ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「皮膚は自我にかかわる」。

うたうだいそうさせん


ロバート・ダウニー・Jr.祭、第7段!
前夜祭 第1段 第2段 第3段 第4段 第5段 第6段

信じられないほどナンセンスな邦題、
歌う大捜査線』を観た! 原題:THE SINGING DETECTIVE

この映画、好き嫌いが完全に分かれる。
でもはっきり言って、深いよ!!
毛皮のエロス』に続く、ロバダニのとんでもメイキャップ炸裂。

でも絶対、気持ち悪いからってそらしちゃダメ!!

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

まず始めに言っておきたい。
最近日増しに物騒になる世の中で、
こんなこと口にするのは大変恐縮ですが。

邦題つけた奴、射殺したい!
時間の都合で一部しか聞かなかったけど、
音声解説で監督が意図した「大衆化」の風刺を
意識してつけたというなら、吹き矢で我慢したげる。


さて。今作。
本当に観るべきが迷いました。
だって「気持ち悪い」「意味わかんない」との
レビューを多数見かけたから
き…気持ち悪いって、どれほど…?
これほどです→もざいく
クリックすると観れます。 ※画像は大きくありませんが心の準備を。

映画はいともたやすく、突然どアップを観せてきます。
また、しばらく長く映すことも多々。
映画観ていくうちに慣れるけど、
最初はホント「んっ」となります。


ロバダニは今作、皮膚病なんです。 乾癬という病気みたいです。
実際にこの皮膚病に罹っている方が全国にもたくさんいるようです。
だから言葉に気をつけます。先ほどは失礼しました


彼は売れない探偵モノ小説家。歌う探偵が主人公。
自閉した性格と生活で、小説の世界と混同してしまう話。
この皮膚病、精神的な面も関わっているようなんです。
そんなの医学的にみて本当か嘘かはわからないけど。
原作者(脚本)のデニス・ポッターもこの皮膚病に悩まされた一人。
全身に症状が出てしまう人もいるようで、
ロバダニもデニスの症状に(おそらく)合わせた役です。

もうここまできたらなんとなく、
タイトルのようにふざけてらんないでしょう?

作品上、時折ミュージカルも交えているし、
「酷」を追求した話ではないので構える必要はないです

ただ、ひたすら、
ロバダニ演じる小説家ダン・ダークに共感

皮膚的な面ではなく、精神的な面で。 私もアレルギー体質ではあるけど。
映画を観てない方にはなんのこっちゃだけど、
でもだからこそ抽象的にはっきり言える。

欲はあるけど恐怖。

あっさり恐怖を乗り越える人と、
そうもいかない人が絶対いる。 私の原因は何かわからんけど。
ダンが幼い時に受けたトラウマが、
大人になった今、むしかえる。

や 泣きます。 だってロバダニ、迫真!

どちら様もウェルカム!と言えない作品だけに、
薦めるのも難しいところですが。
ロバダニは流石だなと実感するし、
何より低予算の上、たった35日間の撮影で完成させた
キャストやスタッフの皆々様が素晴らしいです。
私の趣向的に気に入らないところもあるけど、
内面をよ~~~く魅せた作品です


あ、R指定です! 今知った…でも確かにそうだね。
それにしても予告では皮膚病が一番酷い時は流れないですね。
横顔は映ったけど。
そうですメル・ギブソンも出てます(笑)
ジャンルはコメディみたいだけど、高尚だな。


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !



多毛症より皮膚病のメイキャップには驚き
全身乾癬症なので、パンツ一丁(と言うよりサラシ?)なシーンもあり。
これ、撮影の準備だけで大変じゃん…!

ダン・ダークは精神の限界に達していた。
彼の皮膚は「ピザ人間」。
体は硬直し、自分の力では手足を動かすこともできない。
また痛みも伴っていた。
でも彼が感じる限界は、皮膚だけではない。
むしろそれは、隠れ蓑。
「女が嫌いだろう?」
皮膚を盾に、他人をとことん拒絶すれば良い。
堕ちる、ダン。どこまでも。

監督のキース・ゴードンはロバダニに提案します。
メイキャップにかかる時間で溜めたストレスを、
この役に活用しても良い。

音声解説はほとんど聞けませんでした。
が、キース監督が語るに、
ロバダニは優しい人で、他人を怒ったりしない。
むしろ自分を責めるんだ。

かかかか監督!その話、もう少し詳しくっ!!きらーん
やっぱりなァ。思ったとおりの人だ、ロバダニは!
キスキスバンバン』の音声解説で特にそう思った。
彼は一歩引ける男なんだ!
大人なんだ!人間性が優れてるんだ!鼻血たりーん

脚本の読み込みに長けたロバダニは、
人間の深い深いところにある
イガイガのギチギチのグワグワを、
繊細に粗く演じていました!!
しかも精神が一番砕けてたのは、症状が酷い頃。
泣けば涙でしみ、口を動かせば皮膚が痛む。
表情に制限を加えられた中での名演。
観客はロバダニに精神を乗っ取られる


