ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
厨房シーンだけで、おなかいっぱい。、

でぃなーらっしゅ

ディナーラッシュ』を観た。

ニューヨークの
ある一つのレストラン内でめぐる一夜を
スピーディでシリアスで、
ヒューマニティある映像作品に凝縮。

======

TSUTAYAの店頭で確か紹介されてて
(好きな映画と同ジャンル扱いだった気が…)
ずっと気になってたんですけど、
こんなにYahoo!映画でも評価高いとは…。


確かに楽しかったです。

イタリアンレストランのとある一夜を
一本の映画に収めたんだけど、
監督がレストランを数個持っているだけあって、
厨房シーンがリアルでステキ
さすがに「リアルなレストラン」ってだけじゃ
スパイスが足りないって感じで
サスペンスや大どんでん返しをご用意。

個人的にはホント、
楽しそうな(でもかなり忙しくて荒れてる)厨房シーンだけで
満腹な気分になれました。
いろんな人間(お客さんも含めて)模様を描いてて、
たくさん詰め込んだ感じもしないでもないから…。

ただもちろん、そんなリアルな人間模様も、
ちょっと突飛な人間模様も、
まぁ舞台はアメリカで、
イタリアンマフィアもいるってんだから、
こんなドタバタもありかなーって。


私も一時期ファミレスでバイトしてて、
こんなドタバタはよく体験してたんだけど、 もちろんサスペンスはナイよ!
ホント混んでる時ってこんな感じよね。
と共感してしまった。 焦る焦る。
その「優雅な食事」とは無縁の、
スピーディな厨房や店員たちを
カメラがウマく動いて撮っていたのが好感触
自然と店員になった気分(笑)

------

オーナー役がベテラン俳優のダニー・アイエロ
レオン』でレオン役ジャン・レノ
仕事を与えて金を渡していた、あのおじさん。

そして新鋭のシェフ役ウード(オーナーの息子)を演じるのは、
エドアルド・バレリーニ。 どっかで会ったように思ったけど、お初でした。

副シェフ役ダンカンを演じるのはカーク・アセヴェド
この人もあんまりまだ映画に出てないけど、
有名どころでは『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』に出てるみたい。 
私は未観。役名はないのでチョイ役か…

以上の3人が基本的に主で回ってたかな。
ホントに色んな人に視点を当ててたけど。

さっきっから言ってた通り、
厨房シーンがかなりお気に入りの私は、
シェフのウードと副シェフのダンカンの
人間関係がすっごく好きでした

オーナーは息子のウードの料理に
実はあんまり良い顔をしていない。
奥さん(ウードの母)と経営していた頃の
料理メニューや味を残したいと思っていた。
で、より好みの味を作ってくれるのが
副シェフのダンカンで、
うまい具合に変わったライバル関係が
ウードとダンカンの間にある。

でも映画のやや半ばに出てくる
対・評論家用の料理を二人で作るシーンは、
結局料理を作ることが大好きな二人同士、
すっごく気があってるんだなーって。
このシーンが一番ステキなので見所
場面自体もすっごくクールでスピーディに描いてて、
ノリノリのBGMにノリノリの二人がマッチして
すっごくイカしてます!(死語!) ∑

でもまたこのウードって男がね…。
すっごくクールで堅物かと思いきや、
辛口評論家と寝て店の評価を善く書かせたり、
これまた意外なほど軽い人でした。
もちろん信念があってこその行動だけど。
超カッコイイシェフだからね。
その辺はもう、料理の才能プラス恵まれたモノだから
ガンガン利用していかないと(笑)

さらにダンカンもまたアホたれちゃん。
ギャンブルにどっぷり漬かってて、
いくらヤメロと言われてもヤメ切れない。
この辺も映画の見所ですねー。


それにしても、
料理を普段しない私でも、
作りたいとウズウズさせる作品。 コレってスゴい。
シェフ考案のオリジナル料理は
本当においしそう(に見える) 独創的だけど。
しかも厨房をあんなに嫌がってた私も、
「ありかも?」と思わせる始末。
それほど魅力的なんです。
厨房の人たちの動きや音、
そしてウエートレスたちの素早い配給。
厨房では怒鳴りあいながらも、
和気愛愛なんですね。 うふふ~


監督はボブ・ジラルディ
たぶん私はお初だけど、
どっちかっていうと音楽PVを手がけてきた人。
あとはCMとかを多く作ってきたみたい。
最近増えてますよね、音楽PV出身の人。
確か『リトル・ミス・サンシャイン』の監督もそうだったと思う。

音楽は…作曲家が作った曲よりも、
挿入歌の方が良かったかな。
なんか映画自体とは全然意外な曲がテーマだったりして、
ちょっとビックリしたけど、
例のウードとダンカンの合作料理シーンで流れた曲は
映像とすんなり合っててグッジョブです。


以上。
そんなに高くは評価できないけど、
なかなか楽しいのでぜひ、ご賞味ア・レ


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.