ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
HO★MO祭だ!

と、冒頭から暴言吐いてますが…
正にホ★モ祭(もちろん一人で)開催(笑)

ただ単に、
ブロークバック・マウンテン』を
いよいよ観ようと思い立った時、
運良くTSUTAYA半額!
じゃぁもう一本…

HO★MO系で?

ホモ系ホモ系と、
映画をそうしたジャンルで分けるのもどうかと思いますが、
あえて概念的に関連付けてってことで。
ちなみにホモに対して偏見もございません、あしからず。


さて、前置き長くなりましたが、
なぜか先にコチラを観ました。

ばっど・えでゅけーしょん

バッド・エデュケーション』を観た!!
R15指定の監督半自伝作! まじでー

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=======

友達に教えてもらった作品です。

ん?
ばっど・えでゅけーしょん
ガエル・ガルシア・ベルナルが出てるではないか!

バベル』が話題になっていた時期、
さっそく検索してみた私。
そこで彼に出会ったのでしタ。

あれ?なんかかっこ(かわ)いい。

全然ガエルのこと知らなかったので、
どんな人でどんな感じなのかわかりませんでした。
ただただ魅力的だなぁと。
実際『バベル』自体はやや腐り気味だったものの、
彼のノリの良さ、熱い演技、笑顔に惹かれました∑

------

さてその後。
ひょんな出会いで『天国の口、終りの楽園。』を観る…
が、途中でダウン。
濃かった…!何禁だろう…
この作品はいつか手を出してみようと思います。

よって以降、
ガエル作品に抵抗が出始めます。
『バベル』の時はガエルの役には
そういうシーンはなかったものの、
全体的にそのネタだったのもあって…

ちょっとヒヤヒヤながらも、
一人で観てみることに。
(『ブギーナイツ』を親の前で観て後悔した経験アリ)

--------

いや、普通におもしろかったです。

スペイン映画のようで。
スペイン映画って他に何観たかなぁ。

ストーリーは存外ストレート。
起承転結のがキいてて、
「え!?」ってなった後、
真実が明かされて…!と、
映画の展開もなかなか凝っている。



やっぱり見せ場はガエルの演技かな。
そうそう、数えてみれば彼はなんと、
3役こなしています…!
(2役の方が近いかな。)
(実は1役っちゃ1役かな。)

一番驚いたのが、

ガエルの色っぽさ。

女役はハンパないです。
とにかくこの役で役者としての情熱を感じました。
彼は熱い!!
だからこそ彼が演じる女も熱い!!
加えて何だかセクシーだっ!!
そんでもって、

ハイパーかわええっきゃー

驚きのあまり「えーっ!えーっ!?」の連呼。


その他、幼い少年らしいガエルも絶品。
男に興味ない感じの、
まだ俗物(俗物?)を知らない感じの。
きょとんっな顔がかわいすぎ。

そしてホ★モシーン。

強烈。 (笑)

ホントにガエルすごすぎる。
彼は肝が据わってる。
芝居への心意気が実にイイ!


ストーリーも強烈な愛だね。
でも悪くない。
私にとっては新感覚の内容だったし、
十分楽しめたナ

ペドロ・アルモドバル監督がかなりの実力者。
1998年『オール・アバウト・マイ・マザー』でアカデミー賞外国語映画賞、
2002年には『トーク・トゥ・ハー』でアカデミー脚本賞を獲得。
あ~恥ずかしながら両作ともスルーしていた…

今作は10年以上も練った作品らしく。
しかも彼の半自伝作ってどーゆーコトだ!?
ってことは、監督=エンリケ!?

エンリケはガエルの相手役。
ばっど・えでゅけーしょん
演じるはフェレ・マルティネス
これまた彼も良い面立ちっ鼻血たりーん
ちょ~っとオイオイな行動をする
やや変態よりのエンリケ君でしたが

彼もかなり魅力的。
『トーク・トゥ・ハー』にも出ているらしいので、
これは要チェックですナ!


えーっとえーっとあとは、
色使いまでも強烈!
それがキレイでもある。
セリフのテンポも良い。
うん、やっぱり良い映画だったのではないでしょうか。

とにかくガエルが良かった。
アヒル顔が良いのかな ぐわぁっ


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.