ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気になってたので観ました~。

ままののこしたらぶそんぐ

ママの遺したラブソング』。

期待していた以上に、優しい映画

恋もします。 え?

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

ジョン・トラボルタ目的で観たいなと思いつつ、
なんだか後回しにしてたけど…

レビューで結構評価が良かったので、
いよいよ観ることにしました。

------

へぇ!この作品、
シェイニー・ゲイベルという女性が
監督と脚本を務めたんだぁ!!

でも「あぁ、だからか」っていう感じも。
とにかく優しい、優しい映画
そして男性像が、上手。


映画冒頭からなにやら美しい情景。
コントラストが良いのか、
ニューオリンズが良い場所なのか。

そして登場する人物たちの優しさ。

物語の内容も好きだけれど、
何より登場人物がみんな魅力的で、
だからこそ感情移入するというか。

------

内容は、母親の死を知らされたその娘、
パーシー演じるスカーレット・ヨハンソン
彼女の家を訪ねることから始まります。

この辺は予告観てわかることだけど、
死んだ母親の遺言で、
アル中の元文学教授ボビー演じるジョン・トラボルタと、
これまたアル中の教授を慕う青年ローソン演じるガブリエル・マクトとの
突然の共同生活…が舞台。

徐々に近づくようで、
近づきすぎないんだけど、
互いにちょっと孤独なところから
家族のような家族でない信頼関係で繋がる…ような。
とにかく曖昧な3人の関係なんだけど、
そういう微妙な人間関係が実に実に魅力的…!


白髪のジョンがまたかっこいーんだぁ
ヒドい酒飲みだからどうしようもないんだけどね。
加えてセクシャルハラスメント三昧っ!!(笑)

さ・ら・に!!
もう今回また落っこちました
ガブリエル・マクト!!
私にとって今作が初めましてなんだけど、
やさしー顔シマクリスタ★でフォーリンラブ!!鼻血たりーん
気は利くし、
頼りなさそうで回りが良く見えてて、
実は包容力があって。
何よりボビーを心底慕っているところ、
見捨てないところがステキスギス
表情や行動一つ一つがかっこよすぎて、
一人でエライ目に会いましたよ、私… バカか。
ちょ…もう一回観よう…


で。
人間関係が美しい映画なワケなんですよ、とにかく。
彼らを取り巻く人々がみんなイイヒト。
別になんだってワケじゃないけど、
そういうところを観るだけで気持ち良い


演技はジョンもスカーレットもガブリエルも、
みんな良かったなー。
特にスカーレットが真相を知って、
泣きしゃくるところ。
ぐしゃぐしゃになるワケではないんだけど、
泣く時に呼吸乱れるそれを表すのがウマくて。
持ってかれました ちょろいなー私…

ガブリエルが泣くシーンもツボですね。
口がかわいスギ!(口?)
ジョンもすっかり年寄り演技がウマい。
彼も泣きじゃくってたなー。
スカレーットがうらやましいぜ、このやろうっ!!


もしかしたら。
もしかしたら、内容は普通なのかもしれない。
でも3人の人間模様がステキで、
映画が美しく、優しく魅えるのかも。


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ

にしても、
ガブリエルくんが『グッド・シェパード』に出てたとは…



ててて、追記です

いかんいかん、ガブリエルに飲まれすぎだ;

セリフがウマいです、この映画!
パーシーのはねっ返りの強い口答えもそうだけど、
本の一説をたくさん用いるところがオサレ。
もちろんその辺に疎いので何の作品かはわからんが。
ボビーがペラペラと引用すると、
ローソンが作家の名前を言う。
このカラミがグッドですよ、まったく。


あと、音楽に使われている音なのか。
もしくは音響として使っているのか。

ギチギチギチー という、
セミのような、強く鳴く鳥のような音が聴こえます。

だいたいそれは心理的圧迫や
ぎゅーっと切ない時とかに効果的に使われてる。
た…たぶん、意図的に…。
虫の声ではない…はず?
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんばんは☆
この映画、今日見ました。
一昨日に分けのわからない映画を見て、昨日は重い重すぎる映画を見て、今日はその3日分を取り返すように、暖かい気持ちになれて、本当に良かったです☆

最初の酒場の暗くてタバコで曇っている場所から、ヨロヨロと出てきて・・・青い空と白い雲!そこから始まる「四季折々の美しさ」このニュー・オリンズという場所は、素晴らしかったです!

一番素敵だと思ったのは、ラストシーン、両親のお墓が隣どおし仲良く並んで、ちょっと前までは母親さえ居なかった彼女に(祖母の思い出とロクデナシの男だけが居た)今はこうして、両親のお墓の前で、愛する人と手をつないで、大学に通って、自分の道を歩む・・・

お花を育てている隣人が父親か?と勘繰ってしまったけど、彼もすっごく良い人で、お花の名前付けられて、これからの人生頑張ってほしいね~!

長々とすみません。いつも色々とありがとう~☆
【2009/10/19 22:05】 URL | サイ #jSBoJ0Ww[ 編集]

>>サイ さん

コメントありがとうございます!
この間は「ブログDEロードショー」にもお誘いありがとうございました♪

この映画、比較的軽めで、
でも心温まる話なのが良いですよね~。
とにかく景色が綺麗で
そういった意味でも癒される映画でした。
(ガブリエル・マクトという俳優のかっこよさも
 衝撃的で、癒されましたがvvv)

>お花を育てている隣人が父親か?
私はもう後先何も予測しないで観てました;
それくらいリラックスして真っすぐ観てましたね~(笑)
でもまた観ても良いなぁと思います★

こちらこそ、
いつもいつもいつも本当にありがとうございます!
【2009/10/20 14:09】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



主演私の大好きなスカーレット・ヨハンソン♪そして、スカーレット・ヨハンソン演じるパーシーと奇妙な共同生活をするのがジョン・トラボルタとゲイブリエル・マック。監督のシェイニー・ゲイベルはドキュメント作品を撮っていた監督で、フィクションは本作が初めてだそう... LOVE Cinemas 調布【2009/01/22 23:24】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。