』と、
これまた私の好みの映画のメガフォンを取ってるわけです
あんま好きじゃないけど、
かの有名なトム・クルーズ主演『トップガン』も、そう。


まぁこれはあくまで、
映画観た後パンフレットで知った豆知識。
だからファンタジー覚悟で映画を観たのさ。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

全然違かった。


こっちが日本版と同じ構成の予告!シックな感じがステキ!

この先ネタバレだよ!


確かに科学技術はファンタジーの域だったかも。
だけど、
つじつま合わないメチャクチャさもなく、
この先ありえそうな技術だった。

それは、
過去を見ることができる監視システム
ただし、
4日と6時間前の
しかも、
巻き戻し・早送りは不可能
チャンスは一度だけ。
だけど、
視点だけは自由自在
その時間から、一点だけ。

ウマイ。この不便さがウマイ。

というのも、
あらゆる映画や本・マンガの影響で、
私たち、
過去って戻れる(存在する)と思ってない?
書物やデータとして"記録"されているから存在するけど、
良く考えてみれば、
"時間的"には存在しないんだよね。

とある友達に、
過去って消えちゃうんでしょ?
って、前に言われて、
すっごく驚いたのを覚えてる。
色んな作品に自然と洗脳されてしまってたおかげで、
そんなこと考えもしなかった。

つまりはどう考えても、
過去を見る、過去に戻るのは、
物理的に不可能
だけど、それを発明してしまった。

よって時間を歪める結果に。
しかしそれは、
"見る"だけなら問題ない。
大勢の命を奪った爆破事件の犯人を捜すには、
もってこいの技術。

現在と過去を見ながら
犯人を追跡する、デンゼル演じる ダグ 。

この追跡劇が、すっごいおもしろぃ!
尋常じゃない緊張感と、
想像を超えた展開。


おもしろすぎて、死にそうだった。 (いやホント。)

最初、なぜなぜ?が多かった。

何もかもが、
現在から考えるとありえないことばかり。

でも実は、
"そう"なることが時間的に定まっていて。

デンゼルが過去へ行って、
犯人を犯行前に捕らえ、
多くの人命を救い、
"彼女"を守ることになっていた。

だから、
"現在から考えるとありえないことばかり。"


脚本が素晴らしすぎる。
大きすぎて収集不可能になりそうなテーマなのに、
よくぞ、まとめた!

脳内でアドレナリンが放出されまくりでした。
頭をつかった展開で、
気持ちよかったです。爽快です。痛快です。

加えて音楽も良かったvvv
作ったのは、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
ちょっと前、
スパイ・ゲーム』のサントラを借りたとき
へぇ~、ハンス・ジマー氏の弟子(?)が
作ってるんだぁって感動したんですね。
というか、監修がハンス氏だったんです。
だから、
ハンス氏の"力"のおかげで名曲だと思ってました。

いやいや、
ハリー氏もすごかったぁぁぁぁっ!!!

最近では話題になった『ナルニア国物語』。
ちょっと気になってた『シュレック』の曲も。
昔友達の家で見て洗脳された(笑)『アンツ』の曲も。
エネミー・オブ・アメリカ』もサントラ借りてみよう。
そのほか見てないけど、有名作品の音楽を担ってます。

ハリー氏はまだ若そう。
作曲を手がけるようになったのも、
ここ10年内みたいです。
これは大注目な作曲家ですナ!

というワケで。
すっごくおもしろかったのです。

なにがなんでも観てっ!!!!

GOOD JOB度 ★★★★★×2 って感じ。

※いつかちゃんと書き直すかもしれない映画レポ。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。