ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
ヒトの7倍。

しゃぎー・どっぐ

シャギー・ドッグ』を観た!

ロバート・ダウニー・Jr.祭、第13段!

前夜祭 第1段 第2段 第3段 第4段 第5段 第6段
第7段 第8段 第9段 第10段 第11段 特別祭 第12段

ディズニー作品の割には心揺さぶるものがないし、
且つ色々テキトーにやり過ごしてる感も否めないが。

待ってました!
を叶えてくれるなら、それでイイ!

今作はロバダニ、
(私が)待望の悪役ですっっ!

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

犬は人間の1/7も寿命が短い
それが逆転した、
7倍の寿命を持つ犬が話の種。
…の割り、その犬いまいち活躍がない。

ま、それは置いといて。 置いといちゃいけない気もするが。


非道徳的な生物実験を行うGS社。
不老犬を媒体に「不老の薬」を作ろうと企む。
…企むというか、試みるというか。
その行為自体にはそこまで悪意はないように思うし、
あくまでビジネスというか。
(貴重だから犬は殺さないし)

もちろん生物実験を行ってるのはホントのコト
そのため訴訟問題になるが…。

それを弁護するのが犬嫌いの主人公、
デイヴ・ダグラス(ティム・アレン)。
この裁判で昇格を狙ってるため、
GS社の真意も知らずに優位な方へ持っていくが…。

…そんで、不老犬に噛まれると! 省略しすぎ。
この不老犬の詳細は解明されていないが、
その生命力ゆえの、よくわからんDNAが、
人間の形成を揺るがす。
(DNA侵入のシーンは『ファイト・クラブ』のOP )

たぶんテーマは、
犬になって見えた、本当に大切なもの
とかそんなん。

えらくテキトーですけど、
えらくテキトーな映画なんです

楽しくなくなくはないでもない。
結構ウケケ笑いましたから
※予告を貼り付けようとしたけど、ディズニー映画はキレイに削除されます…。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
======

ロバダニ、ディズニー作品に出てたんだ!?
しかも何やら悪役とのこと!

ずっとロバダニの悪役って観てみたかった
基本、悪役って好き。
彼がダークな役だったら、
殊更その魅力がでるだろうな~とか。
ディズニーの悪役って「いかにも」だし。



…て、ここまで引っ張っといてなんですが…
実際はそれほどでもなかった…
後半は「悪っりぃこの男!」とキャッキャしたけど、
表情がかわいすぎだから憎めない

たぶん、たぶんね。
ディズニー作品の主な視聴者、
キッズたちへの演技だったと思う

カジノ』とか『グッドフェローズ』とかで、
有り得ない恐さを魅せたジョー・ペシィが、
ホーム・アローン』の
ドアノブで手を火傷するシーンとか(1)、
ガスバーナーで頭焼けるシーンとか(2)で、
コミカルな演技をするのと似てる
彼らがマジ演したら、キッズたちゃぁトラウマですから

もちろん、それでも手を抜かないのがロバダニ Σ
身振り手振りをクルックルさせて、
足の先から手の先まで神経通わせてます

またこれ、
くだらない映画だからロバダニに集中できるんだなっ!
今回は表情とか手の動きを
マネしながら観てみましたが実によく動く!
しゃぎー・どっぐ4
何この表情!かわいすぎ!
その場その場で思いつき…というか、
きっと体が自然に動いてしまうんだろうなきらーん

あと、ロバダニは自分のセリフを待たない。
セリフという概念がなく、展開で演じてる。
相手の演技を逐一感じ取って動く。


それにしても、
しゃぎー・どっぐ2
今作の黒淵メガネなロバダニにはうヘェ鼻血たりーん

ついに本性見せたり!な悪役な表情もグッド! ドッグでなく。
初登場シーンから悪そうな雰囲気はあるんだけど、
それを腹に隠して(それも表情で読み取れ)て、
いよいよ社長の座を乗っ取っちゃうぜ!な顔もステキ
トニー・スターク社長再来かと期待してしまった! トニーは悪役ではないが。

そして更に期待したのは、犬になったロバダニ!
主人公が不老犬のDNAで行動が犬化するのを観て、
絶対ロバダニにも演らせろよな!
と煮えたぎる希望を抑え切れませんでした。
ま、今作の悪役なれば当然の結末ですが、
ロバダニ、犬化!!
犬化と言っても、仕草がそうなるということだけど。

しゃぎー・どっぐ3
犬化したロバダニ。威嚇してます(笑)
シッポも生えるんだけど、画像を見つけられず(泣)
お座り!待て!もちゃんとできますよっ
ダウニー犬を飼いたいほけー…
最後のセリフの「お散歩行くのっ?」なんて、ヤバすぎ鼻血たりーん ゲキカワ!
細部細部まで緻密だったな

しゃぎー・どっぐ5
研究者2人とのからみも良かった。
映像特典のNG集では、
笑っちゃって演技ができないシーンがあって うらやましい。
この研究者が着てる青い研究衣をロバダニも着るんだけど、
すっごい似合ってました!


主演のティム・アレンの犬っぷりもスゴかった。
本当に笑えました。
私んちも犬飼ってるだけあって、
細かいところまで研究してるのがわかる。
CGが下手で、長い舌とか、
四つん這いで走るシーンは気色悪いけど、
(ロバダニにもそんなシーンがある)
CGなしで彼の力で演じるシーンが一番うまかった
ちょこちょこ本当の犬の声を入れているからだけど、
犬って感じだったな


ダニー・グローヴァーがその上司役なのがビックリ。
特にたいした活躍はしないのに、
なぜ彼が出演したのか。
ダニーは『リーサル・ウェポン』のメル・ギブソンとの名コンビが印象的。

ロバダニの上司、社長役はフィリップ・ベイカー・ホール
あ~そっか。『ゾディアック』で筆跡鑑定士やってたね?


なんだっていう作品でもないけど、
ロバダニが出てるだけで大変満足な作品
なんつったって、2006年の作品だから最近のロバダニだし。
日本未公開なんで、まるで音沙汰なかった作品だけど。

あと最後に。
うさぎの瞑想、ビバ★カワユス!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.