ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
巣喰いから救え。

れす・ざん・ぜろ

レス・ザン・ゼロ』を観た!

ロバート・ダウニー・Jr.祭、第15段!

前夜祭 第1段 第2段 第3段 第4段 第5段
第6段 第7段 第8段 第9段 第10段
第11段 特別祭 第12段 第13段 第14段

仲良し3人組の、
時間と場所と恋愛の阻みを越えた、
真の友情映画。
堕ちてゆくジュリアンを救えるか。

ロバダニが…ロバダニが…
薬物中毒になってしまった…!!
薬作り?いやいや役作りのはず。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======
 
泣いた わぁぁぁ
ロバダニがヤバイ。


古め(1987年)の作品だけあって、
曲の使い方とか観せ方とかファッションが、
「イマドキ」狙いで安かった。
しかも
ジュリアン(ロバダニ)、
クレイ(アンドリュー・マッカーシー)、
ブレア(ジェイミー・ガーツ)の
3人の関係が、
最初ものすっごくテキトー(ありきたり)で、
「えぇえ…」とか思いましたが…
でも後半に進むにつれ、
よくよく3人の気持ちが描けてるんです


高校卒業後、3人はそれぞれの道へ。
一人地元を離れたクレイは、
元恋人のブレアから同窓会に誘われ帰郷。
高校卒業後、父親からの投資を受け
レコード会社を設立したジュリアンは事業に失敗
それをきっかけに薬に溺れていた
その事実を知ったクレイ。
ブレアから「ジュリアンと話して欲しい」と懇願されるも、
最初は冗談じゃない、と。

冒頭で言った粗末な3人の設定とは、
クレイが遠くの大学へ通っている間に、
ジュリアンにブレアを寝取られてしまったのです ベタ。
クレイは比較的大人なので酷くは根に持ってないけど、
折角の大学休みで帰郷してるのだし、
なんでジュリアンのセラピストみたいなこと
しなきゃなんないのだと

でも思いのほか、
ジュリアンが抱えていた問題は大きかった


ロバダニはOPクレジットの3番目に名前が出るんだけど、
ほぼ主演の勢い。
ロバダニが引き起こす悲しいクリスマス。
その中で繋がっていく3人。
でも終盤は、クレイ役のアンドリュー氏が主演だったと思い知る。
クレイは本当に良いヤツだ…!

ロバダニの名演も相俟って、
涙がポタポタと…
「うまい!」の声が出ないほど、
喉の奥に熱いものが詰まってしまいました

れす・ざん・ぜろ2
ちょうど良い予告が見つからなかったので、YouTubeへ飛んでください。

ラストはぐいぐいと内容を圧してくる、
なかなかの作品でした!
ロバダニがためにも観るしかない!!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------
! 以下ネタバレ !


れす・ざん・ぜろ3
ロバダニの、この恐いくらいのリアリティ。
だって…ねぇ。過去を持ってますもの。

ロバダニ演じるジュリアンは、
どんどんどんどん堕ちていく。
その様子を初めて眼にしたクレイは、
いよいよ彼を救わなくてはと心に誓う。

ジュリアンの崩れ様、
あまりに痛々しくて涙が出ます
堕ちたくて堕ちているわけではないのに、
事業の失敗からの逃避で始めた麻薬。
結果中毒となって、蝕まれていく。


麻薬を摂取したためにハイになり、
同窓会パーティの後
自分がどこにいるのかわからず、
公園で目が覚めるジュリアン。
すごいのは口角に泡が…!
酒と薬で完全にぶっ飛んだ証拠。
その後の目薬さすのは、脚本どおり?

オープンカーで足を投げ出して座ったり、
車から滑り落ちそうになったり。
薬が抜け切る前に摂取するから、終始眼がうつろ。
ハイな状態が続いている姿が、重たい。

事業の失敗と薬の代金がかさばり、借金は巨額に。
実の父親にも見放され、
身の危機から友人にも心を落ち着けない。
ついに訪れる、重度の薬物状態。
ボロボロになるジュリアンを観て、
「わぁぁぁあ」と込み上げる
どうしよう、どうしたらいいんだ!?
と、本気で焦ってしまうほどの熱演。

そしてふと思う。
ロバダニはこの状態を実際に知っているのではないか?
麻薬に手を出してしまったロバダニ。
同じ方法で摂取してたとは思わないけど、
ガスバーナーで炙って吸引した後の、
ビリビリーッという恍惚状態。異常にリアルすぎる。

その時どんな精神状態であったかわからないけど、
なんとなくロバダニの性格を考えると、
ジュリアンに似ているんじゃないかな、とか。 あくまで推測。
そしてもしかすると、
役作りのためなら薬作りする人なんでは。
それくらい探究心というか追求心が強いロバダニだもの。
ジュリアンという役と、
ロバダニの私生活をつい重ねてしまう。


精神困憊と薬と疲労で深い眠りに入るジュリアン。
眼が痙攣してる、演技の細かさ。
何か夢をみてるのかも。
そ れ を 演 技 で 魅 せ る か !!きらーん
畏れ入ります。

友人たちの世話になってばかりではいけない。
もう一度父親から信頼されるために、
そして本当に薬を絶つ決心をして
親子との関係の回復をはかるジュリアン。

しかしこんなことはもう、何度もあった。
信頼しては裏切られる。
そんなジュリアンを、誰がもう一度信用しようか。
家で寝かせて欲しいと懇願するジュリアン。
でも父から放たれるのは「信頼できない」の一言。

