ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
バベルのタワー。

たわーりんぐ・いんふぇるの

タワーリング・インフェルノ』を観た。

高く伸び上がった人間の創造。
欲の建造物が招いた悲劇。


これが1974年の作品!?
てんで衰えない秀作

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

つい最近観たばかりなんだけど(ケーブルテレビで)、
今夜はポール・ニューマン追悼も込め、
BSにて放映。

何度観ても「スゲェな」の一言
歴史に遺る秀作とは、こういうものを指すんだな。

群像劇でもあり、パニック映画でもある。
収拾が困難な要素を持ちながら、
先見性人間性を見事に描いてます! Σきらーん


138階建ての超高層ビルが建設された。
落成パーティが開かれたその日、
「ぬかり」が大惨事を呼ぶ。

30年以上前の作品が
現代にも通ずる問題を投げかける。

建築士が定めた設計通りにせず、
予算削減のため勝手に変更して安全基準ギリギリで建設。
正に、馴染み深い建築偽装問題です。 ドンピシャリ。
更に、防火装置がしっかり設置されてないとか、
避難訓練をしてないとか、非常口が確保されてないとか。
こんな前から危険信号を出しているというのに、
恥ずかしや、まんまとツケを払わされてる現代人


そして、パニックに陥った時の人間の醜さ。
もちろん自分の命ほど大切なものはない。
でも他人の頭を踏んづけてまでも我も我もじゃ、
だ~れも助からない
群像劇だけに、いくつかの視点がある。
消防士は自分の命を顧みず人々を救うし、
愛する人のために命を張る人だっている。

悪役や反面教師は映画では重要。
自分の行動に責任を持てない人や、
後先を考えないその場しのぎの行動を起こす人。
いざという時こと必要な協調性を、
いとも簡単に失ってしまう人。
映画的に感動や涙を誘う登場人物より、
こうした鏡に映した自分みたいな登場人物が大切

もし、自分があの場にいたら。
インドで起きたテロでは、
日本人も多くの人が被害者となった。
9.11.の貿易センタービルに近い設定でもある。
こんなに似通った事故や事件が次々起こってるんだから、
どう考えても自分にも起こり得る
いざという時どう動くか。
偽装問題も含め、考え直さなきゃ私たち。


ちょ…この予告、ポール・ニューマンの名前いう時、
顔がまったく観えないじゃん! 何この扱い!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

さあそんな、説得力ない私の話はこれまでにして

この映画が、何で「スゲェ」かって話ですよ。


それは…

この時代にこの映像!!きらーん
たわーりんぐ・いんふぇるの2
感心しますわ よ~くまぁ作ったこと!
たぶん、当時最大級の製作費なんでは。
予告を観て分かるとおり、
ワーナー・ブラザーズと20世紀フォックスが共同で制作・提供した作品。
それによりワーナーが主のスティーブ・マックイーンと、
フォックスが主のポール・ニューマンの共演が叶った模様。
2枚目俳優(あんまこういう区分けは嫌い)が
贅沢にも同じスクリーンに映っちゃってます的な豪華さ。
今で言う…レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットみたいな!?(自分調べ)
この共演、叶わないかな。
ディカちゃんとエドワード・ノートンとかも密かに狙ってんだけどな(なぜ密か?)

あ、まぁそんだけ期待のかかった作品ということで。
だからそれだけお金も投資されて、
すんばらしい映像が実現できたのです!!

