ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


善人犯罪人を弁護せよ。

しんじつのゆくえ

真実の行方』を観た!

すみません、映画の内容も良かったんですが、
エドワード・ノートンが頭から離れません。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

事の発端は『交渉人』鑑賞後。
母:「この人(ケヴィン・スペイシー)の映画で、変なのあった気がする…」

まぁ結局のところケヴィンではなくエドワードだったんすが。
私もこの二人がすぐ被る。あとジョン・キューザックも(笑)

リチャード・ギアも出てます。
この時点で私はかなりのタイムラグがありました。
そもそもエドワードの年齢を見誤ってた…。

わっ エドワード若っけ!
映画冒頭、教会で賛美歌を歌う少年たち。
あれ?なんか今の男の子どっかで…?

え え え エドワード・ノートンっ!?

リチャード・ギアがこのくらいの時、エドワードこのくらい!?
この人存外若いんだ!?


以降エドワードに焦点ロックオン
(垂れ目具合が)ハーレイ・ジョエル・オスメントくんに似てるなぁとか思いながらも、
エドワードのかわいさにしばらく絶句。

ど どもりが!か かわいすぎ!

上手いよー。この歳で長けてるよー。
ポケェって口開けてるよー(ツボ)

しかし彼はこんなもんじゃなかった…!!



この先は語りたいけど語れません。
映画の神髄ですし。
…にしても…もぅ!クセモノ!
だからケヴィンと重なるんじゃいっ♪♪


映画自体もなかなか。
「え…どーすんの…?」っていう不安もあり、
展開が読めない感じ。
ただまぁそこはエドワード主演なら転ぶ先がわからんけど、
リチャードが主演ですから。
大きな不安にはならんにしても。
普通の裁判モノとはちょっと違ったコンセプトで◎

どうして犯罪人でも弁護するのか。

常日頃ちょっとした疑問でもありますが…
実際のところ裁判にかけられた人が悪人であるとは、
確かに絶対ではないんですよね…。
その人の過去を遡り、
そうなった原因を知ったなら。

もちろん、
「親に勉強しろって言われた」とか、
「交際を拒否された」とか、
そんな幼稚な過去なら納得いきませんがね。
誰だって経験してる苦しみを、
何であんたは堪えられんのだよって話です。

でも幼い頃、両親に酷い虐待を受けとか、
家庭環境が悪くてとか、
生まれながらに背負ってしまった不幸によって
他人に刃を向けるようになってしまったのなら考えものですよね。
(これも今時マンネリかも知れんけど。)

まぁ他人の命を絶つなんてのは、
以っての外だけど。
よっぽど正当防衛とか、
よっぽど死刑宣告下すべき殺人とか、
そんなんじゃない限り。

難しいです裁判。
でもせめて金や名声を二の次にした弁護であってほしい。

この映画での弁護は…
これがまかり通るのか…?という不安もありましたが、
まぁリチャードは無償で弁護してるわけだし。
きっと善人だと信じて助けようとしたわけだし。
「直感」ほど裁判に持ち込んでほしくないものはないかもだけど。


エドワードはこの映画でスクリーンデビューとのこと。
大規模オーディションで(レオナルド・ディカプリオもいたとか!)選ばれたみたい!
しかもこの作品でアカデミー助演男優賞にノミネです。
エドワード観るだけでも十分価値がありますよ。
(ちょっとばかしディカちゃんバージョンも観たかったなぁ。)

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!

------

前半でもエドワードを語りまくってるので、
控えたいなぁとか思ってますが…。

他作品で会った記憶が乏しいのはナゼでしょう。
ミニミニ大作戦』と
ファイトクラブ』くらいしか覚えてない。
この前買った映画雑誌に、
『ミニミニ ~ 』への出演は仕方なくだったってのを読んで傷つきました
この映画好きなのに。
確かにエドワードの役は正直安いけどさぁ…。
『ファイトクラブ』はもう一回観直したいな。
あと『レッドドラゴン』ね。
もう一回『羊たちの沈黙』と『ハンニバル』復習してから
手を伸ばしたいなぁ。
(そして流れで『ハンニバル・ライジング』!)
そうそう、最新作も公開控えてますよね、
インクレディブル・ハルク』! 公式サイトはコチラ
なんでも脚本が気に入らなかったエドワードだけど、
口出しが認められて(笑)、おもしろいモノにしたらしいよ!プレッシャー!
ハルクに変身しちゃうと、エドワードってわかりづらいけど、
でもエドワードが孤独な人間を演じてるみたいなんで(燃)、
アメコミ原作だけど観てみようかなぁと。

リチャード・ギアは…
ま あんまり触覚動かない人なんだけど、
シカゴ』や『ハンティング・パーティ』で楽しませてもらったから、
文句は言えない。 特にないけど。

ローラ・リニーも出ましたねー。
出た!歳とっても変わらない人!
アメリカを売った男』でもステキでした。

が。もっと年齢不詳の彼女が…!

