ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わっわっわ―――――ぁぁぁっっ

ダ・ヴィンチ・コード』に続く、
ダン・ブラウン原作、映画『天使と悪魔』が
いよいよ来年5月に世界同時公開だーっ!

てんしとあくま

ロン・ハワード監督、トム・ハンクス続投!
加えてユアン・マクレガーまで出ちゃうって??

公式サイト:http://www.angelsanddemons.com/
まだコンテンツ少なし。

コンクラーベ!!

私も楽しみだ!って方は、ガッツリ同意のポッチリを!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

そのうちもう少し画質がキレイなのが
アップされるかもしれないけど、とりあえず。



世界同時公開だけあって、
日本版予告もしっかり準備されてます。
探せばスグ見つかると思うので、そちらもどうぞ。

映画化するって話からずいぶん時間が経ったけど、
(脚本家たちのストが原因みたい?)
待たされた分だけ期待高まっちゃったよ!!
覚悟しなされ(?)、ロン・ハワード!

原作的には『天使と悪魔』が先だけど、
まぁまぁラングドン博士シリーズ第2段ってことで

私はね。もう誰に何を言われようとも、
『ダ・ヴィンチ・コード』が
        死ぬほど好きなんだ
鼻血たりーん
運が良いことに、「原作後」組み。
「原作先」組の方が特にこの映画を批判するけど、
映画先の私には原作も死ぬほど楽しくて、
楽しすぎて涙が出たもんです

ベストセラー小説で、内容的に宗教が絡むから危険視もされた。
そんな大反響を巻き起こした映画だけあって、
「この作品が一番好き!」と語ると
定番だなとか、ベタだなとか、ありきたりだなとか言われますが。
革命 だったと思います、私の人生で
(今まで一番は『スピード』でした。ま、そんなもんですよ、私のレベル。)

あと時々、小説や映画にしなくなって
こういう「ダ・ヴィンチが残した秘密」知ってたって言う人。 学校で勉強したとかで。
「別に真新しくもなんともないわ。」とのことですが…
違うんだな~
知ってる・知らないが問題じゃない。
この小説や映画がその「まさか!な秘密」を形にすることで、
時間の交錯が生まれて、
歴史と現代が交わる感覚を味わえる! それですよ!

映画『ダ・ヴィンチ ~ 』のネタバレになるから極力伏せるけど、
ラストのラングドンがひざまずくシーン。
変わらぬ星の夜と、眠れるマリアと、今を生きる人。
それが一点に結ばれるあの瞬間!!
また観たくなってしまった~~っ。


ぜィはァ…今日暑いですねえ 私だけ

とか言いつつ、ちょっとばかし不安なのは、
実は原作『天使と悪魔』を完読してるんです…。
でも忘れかけてきたし。
きっと新たな気持ちで鑑賞できるでしょう。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
観てもいなくせに何をまだ語る?…すみません。
もうちょっと続きます…。

------

ロン・ハワード監督を信頼してます。 →信頼済み映画
嫌な感じでは裏切ることはないでしょう

そも、『天使と悪魔』の原作って
『ダ・ヴィンチ・コード』より無謀なシーンがあったな。
よりエンターテイメント向きな。
あまり軽くしすぎないでほしいな。


ところでさっき貼り付けた予告なんですが、
音楽聴きました??
『ダ・ヴィンチ・コード』の曲ですよね!
しかも後半ハードに編曲されてるし!
→サントラの感想はコチラ
『天使と悪魔』も、ハンス・ジマー続投ですか?
今突発的に書いてるんで、あとでチェックしよう。
ぜひ、ジマー氏にお願いしたい。
そして1作目を自身の手でガッツリ編曲してほしい。

あと今後の予告編はぜひとも、
Tow Steps From Hellに任せちゃってください。 関連記事はコチラ
前作に続く、髪の毛の抜けるような予告を!きらーん ぎぶみーっ


もう、来年の5月まで待てんきに!!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





連続でコメント失礼します。
ボクも『ダ・ヴィンチ・コード』がすきなので、
書かずにいられなくて。(原作はよんでません)

トム・ハンクスの安定感。
みずみずしく、キュートなオドレイ・トトゥ。
あやしいイアン・マッケラン。
ロン・ハワード監督の演出もまったく隙がないですね。
あまりにも注目を集めすぎたせいか、
ネガティブな評価が多い作品ですが、
一級のサスペンスであるのは間違いないです。

>この小説や映画がその「まさか!な秘密」を形にすることで、
>時間の交錯が生まれて、
>歴史と現代が交わる感覚を味わえる!

この言葉にも納得しました。
続編たのしみです。
【2008/11/10 23:38】 URL | ケン #-[ 編集]

>>ケン さん

連続コメント大歓迎です!
ありがとうございます!

わ~良かったです!
ケンさんもお好きでしたか、この作品!
そうですね、きっと。
観る人の数が多いからこそ、
酷評の数も増えるんですよね。
(それにしても私の回りはイマイチな反応をする人が多い…)

『天使と悪魔』はラングドン博士以外、
キャラクターがみんな違うので
オードレイが出ないのが寂しいです。
ここでオードレイが出てしまったら、
話がぐっちゃぐちゃになってしまいますが。

原作もぜひ、お時間があれば。
映画以上のうんちくに鳥肌するばかりです!
楽しみですね、公開が!

【2008/11/10 23:56】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。