ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※お蔵入りにしてた不幸な記事を、今更アップ!(鑑賞は6月29日)

スティーブン・スピルバーグジョージ・ルーカス
テーマパークへようこそ


いんでぃ・じょーんず くりすたるすかる
※このパンフレットは写真や資料がいっぱいで、かなり充実!

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観た!

あのインディ・ジョーンズが帰ってきた!
持ち味残して最新技術で帰ってきた!
ちょっとインディがおじ…いさんになって帰ってきた!

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

失われたアーク《聖櫃》
  魔宮の伝説
  最後の聖戦


これらはテレビででしか観たことないです。(しかも吹き替え;)
だからこのシリーズを映画館で観れたことが
とても嬉しかったですっ

大スクリーンでの骸骨
恐くて仕方なかったですけど!
ぎゃっ

やはりこういう作品は映画館で観るのがベスト!
まるで遊園地に行ったかのような124分
なんだか思わず内容をしゃべっちゃいそうなんで、
今回は以下ネタバレで!
おそらく公開期間は長いと思うので、
それなり過去のシリーズを把握の上、ご鑑賞ください!
映画館で、ワーキャーしようっ もちろん心の中で。

さすがに公開は終了してますよね…。

ご参考になりましたらポチリ願います★
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
------
以下はネタバレありですのでご注意!


インディ及びハリソン・フォードがおじいちゃんに…!!

や、内容的にはパパになったって話なんだけど。
すっかり歩き方がおじいさん…。 少し寂しい。
ファイヤー・ウォール』を観た時も思ったんだけどね。
若いインディが頭の中にあるから、その衝撃もまた大きい。

だけども、頑張るハリソン!!

どこからスタントを使ってるかはわからないけど、
どう考えてもアクションの激しさは今作が最高なのでは!?
大スクリーンで観た所為もあってか、
興奮・絶叫オンパレード!
(まじで私は一度、「ひぃっ」と言いました。)
正直ラストを観ると、「あれーそうだったん?」。
だけどもそれに辿り着くまでのアクションに眼福


クリスタル・スカルの伝説。

ナスカの地上絵の話を持ってこられると、
宇宙人がいても普通ではないかと思ってしまう
どちらにせよ、宇宙人はいないとは言えないと信じてる一人ですが。

クリスタル・スカルが物凄い磁力を持っている設定も、
なんだかそれはそれで「ありだな、うんうん」。
またこれが逆に崇高で絶対的力があるように思える。 うまいなー。
あらゆる金属が引きつけられるシーンは観ていて心地よし。

この磁力の凄まじさを表現するのもうまかったです。
特にが。
人間にも鉄分が巡ってるんだから、
あんなに強力な磁力があったら少し狂うと思うんですよね。
音の効果で磁力を感じて具合悪くなりましたもん。
脳に語りかけるものが絶対にありました。

あとはアケトー神殿の仕組み。
カラクリをしっかり練っていて、在り得なさがない。
このファンタジーリアリティがひたすら愉しい
アケトーの石階段が引っ込んでくシーンは
やたらハラハラしました 


在り得ないものといえば。
「おいおいお前ら、死んだだろう」が多々あった点
や もちろんそこは映画なのだし。
インディ・ジョーンズなのだし。だから良し。

特に3つの滝を落ちるシーン。
あのシーンが今回の映画で一番感服。
だって、ジェットコースターに乗ってる気分だった!
内臓浮きましたもん!!
オックスリーじいちゃんが、クリスタル・スカルを抱きしめてるくせに
なして船から落っこちないのか。今作の最大のナゾでした(笑)


あと序盤の核爆発。
さすがのインディでも死ぬだろうよ。
冷蔵庫の中でシェイキングされても怪我一つなかったけど、
きのこ雲が出ているうちに外でたら完全被爆でしょうに
体洗うだけでセーフなんてそんな…!
24』シーズン2で被爆に酷く敏感です。
そういえばメイソン役サンダー・バークレー
ターミネーター2』に出てたんですね!
昔からハゲてたんで、あんまり今の変わりなかったな。



その他、ハラハラ要素満点。
映画冒頭、倉庫のシーン。
天井内側の骨組みを伝って走るインディ。
まぢ危ないって!

軍隊蟻の凄まじいさにも、思わず引き攣ります…
え ホントにあんなに軍隊なの?

バイクで逃走するも、敵の車に引き込まれて
また戻るシーンもおっかない(てかハリソンが心配…) 足引きずってますがな!
二代目ジュニア(シャイア・ラブーフ)もすっかり血を受け継いで、
車と車の間に足開き! 海開きじゃないんだから…

さすが、エンターテイメントを忘れちゃいない。

------

ここらで少しマジメ話。

なんだかこの映画観て思ったのは、
古代の文明も伝統も、
現代人が踏み入れただけでこうも脆く崩れてしまうんだな、と。
無頓着で浅はかな人間の手で
あっという間に何千年もの知識を壊滅させてしまう悲しさ。
これまでどれだけの取り返せない産物を失ってきたのかな。

今回は宇宙人の知識だったから、
きっといつか出会える知識かもしれないけど。
それでも消え失した建造物。戻ってこない。
時間は遡れないのに。


先にも述べましたが…
そう。宇宙人。  ←コレはタコ。
正直、ちょっとやっちまったね…って感じのラスト。
クリスタル・スカルが13体揃ったところまではかっこよかった。
円盤が出た時点でちょっと引いた…

でも、ま。良いんだ、インディ・ジョーンズだから!

そんな寛大な気持ちで観れば、
絶対楽しめるっ♪♪

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
この後本当はキャストのこと書く予定だったっぽいですが、
今じゃスッカリ何を語りたかったか忘れましたや。
きっと、ケイト・ブランシェットを語りたかったんだと思う…。

そんなこんなで…お蔵入りだった感想、
もったいないので
(ほとんど手直しせず)アップ!のコーナーでした。 コーナーだったんだ?
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





自分にとって「インディ・ジョーンズ」は『映画が好き』っていうモチベーションを今まで保ってくれた要因になる大事な作品のひとつです。(俺もTV世代ですが;)

「インディを劇場で見れる!」
それだけで内容がどうだろうと映画館に足を運ぶ十分な理由になりました笑。

スクリーンでハリソン・フォード(確かに老けたなぁ;)がムチを振り回すシーンを見ただけで、
なんつーか、もう、幸せだったなぁーーーっ
もちろん、アトラクションばりのアクションシーンも心踊る。少年に還った気分ってやつです。

「ま。良いんだ、インディ・ジョーンズだから!」
ほんとその通り!
宇宙人オチはたしかに苦笑いでしたが、
そんなんで評価変える映画じゃないんだ!
「冒険」を楽しむ映画なんだから!!

・・・と、ちょっと熱くなりました; スイマセン笑。
【2008/11/22 17:03】 URL | 炭酸 #-[ 編集]

>>炭酸 さん

熱いコメントありがとうございます!
やっぱりインディシリーズを
映画館で観れるという喜びは絶大ですよね!
予告を観るたび、テーマ曲に心躍りました!

結果は、別に駄作じゃないんです。当然。
冒険モノストーリーに浸れたんだから、
それだけで1800円の価値がありますよね!
【2008/11/22 18:11】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。