ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消されかけた記憶の傷跡。

くらいしす・おぶ・あめりか

クライシス・オブ・アメリカ』を観た!

設定はSFでサイコ要素が強い。
でもそこに異常なほどのリアリズムがある。

これが本当だったら、どうする?

ブラック・ジョークが利きすぎて怖い。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ぶらぶらぶらとYahoo!映画の評価を観たら、
思いのほか低くてビックリ。
あまりに話がサイコチックだから、
政治的で厳格なストーリーを予測してたらズッコケるかも?
(私もそうだと期待してたけど。)

でもこの設定がどうであれ、
言いたいことはそれ以上に、
戦争から帰ってきた兵士が
どれだけ心に傷を負っているのか、
そういう大切なことを根底に置きながら作ったように思えます。
そんな兵士たちのこと注意視するために、
こうして恐怖とか洗脳とかが
前面に出した作品にしたんじゃないかなぁ。

繰り返される戦争の中で薄々感じるもやもやを、
「実はこんな非人道的なことがあったらどーする?わはは。」って、
思いっきり風刺的に伝えているようでした。
「わはは。」をオオマジメに作るから怖い


この映画はホント、
こんなノリでは語れないくらい怖い。
「こんなこと有り得ない!」と思いつつも、
兵士たちが抱える傷や、
政治や大手企業が抱える「イツワリ」が、
どれも完全に「フィクション」なのだと割り切れない。


映画はデンゼル・ワシントンの講演から始まります。
戦争での経験やそれに関われた誇り、仲間の賛美…。

ありがちだけど、
思えばそうと言うしかない。
戦争には死者が必ず生まれる。 物凄い矛盾した言い回しだな。
その人殺しを正当化させなければ、
兵士たちはこの先どうやって生きれば良いのかわからないもん。
それだけ甚大な心の傷を負っている。

それでも戦争反対派にとっては、
戦争自体を正当化されたようで悔しい。
「戦争が正しいわけあるか。

兵士たちは自分自身を弁明するためにも、
一種の合言葉のように決まり文句を並べる。
それこそがこの映画のテーマ。

彼らは洗脳されている。

戦争から帰還した彼らが語るのは栄光。
正義成功未来。
血みどろできな臭いあの世界を
口を揃えて意義あるものと唱うのは、
彼らの脳を科学的にいじくったからでは?

そんなブラック・ジョークが痛撃的な映画です。

え なに わっけわかんないが、怖いです。



これぞ大いなるすぎる陰謀!
大いなる陰謀』の比じゃなぃぜ、メリル・ストリープ!(笑)

…って…やけにオチャラケレビューになってますが、
映画は真逆なほど悲痛が終始纏う作品です。

いつの世だって、
悪いのは権力者、首謀者、偽善者。
兵隊さんは戦略や陰謀の駒なの。 


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

デンゼル・ワシントン、(私にとって)久々の正統派(笑)
彼の見る妄想に付き合ってたら夜眠れなくなる。
戦争帰還後の後遺症の驚異を見事表現してました。

それから、リーヴ・シュライバー
私はあんまり記憶にない人なんだけど、 一応別の映画で会ってる。
ものすごくカワイイ人だよね! 唇薄いし。
おっとっと、じゃなくて。ウマいなぁと感心しちゃった
心ここにあらずというか、
洗脳のによってすっかりお人形さんになってしまったという、
難しい役柄を深く練りこんで演じてました。
時折デンゼル演じるベンとの記憶の模索を通して、
ふっと我を思い出すそのメリハリもウマい。
くらいしす・おぶ・あめりか
ニコォって笑う姿が無気力で、
でも同じニコォでも自我のある笑いもあって、
絶妙な切り替えをしてました ほんとスゴい。
この"自我"のある時の表情がホント素敵。
いつものように鼻血を出しておきたいところだけど、 は?
絶妙なタイミングで つー な涙とか顰めた顔とか、
全てを物語る笑みとかあまりに濃厚すぎて鳥肌っちゃいます。