対して、妄想の中のロバダニ。
キザな「歌う」探偵。
表情もシニカルでコミカル。
歌は全て口パクだけど、若干踊る。
魅せる演技もとことんできる人です!!
しかし更なるポイントは、歌えるんです。
えぇえぇ先ほど、歌は全て口パクと申しました。
ですが、エンディングは地声で歌っております!
これまたキスバンで良い忘れたけど、
キスバンのエンディングもロバダニが歌ってるんだよね~
歌手活動もしていたようで。
動画を探せばわんさか出てきます。
絶対アゴ出して歌ってんなァと思ったら、案の定(笑)
中にはピアノを弾いている映像もあって、吐血!げはぁ!
歌うまいっていうか、溶けます。


その他、数々の巧みな表現力で魅せてくれます。
中でもやっぱり、ハゲ・ギブソンとの共演でしょう。
うたうだいそうさせん2
指差してあはは~ってしてるけど、ギブがあはは~だよ?
…失礼。メル・ギブソンでした。
最初眼を疑いました。 何やってんの、ギブ~(笑)

まァそれは良いとして、 ギブの潔さもステキだ!
ギブはロバダニ演じるダンの精神科医。
少しずつダンが書く小説を基に、
彼の記憶や経験を紐解いていく。
映画の後半に、言葉ゲームがある。
ギブが言う言葉から連想される言葉をロバダニが返すシーン。
これがウマい。
あのテンポ。息がピッタリ合い過ぎ!
またあのセリフの掛け合いの中で、
ついにロバダニ(というかダン)の核心に触れる。
取り乱す、ロバダニ。つられて取り乱す、私。(←バカ)

映画終盤は記憶を辿りに辿り、
ロバダニの幼少期へ遡る。
彼の小説の展開は、彼の幼い頃の記憶の鏡だった。
泣き崩れる、ロバダニ。つられて泣き崩れる、私。(←バカ)

妻を売春婦と罵る時の、
精神むちゃくちゃな時も痺れました。
あの時の恨み辛みを抱えた瞳
そんな眼で見つめられたら、私、自殺する。 殺傷能力あり。
あと『毛皮のエロス』みたいなプレイ(?)がありました。
必死に抑えるロバダニがかわゆすぎです!!鼻血たりーん

細かいところで。
やっと自力で立つことができた喜びと達成感。
ベッドで仰向けになって、
「ひゃ~ぉ」と歓喜のため息をするロバダニがツボ!
「ひゃ~ぉ」ってなに!!と、素で声出しちゃいまし(笑)
あと奥さんにデザート(?)を食べさしてもらう時に、
スプーンごとガチィッと噛み付くロバダニもかわいくて…!


さー。キリがないんで。
メル・ギブソンはハゲのクセに、
やっぱり核心に迫る演技だな~。
役柄的にはとっても軽いんだけどね
ロバダニとギブは近いモノがあると思う。
無理のない、鮮やかな演技。
私、ギブも大好きなんですよね~。 好きっ気多くて毎度すみません!
最近再び『身代金』が観たくて仕方ないのです。
だってリーヴ・シュライバーも出てるんでしょ? 知らなかった~
ひどくしょうもない映画だけど、『マーヴェリック』のギブもイイ!


ズルいのなんのが、
トム・クルーズの現奥さん、ケイティ・ホームズ!!
うたうだいそうさせん3
どーきんしゃい!小娘ぇぇ!(どっちがよ)
おまっ この間も『ワンダー・ボーイズ』でロバダニと共演したじゃないか!
何度もロバダニと共演するなんてズルい!!
しかも今作は絡みがタップリ!!
きィィィィっ憎らしいのなんの!!

と、思いきや、彼女も2度目!アルフレ・ウッダード
愛が微笑む時』の幽霊4人の一人。
好きだったなァこの人。この人がいなくなる時、一番泣いた

あとは海外ドラマ『ER』で、
外科医だか産科医の部長を演じてたエイミー・アキノ
この人はもう、医服しか想像できません。

エイドリアン・ブロディが出てるのもスゴいでしょ? なぜ誇らしげ?
正直苦手な顔なんですけどね。
戦場のピアニスト』をいい加減観なくてはならないけど、
どうにも手が出せない…。


愛に怯える男。
またロバダニがやってくれちゃってます!
うたうだいそうさせん4
観る意志のあるものだけに、魅せるでしょう!
でもさすがに今作は、無理強いはいたしゃあせん。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





この映画は知りませんでしたが、レビューを拝見してかなり興味を持ちました。
出演陣もなかなか豪華ですねえ。
にしてもこの邦題はヒドイ。内容知らないとこれだけで観る気失せますね。
最近もヒドイの多いし、配給会社の方(?)もうちょっとましな仕事してくださいよー、
と思いますね。
【2008/11/11 21:33】 URL | Dr.Dちゃん #-[ 編集]

>>Dr.Dちゃん さん

コメントありがとうございます!

本当に好き嫌い分かれる作品だと思うんで、
自信を持ってオススメはできないのですが。
でもご興味をもたれたなら、ぜひ!

この邦題には参りました…ヒドすぎますよね。
『ミニミニ大作戦』や『ラスベガスをぶっつぶせ』にもゲンナリですが…。
どういった意図で付けるんですかね…。
絶対興業収入落ちてますよね…。
【2008/11/12 22:31】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。