ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全知全能映画。

『リボルバー』

リボルバー』を観直した!

完全なる哲学の世界。圧倒的。
現在の私の最大の敵は、
この感動を文章化できるかどうか。

一度で解せなければもう一度。
映画の真意が見えた時、仰け反る。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

一回目
置いてかれた。
でも非難することは到底できず。
(地元の映画館でなかなか公開しないので)もう一度急いで都内の映画館へ。

まだ幾つかナゾはあるけど、解りました。
完 璧 ですね
脚本に3年掛かっただけある。
書き重ねるうちに地殻まで入っちゃって、
掘り起こすのがちょっと大変になってしまっただけ。
あんなに一つ一つのセリフが深いと、
オツムの足りない私には少々難解でした… アイタタ

だけどもう、すごいんです。

ぜひ前評判忘れて、真っさらな気持ちで観てほしい。
ガイ・リッチーの過去の作品さえも忘れて。
人間の心理を説いてます。
伏線もガッチリ。編集もバッチリ。


後ろから2番目の曲がカッコイイ!いくつかサントラに収録されてる曲もあります。

『誰が誰を操っているのか?果たして真実はどこにあるのか?
 驚愕のエンディングが意味するものは?』

こんなチャチなアオリはスルーせよ。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!


というわけで。
前回は萎縮してしまいましたが、
今回は膨張して語ってみます。 どこまで言葉にできるか不安だけど。
ネタバレ必至なのでご注意アレ。

------

彼は最強の知能犯だと思ってた。

主演ジェイソン・ステイサム演じるジェイク・グリーン。
積年の恨みを復讐するため、カジノ王・マカ(レイ・リオッタ)へ挑む。

グリーンは姿も知れない師から得た勝利の方式で、
カジノの金を干上がらせる。
それがマカの最も嫌うことであると狙いを定め。

そんな時、突如グリーンの前に現れたナゾの二人組み。
彼の命を護ることを条件に、マカから吸い上げた全額を要求する。
グリーンの脳内は、疑念と圧迫で支配される。
だがその「醜態」は隠し通した。
オレは天才だから。
超越した師の方式を解して、得たから。
それが誤り。

「嫌なものは嫌っ!」
ワガママ娘の絶対論。 えぇえぇ私も使ってますとも。
でもこうしたことって、老若男女誰にでもある。
絶対に譲れない「嫌なこと」。
グリーンには「閉所恐怖症」のきらいがあった。
我を失う恐怖。憎悪。故に拒絶する。
それも誤り。

真の勝利とはゲームの支配者になること。

そのためには、
上達する唯一の方法は強敵との勝負J・シーザー/紀元前75年
最大の敵は思いがけぬ場所に隠れているチェスの基礎/1883年
投資した金を守れ銀行家の心得/1775年
戦争回避は敵を利するのみマキアヴェッリ/1502年
これらの考えを解して実行すること。

他人から受けた噂を鵜呑みにすること。
そこからイメージして作り上げること。
それが全て紛い物であることに気づかないこと。
嫌悪を固定観念として距離を置くこと。
これらは敗北の要因であり、誰もが逃れられない理と思う。
否、それさえも気づけない。
そこで得たと思い込んだ勝利は真ではない。
大きなゲームの中の、チェスの駒の一つに過ぎない。

「チェスが洗練されている理由は?」
チェス盤の64マスの上には駒が置かれているだけ。
それを移動させる者はチェス盤の上にはいない。
ゲームの支配者こそ、その者。


「一緒に連れていこう」。
君もその域に連れていってあげよう。
そうする理由は決して、君が好きだからではない。
だって君は私だから。

ミスター・ゴールドの姿です。姿はありませんが。
全駒を動かす、ゴールド。
駒は各個に選択しているようで、支配されている。
選択をする脳が支配されてる。
その支配の位へ連れていってあげよう。

苦悩から逃れることこそ、敵の利。
己の苦悩に立ち向かうことこそ、敵の苦悩。
支配から解き放て。
洗脳と気づいてゴールドと一体化した自分を切り離せ。
「I am YOU.」
騙されるな。親友なんかじゃない。自分なんかじゃない。
『最大の敵は思いがけぬ場所に隠れている』。
これですよ、これ。この真理。
私も一番自分をどうにかしないとって思ってました。
痛恨の一撃を食らった気分です。
きっと、「食らった!!」って人がこの映画に太鼓判をするはず
プライドとか自負心とか、飾ってんじゃねぇ。
認めろ。弱さも負い目も。

なーんて。
これがどうにもできないくらい難しいから、超越できない。
この映画を観終わった後、
「じゃぁ…どうにもならないし、死んじゃおうかな」ってなるのが常。
所詮成れたとしても、マカ止まり。

哲学です。この気が狂いそうなくらいの理論。

------

疑問点を挙げます。
・グリーンが階段から落ちちゃったのはなぜ?
 (エレベーターに乗れって指示はわかるけど。)
・リリー・ウォカーはゴールドに支配されてるのか。
 ゴールドを利用しているのか。
・ソーターはゴールドの存在に気づいているか。
 やはりゴールドによる選択だったのか。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!

