ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みすてぃっく・りばー


ミスティック・リバー』を観た。

TSUTAYAの会員更新したので、
一作品タダになるってことで。

ホントは『ダ・ヴィンチ・コード』を
もう一回観たいなーとかも思ってたんですけどね。

けどこの作品もかなりの秀作なんで、
今のうち観ておこうということで。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=======

うちの両親が映画館に観に行って、
その感想を聞いてたんで、
あー、コレは良い作品なんだな、と。


今監督としてホントに絶頂期の
クリント・イーストウッドの作品。
(オドロキなのは、この作品の音楽も彼が…!!)

今作品は
主演男優賞(ショーン・ペン)、
助演男優賞(ティム・ロビンス)、
獲得。
公式サイト(日本版)の方は期限切れで見れないんだけど、
確か色んな部門でノミネートされてた気がする。
(この年は、あの『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が
あらゆる部門で総なめの年でした…スゲ…)


いまや予告で泣ける…!!

さて。
すごくこう…人間関係というか、
心理描写がリアルだった気がします。

ずっとずっとキリキリしてました

精神的にキツい感じの。
重いとか暗いとか、そういうんじゃなくて、
ただただ、
切ない。
儚い。


小さな町に、
小さな頃から暮らしていた3人の男性。
友達だったけど、
時を重ねるごとに離れていった。
しかしとある事件で再び、
彼らはまるで運命かのように引き合わされる。

友情が絡んでいて、
過去が足を引っ張っていて、
"大人の自分"に惑わされる。

切なかったです、ひたすら。

どこからか、いつからか、
子供は大人になることで、
事実の先にある、
もっと深い心に触れることができなくなる。
大人であるゆえの力は、
友情さえも抑えることができてしまう。

きっと子供の頃の彼らなら、
もう少し早く分かり合えたかもしれないのに。

-------------------

ショーン・ペンはウマいス、ホント。
彼の衝撃を受けた作品は『アイ・アム・サム』。
ウマすぎでビビりました。

今回はその作品とは似ても似つかぬ役柄でしたが、
カンペキですね。
なんてウマイ泣き方…!
泣き"方"じゃないね、泣いてました。

ティム・ロビンスも良かった。
あれはツラい役どころでしたねー。
彼は…名前聞いたことあるけど、
作品の記憶がない…。

あと良い味だったなってのは、
ケヴィン・ベーコン
初めて彼を観たのが『激流』で、
悪役イメージがガツンとあったワケですが、
なんか今作ではすっごく人柄が出ていて、
好感持てる感じでした
年取って顔つきが優しくなった気も。

あ、あと、
マトリックス』シリーズでおなじみ、
モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンも出てました。

なかなか大物ぞろいの作品。
クリントの力すかねー。


おもしろいって言うのも変だけど、
良い映画でした
登場人物に共感しやすいというか、
感情移入しやすいというか。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





ミスティック・リバー、やっと観ました!

本当に、良い映画でした;

相当打ちのめされましたけど、
俳優陣もため息が出るほど素晴らしかったです。
(今、映画の後をひいて落ち込んでいるところです笑)

昔の記事へのコメントで申し訳ありませんが、
かなり心に刺さったので、
投稿しちゃいました;
【2008/11/24 16:59】 URL | 炭酸 #-[ 編集]

>>炭酸 さん

古い記事にまでコメントありがとうございます!
大歓迎ですので、ぜひいつでも!!(笑)

古い記事を見直す機会にもなって良いです…。
今もダラダラ語りがちでまとまりない記事ばかりですが、
昔は内容がぺしゃんこというか、薄いというか。
古い記事の大規模な改装が必要になりそうです…。

ところで!
本当に良い映画ですよね!
落ち込んで、後を引くんですけど、
秀作に触れられた後の満足感もあって。
「だから映画って良いんだよなァ!」と
再確認で来ちゃうような作品だったと思います。
【2008/11/24 17:18】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。