ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
ディズニー★ミラクル!

まほうにかけられて

魔法にかけられて』を今頃やっと観た!


新社会人の疲れを癒されたいがため、
一人でレイトショーに駆け込んでしまった(笑)

ディズニーってやっぱスゴい。

======

小さい頃からプリンセスに憧れてました ×
小さい頃からプリンスに憧れてました  

そんな私ですら、
ディズニーマジックにかかってしまうような作品でした。

これはハッキリ言って
実写版なことに大きな力があったと思われます!
まぁそのへんは後に語るとして…
映画全体の感想から。


ベタで「おぃおぃ…」なディズニー作品。
昔からどこかかわいくない私は、
歌のシーンとか普通に早送りしてました。
そんな中唯一、『アラジン』だけはツボでした。
アクションが派手だったし、
敵のジャファーもイカしてたし、
ランプのジニーもステキなキャラクターだったから。

ディズニーが「お決まり」な作品を数多く作ってきたのは、
色々理由があるみたいだけど(原作『ダ・ヴィンチ・コード』参照)
その「お決まり」をディズニー本人がブチ破ったのがハイセンス。
予告から十分笑かしてくれました

ただ「お決まり」を完全否定しないところが、
従来のディズニーファンを裏切らない。
結局「ラストはこうなってほしいなぁ…」を叶えてくれるところが、
やっぱりステキなディズニー作品なのです

私はあんまりディズニー崇拝者じゃないけど、
技術的な面もスゴいし(今作のアニメ画もスゴかった…!)、
音楽も素晴らしいし、
やっぱりそのへんはサスガ、
世界が愛するディズニーだなーって思いました

歌とダンス、
CGを駆使したリアル動物たち、
「おとぎ話」を取り巻くNYの現実世界の皆様、
ありきたりな楽しいストーリー。
それら全て、
心をクリアにして観ると込み上げる何かが…!
果たしてそれは、涙でしょうか。笑いでしょうか。


以下ネタバレありのキャスト紹介。

------

プリンセス・ジゼル役エイミー・アダムスに拍手っ!

こんなところに本物のプリンセスがいるとは。
とってもカワイかったです。
歌も歌えるし、ダンスも小さい頃から身についてたらしいし。
しかし何より、
超お姫様バカを演じなくてはいけない難しさも、
なんなく乗り越えていた彼女はスゴい。
パンフレットのコメントには
この役を演じきる自信が大いにあったというような感じの内容だったけど、
実際こうした演技を大勢のスタッフの前でやるっちゅー、
その度胸がスゴいと思った。 さすが、ハリウッド。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出てたそうな。 忘れたよ。
この映画イマイチだったと思うのは私だけ?

CGと言えど、ゴキブリに頬擦り。
ドブネズミとキス。
そうした現代に生きる私たちが眼を覆いたくなるシーンを
明るくこなす彼女が大変魅力的でした。
プリンセスは全てを愛すんです! スゴイな。イエスやん。


ジゼルがスゴいなら王子もスゴい。
と、いうか超絶バカい。
演じるは、ジェームズ・マースデン
お前そんな暑苦しい顔して、その自信は何!?
そういうとこが憎めません(笑)
彼も歌がウマかったんでは。
ヘアー・スプレー』に出てるみたいなんで、楽しみ!


それからNYの王子バツイチ子持ち弁護士。

彼こそディズニーがガッチリなんだかんだで用意した、
ディズニー・マジックの最終兵器。
ロバート演じるは、パトリック・デンプシー
彼の存在で、
過去そのマジックに掛かったことのない私でさえも、
ガガーン!ぽわーん!でした。
ジゼルを取り巻くダンサーたちの群れの中に、
ポツンと引き気味のあの表情で「あれ…?」ってなり、
後はどんどんどんどん、
寂れた(笑)雰囲気にさらされてメロメロになっちゃいました

そしてかつてのディズニー作品のプリンスが、
踊ったり歌ったりするシーンに何も感じなかった私が、
彼が「日頃踊らないだけで、踊れる」って言って
クルクル女性をエスコートしたり、
最後にはジゼルとの思いを確認しながらも
切ない思いをささやくように歌に乗せるシーンには…

参りました鼻血たりーん

ディズニー・マジック恐るべし。
コレがアレですね、
「プリンセスを夢見る少女」の心境なんですね…!! 何言ってんだ。

パトリック自身は俳優人生一時低迷…ののち、
海外ドラマ『グレイズ・アナトミー』で再ブレイク、映画界復活!とのこと。
その寂れた雰囲気が、とってもハマリ役だったね。 染み出てる(笑)

あー まじあの雰囲気ヤバかったなーぁ


ロバートの娘役を演じた子役のレイチェル・カヴィ
大変素晴らしい演技を魅せてくれました!
最近日本もだけど、子役がものすごい勢いで育ってますよね
声もかわいいし、見入っちゃう感じでした。

声と言えば…
久しく外国人がアフレコしている作品を観ていなかったので、
海外のアフレコ演技が聴けて最高に楽しかったです。
普通にカメラに向かって演技するのと、
舞台に立って演技するのとは、
また違った演じ方をしなくちゃいけないと思うんですけど、
その演じ方のオオゲサ加減がスゴくて感服でした

あとリス!
CG版のリスはとにかく最高!
キモカワイイってヤツですよ、話題の。
息の荒いリスとか気持ち悪いけど、
そういう気持ち悪さをアッサリ見せてしまうディズニーが良かった。


魔女役は大女優スーザン・サランドン
メイクで気づけなかったのが悔しいです。
王子のお付きの者・ナサニエル役ティモシー・スポールの、
毒りんごセールス・トークには笑わずにはいられません!


今回アカデミー主題歌賞の栄冠はコッチだったけど、
音楽もものすごく良かったと思う。
特にテーマ曲をダークバージョンにするあたりが。
作曲はアラン・メンケン。
リトル・マーメイド』や『美女と野獣』、
そして『アラジン』も務めたんだから確な実力の持ち主だ。


永遠の愛なんてない?
でもどこかで求めてるのは
案外「おとぎ話」の住民ではない、
現実世界に生きる私たちなのかも?

色んなところで、
実は大切なテーマを伝えてたりします。

そしてとにかく笑かしてくれる

シュレック』等に散々否定されて人気が危ぶむ(?)今、
究極の一手を放ったディズニー。 某海賊映画等で儲かってるか。
成功だったと思いますっ!

色々しっくりこないなら、
とりあえず歌っとけ!

ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



上野樹里 大胆キッス!ドラマ『のだめカンタービレ』で注目を集め、現在放送中のドラ 上野樹里 大胆キッス【2008/05/04 17:28】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.