ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぶたの鼻だからって、
ぶーぶー言わないの!

ぺねろぴ

ペネロピ』を観た!

祖先にかけられた呪いは、
まわりにまわってペネロピにかかる
呪いを解くのは、イイトコ家系の伴侶。
彼女は愛されるのでしょうか?
それとも愛せるのでしょうか??

話も悪くなかったけど
なんでこんなに充実感があるのか言うと、
ジェームズ・マカヴォイですよ鼻血たりーん ぐふ。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

=====

以前、恋愛映画祭を友達と決行。
今回は申し合わせることなく第2段が開催されました。

ブリジッド・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(鑑賞2回目)、
そして『ペネロピ』!!
先送りになってたけど、ずっと観たかった!


いわゆる女の子向けな作品。
私の苦手分野でありますが、
ちゃんと(マカヴォイという)ツボを
押さえてるなら満足さ!
Σ


テーマは見え見えだよね。
でもマカヴォイの心境だけは計れなかったわ~ぁ。

そして笑う
やたらガラスや陶器の割れる音がする映画です(笑)

あとは素直にときめいちゃいましょう!
それが醍醐味な映画だから、
やはり女の子向けなんかな。
(もちろん老若問わず!心が女の子な方に!)


誰にだってコンプレックスはある。
それを抱えてどう生きるか。



ブーブー言ったってしょうがないのよ!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

マカヴォイの何が良かったか!

しぐさ!表情! いや てか 全部!!

ラスト・キング・オブ・スコットランド』で
フォレスト・ウィッテカーとの対峙。
一本の映画の間にぐんぐんうまくなっていきました。
ウォンテッド』でのおっかなビックリかつ、
大 ア ク シ ョ ン
アイアンマン』がなければ今頃、マカボ祭だったでしょう。


そして今作、『ペネロピ』…!

なんだって演りきっちゃうマカヴォーは、
やはりブラヴォーっっ


映像がとってもカワイイ映画
何が女の子にとって魅力的なのかを掴んでるし、
マカヴォーを一寸の狂いなく演出。
(もちろん当本人が魅力的なんだけどさ。)


だからやさぐれに弱いってゆったじゃん!ほけー…
初登場からギャンブルに散財して
身も心も枯れている感じ、グッジョブ Σ

そしていざペネロピとの面談!

最初マジックミラーになっているとは知らず、
ぺねろぴ
このシーンの時はもちろん知ってます。
どこから声がするのか
目線を定めずに話すのがウマい。

金に困ってるマカヴォー。
初版本を盗むかと見せかけて
「引っかかったっ!!」
と、元気良く再登場!
あの空回ってる感じ!
一人だけテンション高い感じ!!
まーじでツボ!!

またピアノ弾けて歌うとかもヤヴァいっしょ。
弱いんですよね、ピアノ弾ける男性に。
ロバダニも弾けて歌えると知って死んだわ


帽子を何気なく被るけど、
これまたすげえキマってる。
ぺねろぴ
丁度良い画像がなかったけど、ホントかっこいい。
ジャケットを羽織ったシルエットも美(うつ)かっこいい

とにかく尋常じゃないかっこよさだった。
何事かと思うほど。
ほぼ絶句
心臓痛すぎ

原作は女性だけど、
監督は男性(マーク・パランスキー)だったのに、
よくオナゴのツボを突いてる

豪邸のでっかい門を飛び越え侵入するシーンなんか、
友達と「わぁぁぁあっ!(絶叫)」でした
身のこなしも感性が良いから華麗

ペネロピに比べ自分は逃げてばかりであることに気付き、
変わろう変わろう頑張る姿もステキ。
やはり向上心を魅せる男の人がイイ

そしてペネロピに応えてあげられないこと。
愛したいけど愛せないジレンマで、
悲痛な顔を浮かべるマカヴォー…
ヤダほんとに、何この映画!
マカヴォーへの演出が秀逸すぎる!!

ちょっとだけここから
かなりネタバレになるけど、


ここから==============================================

ハロウィンパーティの日、
マカヴォーの家を尋ねるペネロピ。

マカヴォーは彼女の望みを叶えてあげられないけど、
でも愛している気持ちは変わらない。
彼女の幸せを考えると、
言いたくても遠回しでしか表せない想い

ペネロピの尋問に、
たどたどしく言葉を繋げるマカヴォー。

すると、はっと気づくペネロピ。
前にピアノ上手に弾けないかったのに、
家にピアノあるじゃん!
本当は弾けるんじゃん!と話が逸れる。
マカヴォーを横切りピアノに向かうペネロピ。


瞬間、
マカヴォーが顔を歪めたと思うと、


腕を掴んで引き寄せちゅ~~っ


ギヤアアアアアアアッ
友達と 大 狂 乱 


ちゅ~の途中で
「ペネロピ…」って呼ぶとか、
ちょっと誰ですか脚本描いたの…!!

==============================================ここまで


クリスティナ・リッチも少し。

あんまり演技がうまいようには見えなかったけど…
でも小さい頃の私にとってはアイドルでした。
アダムス・ファミリー』で少しも笑わないウェンズデー役。
憧れて、私もクールな美少女になろうと誓いました。 美?


