ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
ほらね、ものは考え様。

らいふいずべいぼーる

ライフ・イズ・ベースボール』を観た!

ロバート・ダウニー・Jr.祭、第11段!
前夜祭 第1段 第2段 第3段 第4段
第5段 第6段 第7段 第8段 第9段 第10段

83分の映画。
短い間にきゅっと濃縮されたテーマ。
観終わった後の、やんわり温かさ。

1986年。レッドソックス VS メッツ。決勝戦。
野球を見て育った人生。
でも今年も、敗北するかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

レッドソックスは1918年以来、
68年間優勝を逃していた
野球には疎いので、ボストン・レッドソックスに関しての
Wikipediaのページへ飛んでみてください。


この映画、最初がとっつきにくい。
あらすじで野球についての映画とは聞いていたし、
映画の冒頭も野球のグランドから入る。
その割には映画が進めど進めど、
野球に関してはカーラジオから聞こえる中継くらいしか触れない。
「一体どんな映画なんだ…?」と不安になるばかり。
会話の中でもちょこちょこ挟まれはするけど。

でも映画中盤から少しずつ流れが乗ってくる。
坦々としてて「何を伝えているか」までは知れないけど。

そして終盤。いよいよ野球の試合が始まる。
そこで初めて主人公が抱える「暗い塊」が見え、
映画が投げかけるメッセージがはっきりする。

人生の悲観。
それこそがマイナスの元凶になっていないか?
心から人を信じる、自分を信じることができない者に、
レッドソックスの勝利を望めるか?

そしてもし、信じたのに望みが叶わなかったら。
恨む?悲しむ?落ち込む?投げ出す?
それだって考え様。
要は前向きになれって話。

前向きが成功や望んだ結果を呼ぶ。
「んな簡単にできるなら苦労しないよ!」と思うだろうけど、
それこそが悲観的だし、
前向きこそが成功のコツだと思う
少なくとも私はそう信じてる。
それが楽天的と紙一重なのが危険だけど。

はぁなるほど
一体何をどうしたい映画なのかさっぱりだったのに、
観終わると「へ~ぇ」と言いたくなる
たった83分で、くるくるっとまとめた脚本もなかなか。
セリフも的確で、妙に納得がいく

短い映画なんで、
少しでも興味があればチラッと覗いてみてください



少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

主演がマイケル・キートン
まいける・きーとん
マイケル・キートン…マイケル・キートン…
彼の作品何か他に観たかなぁ。あんまり覚えがないのですが。
バットマン』を演じてたみたいなんで、
たぶん1シーンくらいは見かけたと思うけど。
あと出演作、いくつか観ているっぽいけど。
ごめんなさいね、ロバダニ行きます(笑) ヒド。


今作のロバダニも良かばってん Σ

ブロードウェイのファイントムと呼ばれる、評論家。
彼が書く評価は殺傷能力のある毒舌さで、
恐れられると共に、恨まれる。
「真実は不公平。優しくない。」
でもそれを書くのが仕事なんだ!!と
大変仕事熱心で熱い男なんですが、
やっぱりその見返りが恐くて、姿を隠して暮らす。
劇場に赴く時は変装と銃。
言う割り、おっかなびっくりな人。

この辺の運命を背負う覚悟ができながらも、
闇を抱えている役が『毛皮のエロス』の役と似てる。
歌う大捜査線』はまだ覚悟がないから若干違う。
この悲しげな瞳!!きらーん
まじで堪らんですっっ!

この役も(毎度のことならが)アクが強い
初登場シーンとかあまりにもナゾが多すぎて、
この映画でどうやって絡んでくのかまるで想像できず。
らいふいずべいすぼーる3
とにかく、なんか不思議な人なんです。
黒猫と暮らし、信仰に励む。仏教?
浴槽で何かを唱えるシーンも。
アイマスクを付けて、くるくる部屋を回るシーンも。
何やってんだロバダニ!ステキスギだぞ!鼻血たりーん

らいふいずべいすぼーる2
気になるのは右頬の赤あざ。
これを隠すために変装するのかなぁとかも思ったけど。
でも部屋に連れ込んだ女性に、
アザを隠そうとはしなかったんで違うようでした

