ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宣伝自体がバベルってたなぁ。

ばべる

話題の『バベル』観てきました。

おそらくは日本人が出ているから
大騒ぎしてしまったのであって。

同時期作品で比べるとしたら、
ブラッド・ダイヤモンド』の方が大作です。

テーマが良いのに、
もうちょっとウマく作れただろうなぁって
気がしました。
ちょ~っと惜しいっ

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

言葉を乱し、世界をバラバラにしよう。

タイトルとおり、
"コトバ"がテーマだったのかとは思います。

ただ他にも伝えたいことがありすぎて、
すごく分散してしまった作品だったような。



私が一番感じたのは、

文化の分化

同じ人間なのに、
人は地球上のあらゆる場所に散らばって、
それぞれを生きている。

同じ人間なのに、
国境…環境…社会…生活を越えた人々のことは、
何一つ知らない。

こうして私がパソコンをいじっている時、
どこかで羊を追う者がいて、
どこかで結婚式を迎えている人がいて、
どこかで生死をさまよっている人がいて、
どこかで街を遊歩している人がいて。

言葉により分かれたと言うより、
それぞれが散り散りに生活を始めた事によって、
それぞれが形成していった文化の下で分かたれた。


もちろん多文化に反対する気はない。
むしろ他文化を美しくも思うし、
世界の広さを知ることができる。

でも時に、
その文化が人間と人間を大きく分断する。
分かり合えない存在にしてしまう。
そこにコトバもあり、
理解しあえないと思い違う。

コトバを超えた人間関係はあるはず。

映画内で出てきた"良い人"は、
世界共通のはずだから。

------

ブラッド・ピット は、
ゴールデングローブ賞でも評価されていたけど、
"助演"男優でした~。
それにしても、今回のブラピは一般人の雰囲気が出てて、
やっぱりスゴイなぁと。
年齢相応、もしくはそれ以上にも見えました。
普段はいつまでも若い、
ハリウッド・オーラが出まくりですけど、
あらゆる役をこなしきる彼に万★歳っ!!

プラス。
私は今作が初めてだったのですが、
ガエル・ガルシア・ベルナルに魅力を感じましたっ
なんだろう。
どこが良いかはわからんのだけど、
映画観る前から写真を見てステキだなぁって。
雰囲気?
最近自分が好むタイプが絞れたような、
バラバラなような。


菊池凛子は評価されてただけ、
良い演技していたと思います。
でもあんまり良い役じゃなかったよね。
手話のことじゃなくて、
(見ればわかりますけど)えらい役だな

監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
彼の作品、『21グラム』が観たい!!
ショーン・ペンベニチオ・デル・トロも出ているし。


とにかく。
日本人が出ているからデッカク取り上げすぎてしまった…
そんな印象の作品。
でもけっして悪いものではないです。

ただ、日本人だから日本人だからと、
この映画をゴリ推ししすぎていることが、
すごくバベルってるなと思いました。

他国の出来事、
他人の出来事には、
どうしても価値がなく感じるというか、
取るに足りないことと扱う。
それは仕方ないことなんだけどね。
自分もそうだし。

そういう意味で、
あらゆるところにテーマがあったけど、
確かに考えさせられる作品ではありました。


---2009年5月4日追記---

冒頭の、宣伝自体が「バベル」ってたということについて。
なんだか、当時上手く表現できていなかったと思うので、
2年越しで追記します

どうもこの作品が胸糞悪かったのは、
シモな話が多かったからとか、
まだまだ若いと言えど、
高校生役として菊池凛子が服脱いだとか、そういうことじゃない。

この映画って、
言葉をバラバラにされたことによって、
文化や習慣に隔てができたこと。
それによって、
全く同じ人間という種なのに、
こんなにも解り合えなくて。
こんなにも「差」や「異」に偏見があって。


それがテーマだったと思う。
なんて人間ってくだらなくなってしまったのか。

でも、どうでしょうか。
この映画の宣伝、本当にそれをわかっていたのでしょうか。


そもそもこの映画自体、解釈がおかしい。

もちろん、他国が他国を描く作品というのは数多くあり、
「うちの国はこんなんじゃない」といった
解釈や歴史的見解の違いは過去にもあった。

でもこの作品、
自信を持って文化の隔てを訴えていながら、
他国って変!!
それを無様に代弁してしまっている。
この映画が、一番差別的だった。


そして、日本の宣伝。

こんなに微妙な作品なのに、
日本人が出てるから良い作品と見栄を張る。
著名人のコメントを馬鹿みたいに集めて、
無理に高評価を語らせる。

もちろん、解釈は色々。
この映画を良いと思う人もたくさんいると思うし。

でもだったらなぜ、
他の素晴らしい作品も推さないんだ??
なんで「日本人が出るから」なんだ??

強大な宣伝力で、たくさんの人が観たと思うけど、
この映画の曲がった解釈は結構恐い。不快。

こうした差別旋風の力を結果的に見せつけるっていう、
そこまでを見越した上での作品だったならスゲエや。

ところどころの描き方は悪くなかったけどね。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。