はい。
おわかりのとおり、





大失敗でした。
極度の笑い上戸です。

にしても…羨ましい。かわいいですよね。
豚の鼻でも良いんじゃねー?って思います。
ずっこいです。
キャスパー』の時も好きだったな。
大人になっても変わらない。


そしてまたまた登場。
ケヴィンのママ。 by『ホーム・アローン

改メ。
キャサリン・オハラ
この間ロバダニ祭第11段『ライフ・イズ・ベースボール』で再会したばかり。
続くときゃ続くんですよね。
予告にもあるけど、
ドアを開けて「ペネロピ――っ!」と娘の名前を叫ぶシーン。
「ケヴィ――ンっ!!」にしか聞こえませんでした。


なんていうか、
ベタはベタなんですけど、
これぞ恋愛映画っていうか。
コンプレックスがあっても自分次第っていうか。
豚の鼻でも愛されるんだよっていうか。
そんな甘い言葉を囁く
そして美味なマカヴォイが瞬く
豚(トン)でもハッピーな映画です

良いと思うんだ。
魔法の解け方。
オナゴ自己啓発映画。
観賞用としてDVDがほしい

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





この映画のマカヴォイさん
イイですよね~~
やさぐれた雰囲気に私もやられました(笑

本当、女子のツボを掴んでる映画ですよねぇ
私もまんまと掴まれちゃって少し癪だったけど(笑、
目と心の保養に、何度も見たくなる作品です

ぽち
っとTB失礼いたします
【2009/01/11 11:34】 URL | まる #-[ 編集]

>>まる さん

コメントありがとうございます!

か・・・・・・・・・・っこよかったですよね!マカヴォイ!
恋愛映画はできるだけ冷ややかな目(?)で
観たいと思うのですが…
思いっきりマカヴォイのかっこよさを楽しんでしまいました!

ポッチリありがとうございます!
TBなんなりと、です!♪
【2009/01/11 22:25】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん、こんばんはぁ。
マカボォイさんを、この映画ではじめて知ってからの「ラストキング・オブ・スコットランド」だったので、今作はマカボォイさん祭りだったのだなぁと感じました。
ちょっと、マカボォイさんが出てると、華があるのか、いい映画に感じますよねぇ(他の映画でも)。
リッチさん、「アダムス・ファミリー」の印象しかないので、ちょっと大人になったな、と思いました。あと、特典映像で金髪のリッチさんでしたが、元は何色なんでしょうねぇ。

最後ワンシーンが、非常に現代的でありながらも、おとぎ話的な要素もあり、ハッピーエンド感を強めて、びっくりするくらい完成度が高かった感じがします。
あと、お父さんがクリストファー・ウォーケンさんかと・・・・・・
【2009/01/12 01:06】 URL | 茶栗鼠 #-[ 編集]

>>茶栗鼠 さん

この間はどうもでした!
コメントありがとうございます!

マカヴォイさんは雰囲気勝ちの俳優さんですよね!
華もあるし…何よりソツなくウマいように思います。

私も画像を探しているうちに、
金髪なクリスティナを観ました。
黒髪じゃないんですかね…。


お父さんも有名な方ですよね!
観た事あるなァと思ったのですが、
それらしき作品が見当たらずハッショってしまいました…。

乙女チックな映画ではありますが、
男性の茶栗鼠さんもそれなり満足のいく作品であれば、
なかなかイイデキの作品みたいですね!
良かった。マカヴォイに惑わされたわけではないみたい(^∀^;)
【2009/01/12 11:58】 URL | なるは #-[ 編集]

はじめまして!
なるはさんは本当にマカヴォイに魅了されてるんですねぇ。なるはさんの興奮の度合いがとても良く伝わってきます^^

確かに掛け値なしイイ男。男の私ですら、彼が出演しているということが作品鑑賞の理由になるぐらいイイ男だと思います。(自分の中でほかにはブラピとかニコラスケイジぐらいしかいないです。笑)

これからもよろしくお願いします^^/
【2009/01/12 17:21】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>KLY さん

わざわざ足をお運びいただいて
ありがとうございます!!

KLYさんはブラピやニコラスもお好きなんですね~。
マカヴォイも鑑賞理由になりますよね。
あとは『つぐない』あたりを観ておきたいと思いますが、
どうなんですかね~~。

ぱっぱらぴ~なブログですが、
どうぞよろしくお願いします!
【2009/01/12 17:41】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



今回はちょっと大きめサイズで・・・ 「ペネロピ」ブタ鼻ヒロイン クリスティーナ・リッチ嬢、描いてみました 身体もちゃんと... まるの映画【2009/01/11 11:35】
主演はクリスチーナ・リッチ。最近では『スピードレーサー』に出演していました。共演のジェームズ・マカヴォイはこれまた昨年公開の『ウォンテッド』そして、つい先日鑑賞した『つぐない』にも出演。最近の彼の活躍ぶりは目覚しいものがありますね。ただ『ウォンテッド』... LOVE Cinemas 調布【2009/01/12 17:18】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。