ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナゼだか毎年恒例となりました、

なると

劇場版NARUTO疾風伝』。

今年はナルトが死ぬという、
禁忌なテーマを扱った作品。
昨年に引き続き、
今作もダメかなーなんて思ってましたが…

やっぱりラストで がつおーんっ でした。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=======

NARUTO映画は今年で4本目になりますね。
一応全て見逃さず劇場にて。
個人的に一昨年の
劇場版NARUTO大激突!幻の地底遺跡だってばよ』が
アタリだなって思ってます。
他は色々技術的な面やストーリーで
ちょっとガクッとなってしまったんですが。

そんなハズレ確立の高いNARUTOをナゼ観に行くのか!?

それは、

どんなに序盤中盤がダメでも、
毎回ラストはもってかれるから。


そうなんですよー。
NARUTOの演出にものすっごく弱い私です
どの作品も心底腐ってるワケではないんですねー。
「くっそーやりおるな!」っていう演出が
ちょこちょこあるワケですが、

ラストは100%絶対!

ラストを予想できたとしても、
ベタな内容であったとしても、
ガンッ!と音楽と映像で感動シーンを
作り上げてくれるんですねー。
半分泣きます。
家で一人で観てたら号泣です。

とまぁ、そんなわけで、
今回はイラストつきでご紹介っ!

! 以下ネタバレ注意 !
NARUTOをご存じない人には意味不明になる…かも!?






さて。
ナルトが死ぬとな!?
24』シーズン5のマネか!?
一体どんな内容にするんだろー。
まーさか殺さないよなー。



なると2
あ、ナルトいきなり死んだ…。

まーじーでー

って、モチロン心底信じてません。
主人公が死ぬなんて内容じゃ、
お子様が満足せんもの。
だから映画を観ながらひたすら考えてました。

どーやってナルトを生き返らすか…。


そしてナルトが死ぬ前の過去に戻る。

この辺とかね、
とにかく本バトル入った時以外、
絵がズタボロなんですよ。
ホントありえない。

今までも劇場版NARUTOは、
色々金銭的な面もあって、
主要シーンは最高だけど、
それ以外ちょっと危ういのもありました。

ただ今回ヒドいのは、
劇場版ならではのズレではなく、
TVアニメ版ならではのズレなのです。
なんとかして品質保持!って気持ちが全然ない。
とりあえず描いとけ精神が丸出しで、
かなり萎えました…

で、まぁお決まりの、
世界の存亡を懸けた戦いが始まります。

で、上忍のカカシ先生とかは、
別任務に出動してしまったため、
第7班はナルト、サクラ、ネジ、リーのメンバーに。

でねー。
私はネジくんにカナリ期待していたワケさ。
原作では中忍試験のあと、
みるみるナルトにホレこむネジ。
結構なレベルで崇拝してました。

なのに、
なると3

劇場版ネジ、冷たいっ!!
まぁ終盤はナルトに大きな任務を任せてたけどさ。
(それは劇場版サスケも例外ではない…)
けーど、もっとナルトとネジのチームワークが
観たかったよーぉ。
仲間割れしすぎだよ。
ナルトが仲間割れ大好き男になってるよ…!!


敵キャラの黄泉の4人衆は良かったな。
色々かっこいーです。
ってか声が良かった。
特に兄貴的存在のクスナと、
おちゃめでノリノリなシズク。
クスナ役柿原徹也さんの声は初聴きだな。
第一声から「んっ!」とキましたね。
シズクは『ぴたテン』の小太郎役の沢城みゆきさん。
すいません、当時「いまいちー」とか侮ってゴメンなさい。
すっごいウマぃ人でした。
ってか声が全然違くてまったく気づかんかった…!


今作ヒロインの紫苑(しおん)。
かーなーりーウザかったです。
しかしそれ以上にウザかったのは、足穂(たるほ)。
メガネキャラでウケを狙おうとしたんだろうけど、
そうとうキモキャラですよ、まじで。
まぁ彼の結末は おいしい役どころ だった…かもだけど、
しおんに術で転身するとか、
それってどーなのよ的な…。
彼が死んでも感動がないっつーか。


あ!でもでもこの付近のバトルは良かった!
やっぱNARUTOはバトルが見所ですな
特にナルト VS シズクがGOOD JOB。
シズクのワザがおもしろかった。
(あとセリフ回し。)

あとはアレだな!
サクラちゃんは劇場版では
毎度色々うらやましーシーンが存在しますが、
今回は毒にやられて木から落ちたところを
ネジがナイス★キャッチっ!
(できればナルトに駆けつけてほしかったなぁ。)

リー VS ギタイ戦は、
絶対倒せねーよっていうくらい進化しまくるギタイを、
ガイ先生からもらったボンボンで
あっけなく倒してしまうっていう、
ちょっとあっけない感じにはガックリ。
リーのガイ先生との回想シーンは、
なかなか絵コンテうまかったな。

そうそう。
NARUTOにはいっぱいキャラがいて、
いっぱい忍者が出てきますが、
映画ではもちろん描くのが大変なので、
大勢バトルはありえません。
だから、他の上忍とかはみーんな、
何かしら出払わなきゃならない。
で、その相手が兵馬俑
これ、悪くはなかったんだけど、
フルCGだから動きが不自然な上、
ほとんど同じ行動しかしない。
しかもズンズン前進して、
全然止まらない設定なのに、
ナルトはなぜだか壊したりできる…。
最後ナルトがピンチの時に、
結局カカシとかテマリとか壊せたとか、
無理矢理な設定がガックリ。
いっつも助っ人遅いし!!
ネジとかサクラとかリーとか、
何してんだよ!!