リーヴ演じるレイモンドとベン、
それから共に戦った戦友たちは
深くて淀んだある者の私利私欲に翻弄された、
本当にかわいそうな人たちだった。
救いようのない映画で当然。
戦争に赴いた者たちを救うなんてことは、
そう簡単にできるものじゃないんだから。


メリル・ストリープはおっかねぇ。
一番好きなシーンはお偉いさんの前で息子をアピールするところ。
あの演説力(もちろん内容はセリフだけども)はベテランの貫禄たっぷり。
ほげーほけー…っと見惚れました。

それからジョン・ボイドも何気さり気に出てるんですよね。
いつまでも元気だなぁ、この人は。

あと、キンバリー・エリス
どっかで観たことあると思ったら
ジョンQ』でデンゼルの奥さん役をやってた人か!
この映画内ではしばしばウザかったこともあったけどね(笑)
『ジョンQ』ん時ウマかったなぁ。
それにしてもデンゼルと2度も共演(カラミオオアリ!)なんて、ズルい!


それから、すみません。(?)
そんなに登場シーンがなかったくせに、
私が物凄く盛り上がってしまった人がいます…きらーん らーんっ
24』で大活躍(特にシーズン5vv)、
マイク・ノビック役ジュード・チコレッラが出演!!鼻血たりーん

…ととと…あれ?
ちょっと待て…どこの検索結果を見ても
『クライシス・オブ・アメリカ』の出演記録がない…?
おかしいなぁ、絶対出てたぞ!
最後にテレビを消す人!誰か情報を!
なんか『24』みたいな役柄ですっごく嬉しくて。

しかも逆に『シン・シティ』や『ターミナル』や『フローレス』、
加えて『ショーシャンクの空に』にも出てましたっけぇ!!? あれぇぇ…?


映画的展開や設定だけど、
その奥にあるメッセージを感じて観ると
大変テーマ性の強い重厚な作品です!
じゅーど
そしてジュード・チコレッラ確認請ウ。(笑)


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





マイク・ノビックかつらだったのかなぁ
この映画では髪の毛あったけど・・・。

この映画はメリルストリープにやられましたね。
あまりの迫力に見てから時間が経っても記憶から離れません・・・。
【2008/05/11 04:57】 URL | Mr.ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

>>Mr.ブラック さん

  は!!やはり出てましたよね!?
  あははは確かに毛が多いと思いました!
  『24』の撮影と同時期ですよね?(違いましたっけ?)
  
  メリルが濃かったですね。
  当然のことのように押し進めていく、
  その恐いくらいの強さが…。
  この映画を観た後『大いなる陰謀』を観ましたが、
  また大きな陰謀をたくらんでるんじゃないかと、
  一人不安に思ってしまったり…。
  
【2008/05/11 10:55】 URL | なるは #-[ 編集]

多分同時期・・・かな?よく分かりませんけど(笑)

『大いなる陰謀』は見るべきですかね?
予告編見た段階では、主役3人があんまり絡まなさそうなのでスルーしようと思ってましたが・・。
【2008/05/11 17:16】 URL | Mr.ブラック #-[ 編集]

>>Mr.ブラック さん

トムとメリルの絡みはありますが、
ロバートは孤立してます(笑)

それなり良い映画ではありますが、
DVDで問題ないと思います。
【2008/05/12 07:39】 URL | なるは #-[ 編集]

まぁなんとなく予想はしてましたが、
やはり孤立してますか・・・。

おぉそうですか。
じゃ今度は『フィクサー』見に行ってきます!
【2008/05/12 18:51】 URL | Mr.ブラック #-[ 編集]

>>Mr.ブラック さん

  お察しの通り、孤立です(笑)

  『フィクサー』はぜひ!
  …まぁ意外とこの作品も
  賛否両論に近い作品でもありますが。
  『大いなる陰謀』と観るか決めかねているなら、
  断然『フィクサー』です!
  
【2008/05/12 21:48】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。