ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
5本の指に入るかな。

れおん

レオン/完全版』を観た!!


とか言って、
恥ずかしながらTV放映でしか観たことない私…。
だが私はとうとうDVDをGETした! やたーっ

やっぱりイイ!

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

========

一時期年中TV放映されていた気がするが、
最近はてんでピタリだね。
すっかり寂しくなってしまって、
思わずYou Tubeに手を出したけど、
字幕ナシな上やっぱりちゃんとした画質で見たい…!

もう買おう。

けど人気だから意外に置いてなかったりする。
(それとも見逃してたのかな。)
そんなこんなでやっと今日に至った。
早速観ちゃいましたよ。

TV放映しか観てない私には、
まず知らないシーンだらけ。(完全版ってのもあるけど。)
そしてやっとキャスト生声での演技を観れた!!



完全版にはレオンとマチルダの
二人が過ごした日々のシーンが追加されていて、
余計に二人の愛が観れて感動したなー。

結構2人を恋人同士にもっていきたいような予告だったけど、
家族愛(?)で止まった感じが良かった。
まぁ恋人同士の雰囲気も設定としておいしいけど、
この2人は家族でいてほしい感があるなー。
にしてもリュック・ベッソン監督は、
実に素晴らしい人間関係を描いたよ!きらーん
この映画が好きなところは、
そうした人間関係の設定だね。

そして魅せ方
ずいぶん久しぶりに観て、
新たな発見というか、再確認というか。
とにかくセンスが良い。
演出がウマい。
監督の力量に天晴れです

さらに!そう!
今回はついに吹き替えじゃないのを観れた!
というワケで、じっくり今まで以上に
キャストの演技を楽しめました。



まずはゲイリー語っていいですか。

もォ!大好き!ゲイリー・オールドマン
彼の演技は身を乗り出して観てしまった。
ウマすぎ。
もはや病的なレベルですよ!

初めて『レオン』を観た時、
極悪役にも関わらず真っ先に一目ボレだったのを覚えてます
(ジャン・レノを差し置いて…笑)
以来トリコになりましたね。
顔が好きっていうのもあるけど、
あの演技力には感服
画面の空気をゲイリーで侵食してしまう技量は絶品。極品。
しかもまた役柄がとんでもない。
麻薬捜査(取締?)官なのに薬中って…!
この設定もかなり好きだなー。

なんといっても
この映画の魅せ場は
ゲイリーの麻薬摂取シーンだと思ってます!
ヤバいですね。
スゴすぎて笑っちゃう。
それから銃殺シーン。
強烈で卑劣だけど、
ゲイリーにしかできない究極の恐怖を表現してました。
ベイトーヴェンの音楽が頭の中を駆け巡り、
すっかりトランス状態。
全身で演技してるよ、あれ。
髪の毛の先まで。
くんくんと匂いを嗅ぐシーンもヤバい。
やってるコトはアホらしいんだけど、
心臓止まりそうになるくらい恐い。

だああああ! (歓喜)

何かで知ったコトなんだけど、
悪役をオファーしてくるヤツはナンセンスだよ!
とか、不平をもらしたことがあるみたい。
まぁでもこんなに究極な悪を魅せちゃ、
誰もが頼みたくなるっしょ。
かわいい顔してスゴいんだもん!
ロバート・デ・ニーロとか
アンディ・ガルシアの域だよね。

まだまだ語りたいなー。
まぁとりあえず次はジャン・レノいっときますか。

昔っから彼の印象は、朴訥!でした。
そして、ウマいかヘタいかわからない!でした。

大 誤 算 !

バカか、自分。
今日やっとウマさがわかりました。
なんてキメ細かい演技なんだ!
顔にあまり出さない役なのに、
その奥に秘めた思いを表現するのに長けすぎ!
しかも完全版には過去を語るシーンも。
あんなに素直に涙を出すとは…!
もう思わずつられたよ
あと、ジャン・レノの独特の雰囲気だね。
マネしろって言われても無理だね。
恐い顔なのに紳士で、
そして時々コミカルなのは天性だよ。
(その雰囲気、ジェイソン・ステイサムに似てるかな…)


で、ナタリー・ポートマンね。

大人っぽいのにかわいい。
あの歳からあのオーラを出すってスゴすぎ。
小さくて痩せ細いけど気が強い。
マチルダはキャラクターとしてもアクが強いし、
ホントいい役柄に当たったよね。

そしてやはり彼女もウマかった…!

レオンのドアのブザーを鳴らすシーン。
恐くて泣きじゃくりたいけど、
家族を殺したやつらの前で不可侵な行動をとれば、
自分も殺されてしまうという機転を働かす。
堪えながらも必死に懇願する。
完璧だったなー。
心理状態が流れるように伝わってきて。
あと自然な演技だなー。
ナタリーのスゴさは、
こうして小さい頃にババンと名を出して、
普通は消えるようにいなくなってしまう役者っているけど、
まさに今挽回状態だよね。
巻き替えす実力が十分にあったんだねー。
それはこの映画で証明しているな。


作中にBJORKの曲が使われてました。
あと、ゲイリーの一味の若い人、
どっかで観た顔なんだが思い出せない…。
音楽はエリック・セラ
有名だけど、でも私の触覚はどーも動かん…
けど『レオン』のサントラは借りてみようかな、やっぱ。

あー。
だなー。
こうまでハマらせるのは、
やはりストーリーが良いからだなー。
このままじゃループのように語ってしまう気がする。

とりあえず、以上でお開き。
ゲイリー万歳。



ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.