ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校の図書館にて。

りとる・だんさー

リトル・ダンサー』。

ホントにステキな作品です。

あ~なんだか今すっごく、
満たされてる感が…


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=================

そうかー。
いつだったかこの映画の予告を観て、
「あ~、なんかよさそうな映画だなぁ」と思って、
いつか観ようと思っていたのですが、
それが7年前のことらしいです。

気になったんですよね。
男の子のバレエ。
別に偏見とかないですけど、
映画は女の子にまじって、って感じだったので。

それに予告からなんとなーく、
かわいいタッチな気がして。


あらすじをばば~っと語ると、
炭鉱ストライキを頑張る父と兄の下、
ビリーは祖母の世話をしながら、
学校通ったり、
あまりやりたくないボクシング教室に通ったり。

母は他界。
でもその生活を早くも認めて、
たんたんと、もくもくと生活していたのです。

ちょっと兄とも仲が悪くて、
こっそり兄のレコードを聴いては、
バレて怒られる…といった感じ。

そんな時、
バレエのレッスンに心が惹かれます。
彼には本能的に、
音楽と体を一体にさせる素質があったのです。


そして、
口が悪くも熱心に教えてくれる先生の指導の下、
まったくやったことのないバレエを始めます。
最初は体も硬いし、
ターンやステップもてんでダメ。

でも、バレエに対する気持ちが強いからこそ、
ビリーの技術は伸びていきます。

しかし、
父は「バレエは女がするもの」派。
認めてもらえずビリーは葛藤を繰り返します。



! 以下ネタバレ注意 !



家族愛に兄弟愛、
師弟愛に友情。


どれもこれも心理描写がうまくて、
押し付けがましくない展開で、
ホントに素直に泣いちゃいました。

親の気持ちもわかるし、
ビリーの気持ちもすっごくわかる。

とにかく私にとってタイムリーな話で、
ひたすら共感しちゃったんだなぁ

父に反対されながらも、
沸々と湧き上がるバレエへの情熱。
ついに父の前で踊ったビリーの勇気に、
すっごく力を与えられたなー

父も決して悪い人ではない。
ビリーの才能に気づいたとき、
全てを捨ててでもビリーの夢を叶えたいと思った。

「(父と兄の)俺たちには未来はない。」

でもビリーにはこれからがある。

もーこの辺大変ですよ。

わかってます。
わかってるんです。
好きなことすればするほど、
犠牲になるのは親だってこと。


バレエの先生も素晴らしい。
ビリーには無料で個人レッスン。
オーディション交通費まで出そうとしてくれた。

自分よりもビリーを第一に考える姿が、
本当にステキでした。


友達も良かった。
まさかホモだとは思っていなかったけど、
すっごく健気で純粋で、
それでいてビリーのこともよくわかっていて、
最高の友達だと思った。

ほっぺに ちゅっ は、
まじかわいーです。

「誰にも言わないで」
「言うもんか」

なーんだか優しい子たちばっかだ~


そして兄。
ビリーの旅立ちの日のバスの窓越しに、

「I miss you.」

あんなに仲悪いと思っていたのに、
良い兄弟だぁ~

この辺もえっらいこっちゃでした

でもググってきたのは、
父とビリーの関係だよね。
わからずやの父が、
まったく知らない世界を
一緒に行こうとしてくれるんだもん

--------------------

ビリー役のジェイミー・ベルの演技に、
驚きを隠せなかったです。
2000人の中から選ばれただけあって、
ダンスはもちろん、
演技も表情も全部全部最高でしたきらーん

米国アカデミー賞は主演男優賞には
ノミネートされなかったけど、
英国アカデミー賞では
最優秀主演男優を見事獲得っ
当然の偉業です。

米国のは助演女優賞で
先生役ジュリー・ウォルターズがノミネート。
あと、監督賞と脚本賞もノミネート。

確かに、
映画の作りは素晴らしかったです。
時折ビリーの心の葛藤を、
アップテンポな曲にあわせて踊って表現されたり、
やっぱり素直な心理描写が魅力的でした。

ビックリなのは、
スティーヴン・ダルドリー
今作初監督らしいです!!


父役の人は名前がわかりませーん
すっごいステキな人だったんだけどなぁ。


そして、彼らのその後。

ビリー役のジェイミーは、
もちろん今作のかわいー面影は減ってしまいましたが…
キング・コング』や
父親たちの星条旗』などの
名作に出ているようで、
おぉ!って感じです。

先生役ジュリーは、
言われてみれば『ハリー・ポッター』シリーズに
出てたなぁと。


--------------

ついでにサントラも借りちゃいました。
いくつか入れてほしかった曲がなかったりもしましたが、
選曲が良いですね、ホント。


とにかくとにかくステキな映画です。
かなり私の中でポイント高いですっ
ぜひぜひ観てみてくださいっ!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。