さていよいよ大詰め。
紫苑を封印の祠まで連れて行くナルト。
ここで驚きの、

ノーマルナルトのお色気シーン

なると5

兵馬俑にやられて、
谷底の川に落っこちるナルトと紫苑。
で、
紫苑を背にしてナルトが、
額当てをとって髪の毛をフルフルーっとやるんですが、
そのシーンがめっちゃナルトをアップにして、
光り輝いちゃって、
紫苑が思わずホレてしまうっていう、
しょうもない展開に…。

や、髪の毛ちょびちょびしてたナルトは、
とってもかわいかったけど、
紫苑含め視聴者にそんなサービスはいらんかったなぁ(笑)


さて、そしていよいよラスボス戦。
紫苑がえっらいウジウジしてましたね。
しかもイキナリ紫苑の母亡霊が。
あと始めから使えっていうくらい強い鈴。

でも、
そうなんだ。
紫苑は死んじゃうんだ。

ナルトが死ぬのは紫苑の予言でみたもの。
紫苑を守るために死ぬナルトの姿。
でも紫苑が死ねばナルトは死なない。

じゃぁコレで終わりか。
じゃないとナルト死んじゃうもんね。








なると6

「お前はそれで良いのかよっ!!!」


ぎゃふーっ鼻血たりーん

ドカンという音楽と共に、
ナルト再び参上っ!!
「いやじゃ~っ!」と泣き叫ぶ紫苑が、
やっとかわいく見えましたvv

気にいらねぇ運命なんか、
受け入れるこったねぇ!


だっはっ血1血3

NARUTOを知ってる人が喜ぶセリフですな。
ってかこのシーン、
一部ナルトのドアップが続きます。
「それでいいのか!?」と言いながら、
段々ズームしていくナルトの顔。
この絵コンテが最高にウマかった!
超良い表情を描いてくれましたね!
まじこの時絵コンテ誰なんだろーっ

で、
勝つと。
世界は破滅せずにすんだと。

そしてエンディング。




で、ラストが下ネタ(笑)

まさかあそこで下ネタとはね。
まぁ今作からナルトたちは年齢的に成長したワケで、
こういうオチができる年頃なのかしら。

でも小さいお子様は意味がわかったかなぁ。
最近はみんなマセてるから平気かなぁ。
でも、なんでサクラちゃんやリーが、
紫苑とナルトの会話のやりとりを見て赤くなったのか、
理由を親が聞かれたら大変なことになりますよね
私的にはあのラストかわいくて良かったけどな。
鈍感なナルトだから余計。


そんなワケでながなが語りましたが。

もうちょっと語ります(オイ!)

今作は声優にタレントを起用することがなく、
なんかコレって素晴らしいって思いました。

あと、紫苑役の藤村歩さんウマかったです。
この人もたぶん初聴きだったと思うんですけど、
すっごい丁寧な演技だったなと。

あと紫苑の母役。
ちょっとしか出ないのに、
折笠冨美子さんを起用!!
一声聴かせられただけで「ウマ!」って思いました。

リー役増川洋一さんも頑張ってました。
ネジ役遠近孝一さんは役的にボソボソしゃべるから
ちょっと大変そうでした。
しかも序盤とか、ところどころ絵が下手で、
何よりリズムが悪くて、
すっごい声当てずらそうだった…

そ・し・て!
ナルト役竹内順子さん!!
疾風伝になってから、
TVアニメの方は全然観なくなっちゃいまして。
でもある時ネットで予告を観たとき、

あ!声低くしてる!
あと落ち着きを少し入れてる!

って思いました。
微妙なタッチでちゃんと変えててスゴいなと。
ただやっぱり前みたいなキャイキャイ★ナルトじゃないから、
幾分やりずらそうな気もした…かな。
きっともっとウマくできただろうにって、
ちょっとエラそうにもそう思ってしまいました

でもやっぱりすっげぇやっ!!

好きです、ホント。
心底尊敬します。


あとは音楽ですねー。
疾風伝に入って、
音楽担当が、六三四増田俊郎から、
高梨康治刃-yaiba- に代わっちゃったんですよねー。
それ知ってすっごいショックだったんです。
今までの音楽がスッゴイ好きで、
特にNARUTOのテーマ曲なんて鳥肌モノきらーん
和モノ楽器を使いまくるあたりがツボでした。

けど今作から見せ場のシーンで、
そのテーマ曲が流れないんだなぁと思ったら悲しくて。
しかもかなりロックロックしてて、
あ~…って思ったんですけど、
時々三味線使われてたし、
ロックは以前の音楽でも使われてたし、
何よりラストシーンでテンションを上げさせてくれたから
大満足です。
サントラレンタル始まったら絶対借りようっと。


そして映画館内の雰囲気を最後に。
お子様ばかりだったので、
確かにワサワサはしていましたが、
おもしろいコトにナルトが出ると、
ホントみんな真剣なんです。
(サブキャラシリアスシーンではワサワサし始める。)

しかも隣の男の子。
いきなり映画序盤でナルトが死んで、
「え、死んじゃうの。え…」って
大層つまんなそうでした(笑)

で、死ぬ前の話だっていうのに、
元気なナルトが ガガンッ!と画面に映ると、
お子様たちが「ナルトだ!」って
めっちゃ喜ぶんです。
なんか、ホントにこの業界、
素晴らしいなって心底思いましたとさ。


そんなこんなでした。
まだ何か言いたかった気がするけど、
まぁいっか。

とにかくNARUTOにはなんだかんだ、
弱い私でした

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。