これまでの行いを全て回顧するように、
言葉を失いうろたえるジュリアン。
あまり傷ついていない雰囲気を出すためか(?)、
涙を見せないようにするもボロボロ止まらないジュリアン。
繊細すぎるでしょ、その演技!!
だめです、つられます…!!
若干嗚咽るロバダニが…!鼻血たりーん ぐうぅ

どうやっても、父の信頼を戻すことはできないと思い
きびすをかえすジュリアン。
しかし今までにない疲れきった姿を見た父親は、
彼を引き止める。
「一週間で良い。薬をやめれるか?」
「…努力する。」
意志の弱さも、常習犯の起因だよね。


借金と薬の決着をつけるために、
金を借りた男に会いに行くけど…
またやっぱり薬の誘惑に負けてしまうジュリアン

男の相手をさせられてるジュリアンも切ない。
正常な精神状態であれば
その場から逃れる方法も考えただろうに。
完全に思考回路が絶たれてる。
クレイが抱きかかえるようにして助けにくるシーンには
思わずかこよすぎて鳥肌
ジュリアンと若干口論にもなるけど、
本当に救おうとするその優しさには感激!!


彼を腐らせた土地から離れ、
更生施設と希望を目指して車を走らせる。


そして初めて魅る、ロバダニの死に演。
確か、たぶん一度もしっかり死に演を観た事ないです。
これがロバダニの死…!!! スゴい!
本当に魂が抜けて、抜け殻になっていました。

希望に満ちた朝日を浴びながら、
ジュリアンが静かに息を引き取っていたことを知った
クレイの演技も在り得んくらい素晴らしかった!!!
アンドリュー・マッカーシーが主演である理由がわかった!
終盤からジュリアンを救うために必死な姿を
ぐんぐん伸びる演技で魅せ始めていたんだけど、
とにかくこのシーンの
虚無感だが悲しいんだか変な安心感なのか悔しいんだか、
絶妙な表情で涙を流すアンドリューの演技に感服!!
あんどりゅー・まっかーしー
(おそらく)最近のアンドリュー。
たぶんこの映画が初めましてだと思う。
最初、主演の割にはアクが弱いなと思ったんだけどね スミマセンデシタ!

幼馴染3人組の一人、ブレア演じるジェイミー・ガーツも
たぶん初めましてさんだと思ってたんだけど…
『ER 緊急救命室』の第3シーズンでは
  グリーン先生と子連れデートする精神科医を演じていた。

そうだっけ!?
いかん!『ER』狂の私としたことが…!!



1987年は私が生まれた年です。
私がオギャーとか言ってる時に、
ロダバニは既に驚愕の地点に立っていた。
尊敬せずにはいられないです

映画の中にこんなセリフが。
「ジャンキーが出なおせるもんか」。
ロバダニは実際に出なおしてます。
かっこいいじゃないですか!

薬はやめましょう。
何も生みません。失うだけです。


↓ ドラック映画集めてみました ↓
レクイエム・フォー・ドリームズ』 『トレインスポッティング
スキャナー・ダークリー』 『バスケット・ボール・ダイアリーズ

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なにやら凄みのある作品みたいですね。
もちろん観たことはないですが、
文章からロバダニの痛々しさが伝わります。
これも観たいです。
眠りに落ちるときの目のケイレンとか、
あいかわらずするどく観察してますね~。
暴飲暴食で体をこわした自分が情けなくなります(笑)。
【2008/12/27 21:36】 URL | ケン #-[ 編集]

>>ケン さん

コメントありがとうございます!
凄みのある映画でした!
お時間あれば観てみてください。

ロバダニの演技が細かかったです!
そんな頑張ってるロバダニを細かく指摘できないと、
自分としても満足いかないというかf^_^;(変な奴…)

暴飲暴食ですか…!
私も人のこと言えないですけど…。
年末年始は危険ですね~…。
【2008/12/28 01:22】 URL | なるは #-[ 編集]

私の一番好きな映画をほめてくれて嬉しいです。
私はこの映画が日本でビデオになった時に当時ビデオレンタルショップで働いていたのですぐに見て、それ以来ずっと好きな映画の1番と2番あたりに位置してます。

一時期エミリオエステベスにはまってたんで、そのころはヤングガンが1番だったが、今ではヤングガンは5番ぐらいまで落ちてしまいましたね。

レスザンゼロへの評価は色褪せない。今も!(笑)

コメントを書いたのはここまでの話ではなく、あなたならお好きかなと思って紹介したい映画が。

このページしか見てないので、もう見てたら余計なお世話なんですが・・・。

リービングラスベガス
ニコラスケイジがアカデミー賞取った映画なんでそれなりに有名なはずなのですが、テーマが重苦しく、ラストもまあ・・・・。
レスザンゼロのアル中オッサン版のようなもんです。
見てなかったらぜひ。

【2013/08/15 02:01】 URL | タバスコ太郎 #-[ 編集]

>>タバスコ太郎 さん

こんばんは!はじめまして!
コメント&映画のご紹介ありがとうございます!

タバスコ太郎さん、『レス・ザン・ゼロ』がお好きなんですね!
この時以来、私はまだ再見していないんですが、
今でもあの映画の秀逸さ、思い出します。。。

おすすめいただいた、『リービング・ラスベガス』、
お恥ずかしい話ですが見たことがありませんでした!!
よさそうですね!!
そしてニコラス・ケイジがアカデミー賞獲得したとあらば
これまた見ごたえありそうですね!!
今度チェックしてみます!!(^∀^)

『ヤングガン』も見たことがないです~~(@_@;;)
【2013/08/15 21:26】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.