------

ジェイソン・ステイサムが完全な俳優になった。

今作のジェイソンには恐れ入ったよ。
エレベーターのシーンで特に。
普段(私が)お待ちかねのガシガシ戦うジェイソンではなかったけど、
やっぱりガイが着せる役はジェイソンに合う。


ですが、MVPはやはり彼でしょう。

レイ・リオッタ

「Fear me !!」
ガクガクボロボロのレイを観て、絶句しました。
役ではゴールドに勝てなかったけど、
彼自身はゴールドですよ、絶対。
その他今作は大変露出度が高いスタイルでしたけど(笑)、
そういう心意気も持ち合わせてるレイはかっこよすぎ。

準MVPはソーター君!!
演じるは、マーク・ストロング
ハゲオヤヂだけど君付けしてまう!!
シリアナ』や『オリバー・ツイスト』で出会ってるらしいんだが、
すっかり記憶にないのが申し訳ない…。
ザ・ビーチ』を観た勢いで『サンシャイン2057』も観てもうかな。
彼がマカの側近・ポールを撃ったのは悲しかったけど、
大人のゲームへの逆襲は最高だった。
結局彼は、グリーンが一度アヴィに銃を向けたことと同じだったのかな。
でもまじかっこよかった鼻血たりーん
ハゲには偏見はないと、どこかで言った気がするんだけど、
チョロ毛には少し嫌悪感があったりする。
潔く「You 剃っちゃいなよ!」てなる。
でもソーター君は見事にチョロ毛。
加えてメガネ外すと貧相なおヂさん。
まーく・すとろんぐ
それでも彼のドモリ具合とかスナイパーとしての腕前には敵わない。


側近ポール役テレンス・メイナードもかっこよかったな。
ポールはもうちょっと賢い奴だと思ってたけどね。


ロック・ストック&トゥ・スモーキング・バレルズ』や『スナッチ』でもガイとタッグった、

ティム・モーリス=ジョーンズ撮影監督が大好きです。
編集がうまいってのもあるかもだけど、
撮り方がどうにもウマだろう。

だけどこの映画で唯一イマイチだったのが、
アニメーションを使った手法。
まぁ酷なシーンも、実写を超えた映像も、
アニメでしかできないかなとは思うけど。
日本のスタッフに任せればよかったのにな。
下手な感じが良いのかもしれないけど。

音楽に関してはココで散々語ってるから省くけど、的確。


そしてガイ・リッチー監督・脚本!
彼にこの上ない拍手を送ります。
過去の作品とはガラっとトーンを変えてきたけど、
こういうのやりたかったんだろうなっていう感じがしました。
彼のインタヴューとか聞いてると、
どっか私なんて手も届かない世界に住んでる気がして。
それがこうして映画として形になったのかなぁなんて。
これからも、誰になんと言われようが、
熱ある作品を待ってます。


はぁ。満足!

あ、エンディングにスタッフロールがない意図は何だろうね。
これは作り物じゃないよ。
あんたの脳の話だよってことかな。

ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





おつかれさまです
うえ~ん、でもまだ難しいよ~v-409

うーむ、レイ・リオッタが「ミスター・ゴールド」だったんですか?
個人的には「ゴールド=カネ=金銭欲」というつながりで、ミスター・ゴールドは「金銭欲」の象徴とかかなと思ったりもしました
グリーンは悟りを開いて欲望を捨てたけれど、マカはとらわれたままみたいな
話はうろおぼえだし、これでは辻褄が合わないかもしれませんけど
【2008/07/07 23:32】 URL | ネクラーソフ #-[ 編集]

>>ネクラーソフ さん

なるほど…!金銭欲ですか…!
ゴールドという名前である理由にも繋がりますね!
確かに金が巡る話でもありましたよね。

レイ・リオッタがゴールドというより、
誰もがゴールドだったんだと思いました。
…というより、自分の考えや行動そのものが、
ゴールドの意思によるものだのに皆気付けない。
金銭欲だけでなく、ゴールドという恐怖は自分で作り上げたもので、
姿形がないのに、まるで実在しているかのように自分で仕立ててしまっていたんだと思います。
だから最大の敵=自分=ゴールド。

で、ゴールドを地道に且つ計画的に作り上げたのは(利用したのは)、謎の二人組・アヴィたち。…だったのでは…。
彼らはゴールドに呑まれてませんし。
謎のおばさんリリーもしたたかに空想のゴールドの側近を演じてましたね。
彼女がいることで、皆が恐怖に煽られるんだと思います。
大人のゲームの首謀者はゴールドのようで、
実は彼らが首謀者の首謀者だった…みたいなのですかね…?

長々書き連ねるわりには、
曖昧ですみません(-.-;)
【2008/07/08 07:56】 URL | なるは #-[ 編集]

架空のボスを作りあげて利用したのは「ユージュアル・サスペクツ」ですね
(まだ観てらっしゃらなかったらネタバレですね。ごめんなさい)
でもやはり「リボルバー」は、他の作品ほどすっきりとトリックのネタは割れてないと思いました

ようするにわかりませんv-393
また別の機会に復習してみます…
【2008/07/08 23:58】 URL | ネクラーソフ #-[ 編集]

>>ネクラーソフ さん

割れてませんねー。
これぐらい謎で終わるのも楽しいです。

『ユージュアル・サスペクツ』観ましたよ!!
二転三転する結末がかなりおもしろかったです!
クセモノ★ケヴィン・スペイシーがなんとも言えないですね!
若かりしベニチオ・デル・トロも良かったですが…
お早い退場で…(・_・、)
【2008/07/09 07:41】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。