ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然思い立って、

しょーしゃんくのそらに

ショーシャンクの空に』を観た。

なるほど。
まさに名作と言われるだけある。
久々心が晴れ晴れする作品を観たなー
すっごく今、満たされてます。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=====

私にとって、名前だけ一人歩きしていた作品。
"良い作品"という名札をつけて。

"名作"を観るタイミングって難しいですよね。
観ておきたいけど、しっかり観れる時が良い。
だからついつい敬遠してしまいます

ただ何を思ったか、
今回はとうとうDVDに手を伸ばした。
(しかも運良く今日は家族がみんな出かけてて、
 一人でゆっくり観ることができました。)
観る運命だったのかしら、"今"が。




とっても素晴らしい作品ではないか…!!

60億人中60億人が太鼓判を押すと思う。
まったく内容を知らなかったので、
すっごい酷な話かと身構えてましたが、
スタンド・バイ・ミー』の原作者なんです。
こう…不思議な感覚なんですよね。
悲しいけど、受け入れることができるというか。
…この説明だと、
『スタンド・バイ・ミー』を観てない人には通じませんが…。


観ようと思った原動力は、
ティム・ロビンスが出てるからだったり。
それにしても私は
彼の出演作をほとんど観ていませんね…!
ミスティック・リバー』を少し前に観たけれど、
あれが出会いだったのかも。
雰囲気が良かったです。
優しそうな。物悲しそうな。

で、その後『さよならゲーム』という、
超くだらない作品をBSでたまたま観る。
ケビン・コスナー主演の野球映画なんだけど、
クソつまらなくて寝そうだった…(笑)
そんな私を支えたのは、若かりし頃のティム。
すっごいフレッシュでかわいくてコミカルで、
『ミスティック・リバー』での印象とは違った面が観れて、
すっごく うきゃーっ となりましたvv
(はい。ギャップに弱いです。)
この作品で彼の演技力が認められたってコトは、
色んなところで書かれてます まじウマかった。
実際今はオスカー俳優ですもんね。

そんなティムが、
名優モーガン・フリーマンと共演している今作。
映画はその、モーガンの視点で流れます。




! 以降ネタバレ注意 !





妻とその愛人を銃殺した容疑で
終身刑を言い渡されたアンディ(ティム・ロビンス)。
なんとなく、
殺してはいないだろーなとも思ってましたが、
微妙な伏線の張り方なので最初は確信まではいけませんでした。

アンディーが醸し出す独特の雰囲気に、
レッド(モーガン)は心なしか引き込まれていく。

プリズン・ブレイク』で刑務所の雰囲気って
なんとなーく味わっていましたけども、
まぁあんな感じかな。
(ティバックみたいなのもいたし 笑)
ただ『プリズン・ブレイク』はギャグ寄りだと思ってますので、
全然深刻度が違かったですけど。
でも刑務所って本当に、
あんなに嫌な管理者ばかりなのかね…。

でもよーく考えていみると、
刑務所内にいる人は
犯罪を犯したからこそいる訳で、
被害者からしてみれば、
過酷なら過酷なほど救われるってのもあるよね。
(中には本当に無実な人もいるのかもしれないけど。)

そういうわけで、
刑務所では無慈悲で理不尽な生活を強いられます。
いかに早くその生活に慣れ、
いかに早く希望を捨て、
いかに早く人間関係を築くか。
それができなければ地獄が待っている。

レッドなどの仲間たちは長くいるため
それらを取得している。
でも新人はそうなるまで2年以上かかる場合もある。

ではアンディは希望を捨てたのか、

アンディを支えたのは穴。
希望という穴。
19年間地道に空けた穴。
希望を捨てなかったからこそ見れた夢のため、
19年の歳月を費やした。

でももちろん視聴者がそれに気づくのは
最後の最後。
これまでの仲間たちの悲しいエピソードという
絶妙な伏線と、
映画が醸し出す酷なラストを予想させる
絶望の結末が、
アンディがたどりつく先を不安にさせる。
もうとにかくですね、

脚本がべらぼうウメぇっ!!

アンディはきっと無実だと信じていながらも、
伏線の張り方がウマすぎて、
とにかく不安ではいられない。
しかもついに希望を失ったとみせてハラハラを煽る展開。
でもだからこそ感動するラスト。
うん、素晴らしい脚本です…!


