ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
行動、反動。

こくはつ

告発』を観た。


アルカトラズ刑務所の地下牢の真実。
人権も人道もない世界。

======

スリーパーズ』でのケヴィン・ベーコンの役柄の
記憶を消したく、今作を観ました

正に真逆の配役!
なんとなーく選んだ作品だったのに。


さて。
こんなに導入が軽くては
この映画を語れません。

アルカトラズ刑務所。

海に浮かぶ刑務所の全景を観て、やっと気付きました…。
ザ・ロック』の舞台か…!
かつて刑務所がまだ使われてた頃に、
脱獄不可能と言われていたアルカトラズから
唯一抜け出したツワモノっていう設定の役を、
ショーン・コネリーが演じてたけど…。

そのアルカトラズ自体のことは
私はほとんど知りませんでした。

囚人への執拗な体罰、
長期に渡る地下牢監禁。


当時その対象となってしまったヘンリー・ヤングと、
その弁護士ジェームズ・スタンフィルの「告発」。
実話というこで、観ていて身が絞まる思いでした。
いや、身が痛む、かな。

暗闇に3年間閉じ込められたら。

音もなく、光もなく。
自分の排泄物にまみれ、
そして定期的に受ける体罰。

どれも人間が人間に対して
人間として扱っているのか全く疑いたくなる話。

こうした境遇に晒されたヘンリーは、
次第に精神が病んでゆく。
そして事件が起こる。

若手弁護士ジェームズの、やや名声のための弁護も、
囚人ヘンリーの、問い掛けに反応しない姿も、
次第に二人の心が通うにつれて変化していく関係が良かった。

生か死か、
死の監獄か。

暗黒の歴史が変わる時。

------


あーわー
ケヴィン・ベーコンが大変だ…
なんて身体を張った演技。
仕方ない、ブラピたちにヒドいことしたけど、
許したげる。 映画混同中。

後半のケヴィンがかなり好き。
眼がピュアすぎる…
や 言うこと成すこと、動物的なんだけどね あれで攻められたらコワい。
それでも運命の行く先なんかよりも、
弁護士との会話をひたむきに楽しむ姿は…

個人的にはメイキング映像にあった、
インタビュー時のパーカー姿が好みだけど鼻血たりーん
少年みたぃでしたvv

それにしてもそれにしても。
心身に刻まれた深い傷を持ったことによる、
何に対しても怯える姿はリアルで苦しかった。
大切な人の前ですら傷の痛みが引き攣って
うまく思いを伝えられないまま…。
痛くて痛くて悲しかったです?

クリスチャン・スレイターはアレすね、
ブロークン・アロー』だね。
あんまり印象に残らない顔のように思うけど…。
知的な弁論術はなかなか良かったな。
ヘンリーを手なずけるのは、さぞ大変だったろぅに。
そも、正義の正論を吐きまくるプリズン管理者を
叩くっていうのは大層危険。
若者らしい怖いもの知らず(怖いもの見たさ?)な行動にも思えたけど、
仮にも囚人と牢でひたすら時間を過ごすっていう、
その温かさが良い。
あと、地下牢の証拠を集めに行った際、
その悪臭にも怯むことなく入る姿も素晴らしい。


そしてそして、
驚き桃の木山椒の木!(死語)

げげげ ゲイリー・オールドマンっ!?

オープニングテロップを追ってたら名前を発見!
やぁコレはもしかして、
ケヴィンと同じ囚人で、
心の支えになるよぅな友人役か? ワクワク

事前情報ないって恐いね。

虐待するのはゲイリーかえ!?? また悪役かよ!

もぉいいよぉ…どぅせそんなこったろぅと思ったさ…。
あんな優しくてカワイイお顔なのに。

ギャーっ鏡割ったァ!
またも瞬間沸騰タイプかっ!
ジェームズがそれをサラっと、
証人喚問中に言ったのがウケた。
にしても、コワイ
家族のためとか社会のためとか、
はたまたヘンリーのためとまで根拠のない偽善論述べて。
こうして人を故意に傷つける人間の精神って、
一体どーなってるんだ?
人間を人間扱いできないあんたが人間じゃない。
これは現社会問題の児童虐待やDVに繋がるょね。
ノーカントリー』でも言ったけど、
あんたに他人の人生変える権利はありません。


ウィリアム・H・メイシーも出ましたねー。
まぁ彼も正論派弁護士でした。

アア!それから最後に!
ブラッド・ドゥーリフも出ました!
どっかで観たなぁどっかで観たなぁと思ってたら、
ブルース・ウィリス主演『薔薇の素顔』で
セラピーに通うサラリーマン(?)役や、
最近やっと私の中で記憶が合致したんだけど、
カッコーの巣の上で』ででも、
精神病棟の中でも一番若い青年役を演じてた彼です!
今回は普通(笑)の役でした。 この人もウマいよなぁ。



ラストは薄々感ずくものの、
キューッと心臓が絞られるよぅな思いでたくさんです

ヘンリーの人生は何だったのか。
ただそこに視聴者が卑屈や哀れみを残すのは、
勝手な解釈かもしれない。
だって彼は戦った。
行動が反動を呼んだ。

実話かと思うと頭上がりません。
ゲイリーのお馴染みキレっぷりも見物ですが、
ケヴィンの迫真の演技も必見です。


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





見たことあるわ~。
しかも映画館で・・・。
そうあのコロは若かった~。
大好きな人が隣に・・・え?鍵コメにしなくていいの!?ひぃえぇぇぇ~~~~!!
ポチっ
【2008/04/22 14:39】 URL | ちょりママ #-[ 編集]

>>ちょりママ さん

おォ!ちょりママさんもご覧になりましたか!
しかも映画館で!
ケヴィンは若かったですねー、確かに。

 ポチ、ありがとうございますっ!
【2008/04/22 17:58】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.