ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
気になってたので、

ぐっばい、れーにん!

グッバイ、レーニン!』を観てみた。

内容が良い。
よく考えたな~


======

『グッバイ、レーニン!』っていう、
タイトルが好き。なぜかは知らんけど。
音かなぁ。
歯切れの良さっていうか勢い?


ベルリンの壁の崩壊って、
私が生まれた1年後くらいなんだよね。
なんていうか、
すっごい昔の気もするけど、 30年、40年たってるような…
実は20年なんだね。

そのわりにはことの大きさを
授業で習う程度でしか理解してない。
しかもベルリン崩壊は疑いなしでイイコトだとばかり。

や、もちろんさ、
ドイツという国が二つに分かれてしまって、
その境界のベルリンの壁を越えようとした者は
"亡命"という形になるんだもん。
だったら合体してイザコザが少しでも減ると良いよね。
イイコトとして捉えても悪くはないと思う。

ただもちろん歪みは生じる。

だから善くも悪くも、
あの日が懐かしいっていう感じかな。
国が統一するなんて、
電化製品がどんどん進化すること以上に、
時代や文明の流れを肌で感じるだろうから。



母親のために。

母親が生きている間はせめて、
母親が信じた東ドイツに生きさせたい。
例え時代をさかのぼるような
無謀な計らいだったとしても。
例え母親に対して大きな嘘をついても。

知らなければ、幸せなこと。


------

息子のアレックスが偉すぎだと思う。
偉いは変か…優しすぎか。
でもね、父親が亡命して、
女手一つで育ててもらったことに感謝するのは
当然のことだよね。

介護を続けるアレックスや、
それから妹(だよね?)のアリアーネ、
アレックスを支えるアレックスの恋人ララ、
知人やアリアーネの夫たちたち。

みんなドイツの統合を隠すなんて無謀で、
嘘をつき続けることに良心も痛んだりするけど、
それでもなんか嫌な奴がいなくて、
それぞれの思いを抱きながらも、
隠し通そうとする様子がすっごい良かった。

せめて、死ぬまで。

テーマはこう、一見重そうだけど、
重くならずに温かい感じが
この映画の良いところだなーって思う。

案外序盤はコミカルだし。
色がキレイだったな。
早送りシーンとかもおもしろいし。
ドイツ映画も良いなーと思いました。


あんまり(っていうか滅多に)ドイツ映画って観ないんで、
アレックス役のダニエル・ブリュール
どっかで観たような感じがしたのがナゾだった。
でもあれだった、
サルバドールの朝』の予告を何度か観たからだ。
あの映画は重そうだよなぁ…。


あと音楽が楽しかった。
作曲家はヤン・ティルセン
あの『アメリ』でも音楽を務めていたみたい。
ちょ…私いい加減『アメリ』観なきゃなー。
うー…試聴できるところが見当たらない…。
評価も高そうだな~。

あ、一曲だけ聴ける。
あとは日本版公式サイトで、
インデックスページにて音出ます。 いきなりだから気をつけて。

お、ドイツ公式サイトにの方が聴けるかな。3曲。
こっちもいきなし音出ます。



こういう映画、
いっつも良いな~って思う。
人間味があって。


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ






関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





グッバイ、レーニン!
いつか忘れたけど私も見たー!!
なんか細かい内容とかは忘れたけど、おもしろかったことは覚えてるわー。私の大嫌いなピクルスをお母さんのために必死に用意する息子たちとかw
なんか改めて見たくなってきたー!!
【2007/12/02 01:18】 URL | くみぱんつ #-[ 編集]

コメントありがとー!

私もそこまでピクルス好きじゃないけど、
瓶詰めのピクルスが異常においしそうに見えたよ。
昔観たなら、
また今の歳で観ると何か違うかもね。
時間あればぜひ、また。

【2007/12/02 23:21】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.