ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVDにて、

かさのば

カサノバ』を観た。

ところどころクスクスと笑えて、
それなりストーリーも練ってて、
ちょっと無理あるシーンもあったりだけど、
時代が好きなんでホンワリ満足

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======
いつだか映画館でこの予告を観て、
「なんとなくみたいなー」と思ってました。

で、その後『ブロークバック・マウンテン』を観て、
そこでヒース・レジャーを知って、
いよいよ観るかと決めました。
(そう思い立ってからまた時間かかったけど。)

この間『真珠の耳飾りの少女』や、
それから学校の授業の中で一部だけだけど、
王は踊る』を観て、
貴族が好きと再確認。
建物や街の雰囲気や
習慣や服装が大好きです。
無条件にホワーっとなります。



さて、内容は。
結構テンポよく進んでました。
まぁ恋多きカサノバの話なので、
とっかえひっかえ女の人が現れれば場面が変わる。
ただあんまり下品な感じもないし、
意外にコミカルな台詞回しが良かった。

『ブロークバック・マウンテン』でのヒースの印象が、
何ボソボソしゃべってんだ?だったんだけど、
無論それは役作り。
今作でノリの良さを知りました。

ちょっと前ケーブルテレビで
アイタタ作品『ブラザーズ・グリム』に
マット・デイモンと共演しているのを観たけど、
ヒースはやっぱりなかなか才能あると思うので、
もっと演技が輝ける作品に出てほしーなぁと思う。
まじコレはヒドい作品だった…

貴族に付きモノ(?)のフェンシングシーンがあるんだけど、
結構身のこなしも良くってビックリ。
演技ウマい人はリズム感が良いからね。なんとなく。
カサノバは
街中の女性をタラシこむ(存外彼自身はホンキっぽいが。)から
色々追われる身なんだけど、
ここでも頑張って動いてました。
元気なヒースが観れて楽しかったな。
お付の人とのコンビネーションも良くて笑えた。
かなり笑い要素が強い作品だったかも。

それでもラストは…!

まぁそれもものすっごく無理な設定で
あれよこれよとラストになるんですけども、
まぁ良いかな。
結論、普通の作品でした!(笑)
中盤までストーリー良かったんだけどね。
ラストらへんでおいおい∑だった。 もったいない…

意外にも今回私、ヒースに落ちなかったな。 ソコ?
すっごいかっこいいの期待してたけど、
カサノバのわりには普通だった。


わーってなったのは、
ジェレミー・アイアンズ
私はたぶん『仮面の男』しか拝見してないのだけども、
ブリティッシュの雰囲気を存分に醸し出した
ステキなオジサマで好きですねー。
しかし今作は意外にもマヌケな役をしてて
うふふふな感じ。

あとすっごく存在が嫌いなんだけど(失礼!)、
オリヴァー・プラット
脇役なのに強烈な印象を残すんだもん…(笑)
ただウマいね、コメディ演技が。
デブの豪商役だけど気持ち悪さがグッジョブ。
あ~気持ち悪くてスゴい。 ホメてんだかケナしてんだか…

ほっ!?
第二のカサノバ役チャーリー・コックスって、
ドッド・ジ・アイ』に出てた?
あーでもどっかで観た気がしてたなぁ。
友達役か?
新作は『スターダスト』。
コレ微妙そうな作品だけど、
ナゼだかロバート・デ・ニーロが出てるんだよね…。
おっとー?『ヴェニスの商人』にも出てるのか。
この作品は近日観る予定。 ※観ました(2009年5月)
アル・パチーノが出てますvv


映画全体は。
合成がへったくそ
音楽が『真珠の耳飾りの少女』の時にも話した、
アレクサンドル・デプラ
ちょっとした関連性がある映画を連続して観ちゃった時は
なんだかその偶然に笑ってしまう。

ま、普通だな。

私も仮面舞踏会に行ってみたーイ
つか、貴族のカッコしてみたーイ。


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。