アビィーっっ from『ER
なんか結構モーラ・ティアニーってオイシイ映画に出てますよね。
ジョン・トラボルタやらアル・パチーノやらと共演とか。
やはり彼女の底力ですかね!カワイっ!大好きっ!
最新出演作は『俺たちダンクシューター』…。 あ…こんなのにも出ちゃうんだ?


作曲家は『ER』繋がりで、ジェームズ・ニュートン・ハワード
ただまぁ今回は1996年っぽい…時代相応な…臭い曲でした。
『ER』でもサックスをメロディラインで使うとか、
一昔前の作風でちょっと惜しい感じなんですよね…。
ただ最近の曲は最高ですよ!
ブラッドダイヤモンド』とか『フィクサー』とか! 実は『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』とか!
昔から独特のリズム感は健在ですがね。


近々エドワード祭を開催しようかな。
すっかりエドワードブームの今日この頃。
(今までなんとも思わなかったのに)彼の顔を見るとうっとり
エドワードの作品でオススメのものはぜひとも教えてください!


ランキングに参加しています。
少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





エドワード・ノートンいいですよね~。
といいつつ『真実の行方』は見てないわけですが(笑)
『ハルク』は予告編見る限り面白そうなので期待してます。
ティム・ロビンスも熱演してますしね。

レビュー読んだところ、面白そうなので『真実の行方』今度見てみようと思います。
どうでもいいですけど、この小説うちの親父が大好きなんですよね。
【2008/08/06 22:42】 URL | MRBLACK #xw27v.Lk[ 編集]

>>MRBLACK さん(お名前変えられました?)

良いですよねー、エドワード!
私も彼の出演作をほとんど観てませんが…。
これからいっぱい観ようかなと思いますっ(*^O^*)
映画も押しが弱い気もしますが、
エドワードが観応えありますよっ!
原作ではどのように描かれているのか気になりますねぇ!
【2008/08/07 18:19】 URL | なるは #-[ 編集]

あー名前はー変えてないです(笑)
書き込む場所によってカタカナだったりアルファベットだったりするんで・・・

まぁつまりミスりました。すいません~

原作は多分読まないと思いますが、映画見たときの気分によっては読むかもしれません。
エドワード出演作はやっぱ見て行きたいですね。いい俳優さんですよ。
【2008/08/08 00:00】 URL | Mr.ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

>>Mr.ブラック さん

すみません、余計なこと気にしてしまって…f^_^;
エドワードの作品は何から観るか迷いますが…
『23時』とかどうなんですかねー。(出てますよね…?)
あとはリベンジ『ファイトクラブ』ですかね。
ちゃんと字幕で観たいです(テレビ放送で観てしまったので…)
【2008/08/08 07:41】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん(^^)こちらにも失礼致します。

見に来ましたノ-トン祭り。(笑)

自分がエドワ-ド・ノ-トンという人物を知ったのはやはり「真実の行方」からです。
あの完璧な演技。素晴らしい俳優だなぁと思いました。リチャ-ド・ギアを完全に喰ってしまいましたよね。(^^)

この作品を観て法廷ものとドンデン返し系にハマっていきましたね。

アメリカン・ヒストリ-Xでもそうでしたが種類の別の人格を演じ分けるのがとても上手いと思います。

なるはさんの祭りへの情熱も素晴らしいですね~
記事の内容もとても良かったと思います。

素晴らしい!(^^)
【2009/04/25 18:14】 URL | ユウ太 #-[ 編集]

>>ユウ太 さん

わざわざこちらの記事にまで…!
ありがとうございます!!

「エドワード・ノートン」という存在を知っていながら、
やっぱりデビュー作『真実の行方』を観るまでは
あまり触角を動かされなかったです。
歳を重ねたことによって、観る視点が変わって
エドワードに興味を持つようになったとも思いますが。

これが、映画デビュー作!?
というくらい、のびのびとした演技でしたよね!
この映画のラストも衝撃的過ぎて、爽快でした!
(こういう映画で爽快っていうのもアレですが…)

祭はちょっと思考が偏り過ぎる時もありますが…
楽しんで書かせていただきました!
また機会があれば、遊びに来てください!
【2009/04/25 21:07】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。