ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
3年H組! レクター博士!!

ひつじたちのちんもく はんにばる

羊たちの沈黙』、『ハンニバル』を観た!

なぜ突然レクター祭??
いえいえ、全てはエドワード・ノートン祭の準備です。
レッド・ドラゴン』を観る前に、レッツ★おさらいタイム!

全世界を恐怖に陥れた、ハンニバル・レクター博士シリーズ。
1作目と2作目の質の差は明白ですが、両作共にご紹介っ!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

深夜に2本観るもんじゃないですね。しかもレクター博士を。
や、レクター博士を2本観たって良いんだ。
それよりクラリス・スターリングの配役が変わったことが痛かったんだ。
頭の中にジョディ・クラリスが残っている間に『ハンニバル』を観ると、
ジュリアン・クラリスとの相互性に納得が行かなくなってしまう
ジョディ・フォスタージュリアン・ムーアも好きだけど、

ジョディは汚れなき女性。
ジュリアンは汚れありき女性。


な、感じがしてしまいます。失礼かもしれませんが。
だからジョディ・クラリスが
レクターに指を触られる瞬間はゾワっとしますが、
ジュリアン・クラリスが
レクターにお姫様抱っこされようとも何されようとも、
「仲良いですね~」で終わってしまう。

ジョディは『ハンニバル』の原作を読んで出演を断ったみたい。
その時点で映画を作るのやめるか、
原作と結末が違うらしいので、
思い切って別の女性FBI捜査官を作っちゃえば良かったのにな
それほど腕っ節のある脚色にしてしまえば良かったのに。

監督もジョナサン・デミからリドリー・スコットになりました。
ちなみに作曲家は、ハワード・ショワからハンス・ジマーに。

監督の所為ではないかもしれませんが、
『ハンニバル』になることで芸術性が全くなくなります。
日本ではR-15指定だし、暴力的。 Σ
や、『羊たちの沈黙』に全くその要素がないとは言ってません。
ただ顕著になってしまうのは、
1作目のレクター博士は監禁されてて、
2作目は野放しから始まるわけだから、仕方ないとこか。
1作目はアカデミー賞作品賞、主演男優賞、主演女優賞、
監督賞、脚色賞受賞。 ゴイス!
主要5部門を総なめって、これどういうこと!?という感じですけども、
改めて観直すと、確かに美学があったなぁと思います。 結果論ですが。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!

キャストは私の知る知らないの影響が大いにありますが、
『ハンニバル』はレイ・リオッタゲイリー・オールドマンが出たりと、
マネーの面で期待かかってる感があります
ジャンカルロ・ジャンニーニ(フィレンツェのパッツィ刑事役)も、
やたらカッコいくてステキでした。 渋いおっさん好き。

あれ?内容について語ってませんね、全然。

正直なところ、時間帯の都合もありますが、
『ハンニバル』は眠かったです
パッツィ刑事の精神的切迫は楽しめましたが、 るん♪
レイ・リオッタのシーンも(レイの演技自体は笑えますよ。)、
ゲイリー・オールドマンのシーンも(回想シーンは笑えますよ。)、
役柄の所為かなんだかイマイチだし。
何よりクラリスとの関係が気持ち悪い!!
礼儀ある関係だったのに!!!
ボディ・タッチありすぎですよ!!レクターっ!!


『羊たちの沈黙』は、節度のある作品でした。
バイオレンスも人間関係も含めて。
クラリスとレクターの関係が大好きです。 大好きってのも変だけど。
レクターって紳士ですよね。 違いますか?

あれ?やっぱり内容について語ってませんね。

内容か。
連続猟奇殺人事件の犯人を捜す…切望の根源。
犯罪心理ってコジツケな気もしないでもないけど、
環境は絶大。 毎度同じ事言ってるな。
憧れや羨望が嫉妬や執着に変わり、
独占欲や破壊欲が生まれ犯罪を導く。
妄想から行動に変わる時が一番恐い。
空想から現実になるギャップがスイッチになるから。
犯罪や変態の境界線の基準は「法的に」しかないし、
事の発端は様々ではあるけど、被害者はたまったもんじゃないですよね。
この映画には「狂っちゃった人」が出ます。
もうほとんど、観客に共感を与える気はないと思います。
だからただ恐い。
「きっとこんな過去があるのかもしれない。」とかも考えるけど、
やっぱりそれこそコジツケで、
個人の価値観から考えますと、犯罪人ですよね。
以上、『羊たちの沈黙』の内容でした。

『ハンニバル』は…薄くない? レクターの頭が、じゃないよ。
バイオンレンス要素に気をとられて、
深読みできなかっただけでしょうか。
や、とにかくジュリアン・クラリスに萎えてしまったんですよ…
レクター博士も残酷は残酷で良いんだけど、
変にクラリスに情が傾きすぎたのも嫌だ。
原作はどうなってるんだろう。どこから違うんだろう。
『ハンニバル』=レクター博士の恋? 『博士の愛したクラリス』?