今じゃ当たり前のCGなんて、
当時ほとんどなかったでしょうに。
合成が限界でしょう。 合成も頑張ってた!
つまりは実写ばかりなんではと思うと、頭が上がらないです。
キャストやスタッフ、そしてスタントマンに拍手
何回「ぎゃっ」とか「わぁっ」とか発したか

火に限りなく近い撮影。
熱いな、絶対。

そして数度発生する爆発
これがかなり観応えあって、
魅せ方もすっごい工夫してるし、
古い映画だってことをすっかり忘れる。

またこの爆発が次々とトラブルを巻き起こす
たわーりんぐ・いんふぇるの3
特にお気に入りなのが、非常階段でのシーン。
音楽の先生とその生徒の兄妹が逃げ遅れて、
ポール・ニューマンと合流し非難するんだけど、
やっぱりそう簡単には逃げられない。
大爆発に巻き込まれて、
ぐにゃぐにゃになった手すりを滑り落ちながら
なんとか助かったポール。 まじ落ちです。スゴイ!
道は一つ。
おばさんと子供2人も、
いつ崩れるかわからないような手すりを使って、
非難しなければ。
そのトップバッターが写真左の男の子(お兄ちゃん)。
ま~じ~で~この子賢いし、勇気あるんだ!! あたいは感動した!
このシーンの後も、大活躍だからね! 機転がよく利く子!

あとはエレベーターのシーン。
ポールがちょちょいっと配線をいじくって、
12人限定で非難できると女子供を乗せたけど、
大爆発!!! の~っ
ポール、どう考えてもそれは安易だぜ…と思うけど、
またこれ救出劇がヒヤヒヤ!!
たわーりんぐ・いんふぇるの4
スティーブ・マックイーンがカッコイイんだ!
このシーンのみならず、
一体何人の命を救うんだ!ってくらい勇敢!
他の消防士の言動にも、感動。
映画冒頭でも、消防士たちを称えるメッセージが流れるだけある。


この映画は切り捨て御免がザラにある。
そうした潔さって言うより、
何があるかわからないリアリティが腕っ節 Σ
「え、死んぢゃうの!?」が多いのも、
この作品の魅力かも。 魅力って言ったら変か…。

アカデミー賞は納得の、編集賞と撮影賞
30年前の作品だからって見くびったら、痛い目見ます!


人生のうちに、一度は必ず!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





うわー 大好きです!この映画。
豪華俳優で、お金かけて作るなら、
このくらいの完成度だしてほしいですよね!
今も昔も。

マックイーン好きです!
理不尽言われようがひたすら寡黙なマックイーン・・
しびれます。
作品としてはあまり数見てませんが;
「大脱走」でガッツリ心掴まされたんですよ。

この頃のパニック映画だと、
「ポセイドン・アドベンチャー」と並んで、
2大パニック映画として崇めています笑。
ジーン・ハックマンに惚れる・・・

【2008/12/04 01:41】 URL | 炭酸 #-[ 編集]

>>炭酸 さん

コメントありがとうございます!

マックイーンの作品は、
私もあまり観てません…(-.-;)
『大脱走』もずいぶん前に観たんで、
記憶が飛んでます…。
今度しっかり観直したいです。

『ポセイドン・アドベンチャー』知らないです(>_<)
それは要チェックですね!!
【2008/12/04 07:42】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは。

この映画は名作ですよね~。
ポール・ニューマン追悼って事で、最近になって観直したんですが、本当に良い作品です。

主演俳優さん以外の数々のエピソードもいいんですよね~。

外のエレベーターで、子供を手渡し落下した女性…火事のフロアーに閉じ込められたカップル…などなど…忘れられないシーンが多すぎます。

そうそう、日本で建築偽装問題が起こった時に、真っ先に思い出したのがこの映画でした。
あれらの事件に関わった人達には、この映画を100回ぐらい観させたい!ってマジで思いました(笑)
【2008/12/08 02:21】 URL | scarecrow1970 #-[ 編集]

>>scarecrow1970 さん

コメントありがとうございます!!

群像劇っていくつもの視点があって、
あまりにコジツケな設定だと萎えてしまうんですが、
この作品はしっかりしていますよね!

出火元の思わぬ火の強さに、
ポールの友人が火に包まれ、
映画中盤でその死が告げられる…。
そういった細かい展開も素晴らしいです。

建築偽装問題に関わった人は観てないのかもしれませんね(-.-;)
観てて行ったなら殺人未遂でも逮捕!
【2008/12/08 07:44】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.