こう…ダーダー涙を流すとか
そういう映画でもなく、
酷過ぎて観ていられない内容でもなく、
刑務所と言う閉鎖的で絶望的な映画でもあるに関わらず、
すっごく心が温まる作品でした。
刑務所内の仲間たちの行く末とか、
そしてもちろんアンディの行く末とか、
不安要素がいっぱいあるのに、
ラストを観るとぶわーっと広がる
温かさが残って気持ちが良かったです。
迎えるのがハッピーエンドだからこそ、
60億人中60億人が太鼓判を押すと思う。んです。

ホントに最後のシーンが大好きです。
太平洋を景観にして、
アンディとレッドが再会する。
しかもにくいことにセリフはなく、
カメラが彼らを見下ろす感じで撮られ終わる。
自由と希望を象徴した美しい映像でした。

あと、そうそう。
原題は『THE SHAWSHANK REDEMPTION』で、
REDEMPTION の意味としては映画内でも重要な伏線となった
キリスト関係の罪のあがない、
贖罪(しょくざい)、救い だと思うけど、
邦題は『ショーシャンクの空に』で
原題とは違いすぎてます。
でも、
空のイメージとして自由な印象があるし、
何より上の画像にもあるように、
名シーンとしてアンディが脱獄して、
雨の中空を仰ぐシーンがあるんですよね。
そこに目をつけてこのタイトルにしたのかなと思うと、
かなりこの邦題が好きですね。
(世の中には変な邦題があふれているのに。)

あぁ。正に名作だったな。

アクションでガツーンッとスッキリするのも好きだし、
サスペンスでズカーンッとハラハラするのも好きだし。
でもこうした内容のある美しい映画こそ、
観た後の幸福感を味わえるなぁと
今日改めて思いました。


あ!あ!!
コレはその内容の感動とは別の
個人的感動なんですけど…
ER』で大好きなロマノ役、
ポール・マクレーンがなんとこの映画に出てました!!
うっはースゴい作品に出てるんだなぁ!と、
尊敬してしまいましたとさ。
以上!!


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





世間で「名作!」といわれている映画ってなんか取っ付きにくいんですよねー。
気軽に見れないというか「また時間があるときにじっくり見よう」とか思っちゃいます。
僕は『ショーシャンクの空に』未見です。
友人も「面白いよ」と言ってくれるのですが・・・

『アンブレイカブル』と『アンスピーカブル』。
僕の家の近くのTSUTAYAにも置いてあります(笑)
「どうせくだらないB級映画なんだろ」と思いましたがデニス・ホッパーが出演してるんですよね。
いったいどんな内容なんだろう・・・
【2007/08/25 13:26】 URL | Mr,ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

とても素晴らしい映画でしたよ。
まだまだ観たいけど、
観づらい名作があって気が重いですv-393

『アンブレイカブル』と『アンスピーカブル』は
実はまったく良く知らないです。
デザインが同じで笑ってしまっただけで…。

いつか、本当にいつか機会があれば、
観ようかなと思います。
【2007/08/25 14:02】 URL | なるは #-[ 編集]

くじけそうになると観る映画です。
人に薦めて外れたことがありません。
多くの人に観てほしい」映画です。
【2007/08/26 06:27】 URL | 元ベース弾き #J5B45D8M[ 編集]

はじめまして、元ベース弾き さん。

切なく悲しい内容もありますが、
確かに希望に溢れた映画なので、
自分がつらい時に観ると良さそうですね。
私もこの映画をたくさんの人に
薦めてみたいと思います。
【2007/08/27 11:36】 URL | なるは #-[ 編集]

遅くなりましたが観ました。
なるはさんの言うとおり「すごく満たされる」映画でした。
【2007/09/02 22:25】 URL | Mr,ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

とってもステキな映画ですよね!
やはり脚本がしっかりしていると良いですね。
【2007/09/04 16:33】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんわ^^
これはマイ・ベスト映画ランキングに入る名作です。最後に見たのは10年以上前ですが、あのポスターに穴が開く場面は忘れられません。あの瞬間、「ヤラレタ!」って思いましたもん笑。その後の所長たちのポカンとした表情もグッドでした。

ラストはホント良かったですね。じんわり来るというか、湯船に浸かってじわじわ温まっていく感じ?号泣系ではなく、ほんとにじわ~と感動する作品でした。

自分も名作と呼ばれるモノは、ことごとく見逃すタイプなので、かなり損なシネマライフを送ってるぽいです笑。「今日は名作借りるぞ」と意気込んでいって、B級ホラー借りるなんてのは、しょっちゅうですよ・・・^^;
【2011/03/06 18:22】 URL | りとら #-[ 編集]

>>りとら さん

こんばんは!
遡ってまでコメント、
ありがとうございます!!!

本当に秀作ですよね~!!
私もこの映画レポを書いたきりだったので、
また観たいなぁと思いました!!

お話が素晴らしいですよね!
虚を突く上、希望に満ちていて…!
重たい話だと思い、不安になるんですが、
最後にはパーッと気持ちが晴れやかになるような!


「名作」は重たいですよね。
つい、良い作品を前にすると
尻ごみして、逃亡してしまうんです…。
あれってなぜでしょうかね…(><)
でも名作って数多くあるし、計画的に観なきゃですよね…!
けしてB級ホラーがダメとかじゃないですが(笑;)
(でも私は苦手です(^^;))
【2011/03/07 00:23】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。