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!

ネタバレありのキャスト語り、行きますか!


アンソニー・ホプキンス
ガラス張りの向こう側で、瞬きせずに見つめてくる感じ、ウマい。
口に付いた生き血と白熱灯で殊更白い肌のコントラストが美しかった。
内臓食い再現とか、モノマネのレパートリーです。 は?
1作目のレクター博士は本当に、芸術家としか思えない。
2作目のレクター博士はただの、恐怖の塊。
「やるだろうな、やるだろうな、あ、やっぱり。」がほとんど。
唯一、お姫様抱っこは「はぁッきらーん」となりましたけど。 すみません、思考回路ズレて。
最近観たアンソニーは、『白いカラス』。
この映画なかなか深くて難しいけど、アンソニーがかなり良かった。


ジョディ・フォスター。
か わ え え !
ジョディ・クラリスなら、レクターも惚れると思うんだ。
歳とってもそのかわいさ、健在だよね~。

ジュリアン・ムーア。
ごめんね、悪口ばかり言って。
たぶん『ブギー・ナイツ』の影響が大きいのね。
男っぽい強さがあるんですよ、この人には。
ちょーっとレクターの好みとは違うんじゃないかなぁとか。 勝手に。


バッファーロー・ビル(連続殺人犯)役を演じたのって、
テッド・レヴィンだったんだ!?
私レクターよりこの人の方が恐かったよ…。


レイ・リオッタ。
脳みそが…!(笑)
ややや、笑っちゃいけないとこだけど!
アホだこの人!大好き、こういう演技しちゃうとこ!
セクハラ上司役でもあるけど、似合う!! レイならセクハラ許す!

ゲイリー・オールドマン。
オープニングクレジットで名前を観逸れまして。
メイスンの回想シーン(映像はあまり鮮明でない)で、
んっ!?ゲイリー!?」。
でも顔が見えるのはそこまで。
あとは6時間かけたメイキャップにカワユイお顔が潰れ、
エンディングクレジットまで確認できず…。
声も違く聞こえたけど、あれはゲイリーの演技力によるものか…!?


ジャンカルロ・ジャンニーニ。パッツィ刑事!
超絶カッコイイんですけど!
不安に満ち溢れて、それを押し殺す感じがツボなんですけど!
渋みが絶品です。『ハンニバル』で一番良かった

最後は監督。
『羊たちの沈黙』:ジョナサン・デミは『クライシス・オブ・アメリカ』で衝撃。
近々『フィラデルフィア』を観る予定。
とってもスゴそうな作品なので、心してかからなければ…!

『ハンニバル』:リドリー・スコットは
アメリカン・ギャングスター』で楽しませてもらいました。
こういう作品も作れば、『マッチスティック・メン』も作る。
幅広い監督ですよね。そして活動的。
近々エドワード祭で『キングダム・オブ・ヘブン』を観る予定。
昔は恐~ぁい監督だったらしいけど、最近はまるくなったとか。


さーって!次は『レッド・ドラゴン』だぁ
ちゃんとちゃんと予習したから、しっかり観るぞぉ!
『羊たちの沈黙』は、ここまで有名な作品なんで観てない方は絶対どうぞ。
『ハンニバル』はこの先のシリーズも観るなら観るべき?
ハンニバル・ライジング』も観ちゃおうかなぁ。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





エドワードのためにこの二作を見た人は、
世界でもなるはさんくらいでしょう。v-398

本作はジュリアンのすっぴん顔(に見えるメイク)が素敵で、
くすんだ感じの肌の色が美しかったのを覚えています。
個人的にジュリアン・クラリスは嫌いじゃないですね。
ただ、ジョディの生涯の当たり役と比べられるわけで、
演じる前から勝負は見えてるというか。
ボクはジョディも相当男っぽい役者だと思いますが、
どこかかわいさが感じられるのは、
彼女に少女っぽさがのこっているからかなあ。
【2008/09/02 23:32】 URL | ケン #-[ 編集]

>>ケン さん

動機が不純ですみません…;

ジュリアンは確かに
まるでスッピンですよね。
根っから青白い肌な印象があります。

ジョディも少年みたいな雰囲気はありますよね。
とにかくエドワード祭のために、
焦って1作目、2作目を続けて観たのが失敗でした…。
配役チェンジの衝撃を直下で受けてしまったので…(>_<)イタタ

若干ジュリアンに恐怖感を抱くのは私だけですかね…。
なんか眼が強くて…。
【2008/09/03 08:11】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



そう。彼が帰ってきた。 しかもなお、血に飢えて。 【感想】 前記事繋がりでこの映画を鑑賞しました。しかも初見です。 医学博士の肩... Recommend Movies【2010/03/11 13:47】
映画史に刻まれるサイコ・スリラーの金字塔! 【感想】 第64回アカデミー賞 作品賞に輝いた知名度抜群のサスペンス映画。 内容はご... Recommend Movies【2010/03/11 13:47】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.