ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
台風スゴかったですね。
珍しく関東が大荒れ。

そんな中私は、
友達と群馬の山奥へ旅行!

たくさんの人に迷惑をかけながらも、
ありえないくらいスリルに満ちた、
最高の旅行ができましたっ!!



------

旅行は5日の夜から7日まで。
まさに台風の渦中。
それでも旅館キャンセルせずに、
ずうずうしく群馬県上野村へ。
http://www.uenomura.ne.jp/

新宿から出ている日本中央バスで
ばす 2人だけの貸切り・・・
まず高崎駅まで向かい、
その後、群馬藤岡駅まで。
えき3 えき1 えき2
早朝。最初乗る人が2人しかいなくて焦りました…。
スイッチを押してドアが開き、車内へ。
人が少なくゆ~ったり。

そうそう。
実はバスは夜行。
でも群馬まで約2時間でついてしまい、
高崎の すかいらーく で一夜を明かす。
アホみたいにお絵かきをして、
寝るのを忘れるアホ二人…。



その後バスで上野村を目指す。
バス停にいた時点ではまだ晴れていたけど、
ただ前日の夜から群馬は荒れていたようで、
すでにバスに遅れが出ていた…。

狭い村ながらの、
誰でも友達な雰囲気がとてもステキ
運転手のおじさんもかなりフレンドリーな方でした。

しばらく行くとなにやら不穏な天気(あたりめーだ)
同乗していたおばさん客と
運転手のおじさんの話だと、
山を登るのは危険そう…。

どーしよう…

そのうち大雨。
外は濁流。
だくりゅう
道は車一台通るのがやっとな所を、
視界と地面が悪いにも関わらず走りぬける。
かなりのベテラン運転手さんだ! たのもしい!

「すみません、今日鍾乳洞に行くのは
 危ないですかね?」


「ははは、オレ行ったことねーんだ、
 わからねー。」


…そ、
そーですか…ぇ…。

とりあえず何とか終点地点、
上野村内 ふれあい館 に到着。
そこへ私たちが宿泊する やまびこ荘
送迎タクシーがヒドい天気の中来てくれました
あとで話を聞くと、
「もう村まで来ちゃったから
 今更追い返せなくてさー」
ホント、すみません…


とりあえず、
まずはチェックインまで時間があるにも関わらず、
やまびこ荘へ到着。
http://atchfactory.sakura.ne.jp/kousha/yamabiko/index.html
予想以上にキレイで広くてビックリ。

+ フロントにステキなお兄さんが。

ま、ソレはおいといて。
別のお客さんを駅まで送ったら、
嬉しいことに 不二洞 まで連れて行ってくれるとのこと。
インターネットで調べ把握していたつもりが、
そうとう地図の読み違いをしていた模様。

旅館に客が私たち2人しかいないらしく、
(他のお客さんはみんなキャンセル…)
運良く私たちのお相手をしてくれるそうだ…!!


イザ★不二洞へ!!
関東一のデカさ!!
今回の旅のメインです!

しかしこの天気なのに、
入れてくれるとは思ってもいませんでした。

「じゃぁ待ってますので、
 2人で行ってきてください。」

はーい。

大雨の中、バシャバシャ山を数分登る。
空気が薄いようで、ヤケに息切れ。
そしてやっと入り口発見。
ふじどう2
なぜだか入り口はドアで、
「扉を開けてご入洞して下さい」と書いてある。
重々しいドアが不気味。
開けてみると…



ふじどう1


「えっ恐ッ!!」「えっ寒ッ!!」

バタンッ!!


動物的感覚による恐怖で
思わずドアを閉める。
「ヤバい、ヤバい、どーする…?」
恐すぎて入れない。
でもせっかくここまで連れてきてもらったのに…!

すると友達が意を決して入る。
私も続くが、
てんでこういった"何か出ますよ"な雰囲気が
大の苦手な私は足がすくむ。
何か声を発するたびに反響。
異常な恐さ。
観光日和なら人がいっぱいいただろうけど、
2人だけの鍾乳洞は正にお化け屋敷!!


なが~い薄暗いトンネルが終わると、
バチャバチャバチャバチャ
大雨により雨漏り。
長い螺旋階段を雨水にかかりながら上る。
とにかく行きは恐くて、
鍾乳洞の様子なんて観れませんでした。

ぬるぬる滑ったり天井が低い上、
何より要所要所の名前が恐い。
「彼の世とこの世」とか、
三途の川といわれ死人がうんたらとか、
閻魔がなんちゃらとか。

確かにこういった鍾乳洞って、
自然の超越した雰囲気があって神々しい。
昔の人がこうした名前をつける理由がわかるけど、
やめてくれ。
恐怖に煽られてぶっ倒れそうでした。
(もともと変所恐怖症の性質が…)

最後の見所は浸水してて近づけませんでした。
そしてなんとか折り返し地点まで来て、
帰りは一通り観た安心感から多少は元気が出て、
写真を撮る勇気も沸きました。

ふじどう3 ふじどう4 ふじどう5
心霊写真っぽいのに気づいたとしても、
  絶対私に報告しないで下さいね!!


