ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
初のTSUTAYAディスカス!

ろーど・おぶ・うぉー

ロード・オブ・ウォー』を観た!

存外立派な作品でした。
この手の作品はとにかく、
憤慨して。
羞恥して。
憔悴して。
そんな感じになります。

ループは止まらない。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=======

ニコラス・ケイジだから観た。
キッカケはソレ。



予告観ると、ノリノリなのかなって。
ホント娯楽映画なのかなって。
だから返ってこの予告、
かなり効果的だと思います。
たぶん「かっこよさげな映画だぜー」とか言って、
観に行く人のために向けた映画。
片足突っ込みぎみな自分が恥ずかしかったです…。

まぁYahoo!のレビューとか評価で
「あれ?予想と違う?」ってのが分かってたので、
予想外から受ける衝撃が半減したので
良かった良かった…


世界では戦争が未だ、
繰り返し巻き返し起こっている。

なんで長期化しちゃうのかっていうと、
色々な理由が考えられるけども、

1つは武器があるから。

銃や爆弾や戦車などが
作られなければ戦争は続けるのが困難になります。
(なければなければで続くかもだけど…)

だから悪いのは、
武器を作る人、
武器を使う人、
武器を売る人。

そんな武器商人を、ニコラス・ケイジが演じます。

なかなかな悪役だと思います。
視点は彼で、時折応援したくなりますが、
よくよく考えてみれば大悪党です。

そう、武器商人が悪い。
武器を売るから買いたくなる。
買わなきゃ敵が買ってしまって、
負けてしまうから。
戦地では負けはほぼ、ですもんね。

ダメだなー、武器商人は。
許せないですね。
武器の密輸は禁止されてるのにも関わらず、
法の穴を抜けて商売してるんですから。
いかんいかん、今すぐ彼らを止めなくては。


! 以下サラリとネタバレ注意 !




この映画の良いトコロ。


ホントに悪いのは武器商人?

エンドロールで流れるテロップ。
最大の商売相手は先進国。
常任理事国も含まれます。

しかもこうした裏の武器商人は、
国は半容認状態です。
要するに、国全体が悪いのです。
世界が狂ってしまっているのです。

かと言って、
今すぐ手放すことができないのも
人間の、人類の、サガ。
恐いもんね。
自分たちだけが手放して、
そしたら他人にズドンされたら。

じゃぁ一緒に、
「いっせーのーせっ」はできませんか?


ちょっとだけ話それますが、
私は高校の時日本史選択でした。
で、ちょっと前に問題になったアレですよ。
教育課程である世界史を、
受験のためにって一時間も受けてない人。

だから最近やっと、
何にも知らないのはマズいなと
世界史の教科書を開いてみました。

日本も日本だけど、
それよりもさらに規模のデカい争いが
昔から続いてきてるんですね。

もちろん知ってはいたけど、
こうして改めて一から学んでみると
とにかく人間が情けなくなります。
特に
植民地の問題とか。
宗教抗争とか。
領地とか。
強いとか弱いとか。

その繰り返しが
無力な人々を巻き込んだりして。
更に力を欲してしまったりして。

今私が一番気になっているのは、
ブラッド・ダイヤモンド』や『ホテル・ルワンダ』とか、
映画の影響を受けただけなんですが、
アフリカの内戦の問題。

あれって強い国が引っかいたおかげで
傷が化膿しちゃった感じだよね…。
なんかそういった、
いわゆる"強い"国が
いわゆる"弱い"国を翻弄するのが
どうも許せない。

許せないとか言って、
最近やっと親身になって考え始めただけだし、
結局考えただけで何かしようとか、
情けないけどどうにもできないというか、
う~ん、
とにかく考えがぐるぐるしては
うじうじして終わりなんだけど、
だから偉そうなことも言えないんだけど、
許せないです。

だーかーらー
こうした映画ってホント、
憤慨して羞恥して憔悴しちゃうんですよー。
なんか『トラフィック』観た後と似てる。
ちなみにこの作品は麻薬がテーマ。
こちらも秀作です。
DVDレポあります。

再度、
よく考えてみたいと思います、
こうした事実を深く。

-----

ニコラス・ケイジは、
今作ナレーションが多くて
演技らしい演技をあまり観れなくてちょっと残念。
でも時折魅せる繊細な演技には、
やっぱりグハッってキますね。

あと、
弟役のジャレッド・レトーがウマい。
役柄的にも、ただの次男バカじゃなくて、
意外にちゃんと物事を考えられるというか。
彼は『ファイト・クラブ』で見かけたらしいが、
てんで覚えてない…。
リベンジ『ファイト・クラブ』しよっかなぁ。
※リベンジ済み(2009年5月)

更に。
私の大好きな岡田君が好きらしい、
イーサン・ホーク
彼もかっこよかったです。
必死に武器商売をしている証拠を見つけようと
しつこくニコラス演じるユーリーを尾行る。
男らしいくて強そうなんだけど、
結構冷静で紳士的で、
何より法に対して忠実で
仕事熱心で。
かなり魅力的な役柄だったなー。
彼の他作品も全然観てません… うぬ…

ん?
え、パパ(ドナルド・サザーランド)!?
出てたっけ?えー!!?


やぁでも、
中身のある作品でした。
考えさせられる映画は好きです。
"好き"というのも変だけど。


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





怖い映画ですよね。

武器商人からランボーの機関銃を買うヤツも怖いですけど、
家族を犠牲にしても武器を売り続けるニコラス・ケイジも怖いです。
【2007/09/24 11:48】 URL | Mr,ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

結構この役のニコラスは
根っからの悪ですよね。
仕方ないのかなとも思うけど、
ほとんど自分の才能が発揮できるからって
続けてますもんね。

恐い映画です。
【2007/09/24 13:21】 URL | なるは #-[ 編集]

でもこの映画を見て改めてニコラス刑事の演技力の高さを痛感しました。
【2007/09/24 21:18】 URL | Mr,ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

そうですね。
(役柄的に)表情には出ないけれど、
感情が読み取れる演技をしてた感じです。
ホン…ットにうまいです!!
【2007/09/24 22:59】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.