変装するシーンが、ものすごくセクシー。
や ただアイライン引いたり、
口紅塗ったりするだけなんだけど。
チャーリー』の時のメイクを落とすシーンも魅力的だった。
あれだね。
ロバダニのを、ものすっごく感じるからだね。 …あれ?変態発言?
口紅を塗るシーンとか特に。
女性っぽい雰囲気が出るからかなぁ。

こんな役柄で、案外女好き(笑)
試合結果を知った時の表情やセリフ回しも良かったな。
どんだけ繊細な演技なんだと、改めて感服


ロバダニの相手役をやったのがアリ・グレイノール
役の詳細はネタバレになるんで言いませんが、
じゃかしー小娘こんちくしょうっ! 失敬!
てな感じでジェラシーでしたが、
役柄的におもしろいポジションだったので良かったです。


あと主人公の妻役がキャサリン・オハラ
ホーム・アローン』のママ役。 懐かしい!
今にも「ケヴィーーーンッ」と叫びそう(笑)


監督はマイケル・ホフマン
たぶんまだ他の作品は観た事ないけど、
恋の闇 愛の光』ってやつに、ロバダニ出てません?
TSUTAYA DISCASには入荷されてないみたいで、
どうにも借りれないから店頭に行くか…。

というかそろそろこの祭、危機的。
ロバダニの作品、あんまDISCASにないんだもん! DVD化してないのか?


「孤独のワシ」が語るセリフも良い。
内容が、なかなかイイですよ


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





第11弾・・・す、すごい;

観てない映画いっぱいなのに「ジョージ・クルーニーが好き」なんて言ってる自分が情けないっす笑。

キャサリン・オハラって誰って思ったけど、
「ホームアローン」のママって聞いただけで
顔も声も即浮かびました。
もちろん「ケヴィーーーン!」のシーン笑。

ロバダニってずーっと前に、
なんかの映画で観たなぁって思い出してたんですが、
「追跡者」にも出てましたよ。
トミー・リー・ジョーンズ主演で、
「逃亡者」の続編に当たる作品です。
ロバダニ、けっこう重要な役どころだった気がするので、
もし観てなかったら、
祭りの支援としてどうぞ笑。
(本編としてはちょっと微妙だった気も・・・)
【2008/11/25 23:29】 URL | 炭酸 #-[ 編集]

>>炭酸 さん

観た数より、気持ちですよ!
『アイアンマン』観ただけで、
ハマったと決意しましたもん。(決意?)

『追跡者』に出てるんですよねーっっ(>_<)
でも私、『逃亡者』の記憶が薄いので、
まずそっちを観なきゃなと足踏み…。
『追跡者』にどのくらいの割合で出てるか気になってたんですが、
観るっきゃないですね!
(イイです、話微妙でも!恋は盲目!)

『ホーム・アローン』は始めて自らの意思で観た映画でした。
何十回観たことか!(笑)
完全にセリフ覚えてましたね(吹き替えですけど)
昔からハマりやすい性格なようですf^_^;
【2008/11/26 00:12】 URL | なるは #-[ 編集]

ついに二桁ですね~v-315
私もがんばろう。

この映画も気になりますが
私は、若いころの彼より2000年以降の彼の方が好きかな、と思うので
保留してあります。
(美味しいものは、最後まで残しておくタイプ)
監督マイケル・ホフマンとロバダニは、ウチの方で記事にした『ソープディッシュ』『恋の闇、愛の光』に続く3作目ですね、。
私はこの監督の『』素晴らしき日』がとても好きなので、忘れらない名前です。
でも『ソープ~』『恋の闇~』もDVDにはなっていないようです。v-292

『追跡者』は、微妙っちゃ微妙ですが、いい役どころですよ。
今なら、GYAOテレビで無料で観れるはずです。
【2008/11/26 06:40】 URL | 珊瑚 #-[ 編集]

>>珊瑚 さん

ですよね。
やはりロバダニは歳を召すほどステキです(*^∇^*)
珊瑚さんは私の盲点(というよりTSUTAYA DISCASの盲点?)を突いてくるので、
いつも「こんな作品があったんだ!」と思ってます。
珊瑚さんの感想を頼りに、
DVD化されていないような作品にも
徐々に手を広げていこうかなと。
それにしてもデビューが早いだけに、
ロバダニの作品っていっぱいありますね~っ!

『追跡者』も観なきゃですね!!
パソコンですよね…ウチ動作環境が悪いので、
頑張ってレンタルしようと思います…。
【2008/11/26 13:30】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.