ビチョビチョになりながらも無事生還。
後半なんて2人で大声で歌って気を紛らわしました。
外に出るとさらにヒドい雨。

じめん1 じめん2
一歩足を滑らしたら、そのままズルズル落ちてしまいそう…。
即席川、完成真近…。
ふじどう6 ←そして気温差でメガネが曇る友達(笑)

もう一つ観光スポットとして、
スカイブリッジがあります。
しかしさすがにココは通行禁止。
とりあえず近くまで寄ってみました。


はし5 はし4
バンジージャンプ禁止とか、
手すりに乗るなとか。
誰がやるんだ!!

はし1 はし2 はし3
空はモヤモヤ。
山から湯気のように霧が漂ってます。
そして通行禁止に悔しがる友達の後姿…(笑)


そしてやまびこ荘に大人しく戻ることに。
その帰りはいよいよ台風本降りで、
視界が真っ白になるほどヒドい雨でした。


前日眠ってなかったので、
とりあえず部屋についてバッタリ眠る二人。
部屋もキレいで良かったです。
和室もあるようです。

部屋

そして夕食。

ごはん1
コレはまだほんの一部なのですが、
やはり山料理の方が好きだと改めて確認。
(基本的に魚は苦手なので特に。)
群馬の名物は、
ねぎやみそ、そしてこんにゃくなんですね。
私はこんにゃくがダイ★スキです!
なので、こんにゃくの刺身には
やられましたね!!!

おなか一杯になった後、
卓球をしました。
ホントは30分500円なんですが、
天気の悪さを哀れんでいただいたようで、
なんと無料で好きなだけ遊ばせていただきました
ホントに心優しい宿舎です!!
ここでは友達と山手線ゲームをしながら卓球。
ナゼだかポケモンの名前をテーマに打ち合いました。


そしてお風呂。
もちろん2人の貸切り。
なかなかよろしかったですが、
何より台風最中の露天風呂は絶品!(笑)
屋根があったので直接雨に当たるなんてことはナイですが、
そのおかげでまるで
滝の中にあるお風呂みたいでした

そしてその後、
寝不足の私たちはダウンタウンDXを観て寝ました。

テレビを消すと急に雨の音が良く聞えて、
加えて寝るっていうんで電気を消したら、
またもや例の恐怖症がやってきて、
一人でパニックってました。
(友達は即行グッスリでした…)

長いので続きは次回っ!

関連記事




うわ楽しそうだな~~うらやましい(^∀^〃)
台風とか嵐とか雷とか、そういった非日常な自然現象大好き人間なんで(笑)鍾乳洞とかいいな!行ってみたい!!

私も明日から沖縄の宮古島に行ってきます。
離島なんで那覇空港で乗り換え。絶対ジャンボジェットだけじゃなく、小さい飛行機に乗せられると思うんだ……ヒィーー恐いよ~~~

お土産、楽しみにしてます(゜ω゜)
お土産話ねw
【2007/09/08 22:52】 URL | kt #-[ 編集]

あぁ~おもしろかったぁ!(え?おもしろいのか!?)
すごいねぇ。でもわかるなぁ~。そういう状況でも旅行とか行っちゃうの。私もよくやるもの。笑
群馬にそんな怪しい(いやいや)ところがあったのね。
ところでフロントのイケメン兄さんの写真は?(え?そこ?)
学生の時の旅行っていいよね。あぁ~戻りたい!戻ってもっともっと満喫しておくべきだったぁ~☆
さぁ~続きが楽しみです。
【2007/09/08 22:59】 URL | ちょりママ #-[ 編集]

>>kt
  沖縄か!!い~な~っ!
  小型機揺れそうだね(笑)
  楽しんできてねーっ!
  あ~私ももう一度沖縄に還りたい…v-352
  きっと群馬を超えた自然がてんこもりだね!

>>ちょりママ
  すっごく楽しい旅でしたよー!
  
  フロントのお兄さんはイケメンとかより、
  女よりの顔というか…(笑)
  写真は撮ってこれませんでした!(ステキすぎて え;)
  続き書きますね!
【2007/09/08 23:07】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.