ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
カンヌ映画祭を観たら、
カンヌへ行こう。

みすたーびーん かんぬ

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! 』を観た。

私が崇高して止まないMr.ビーン(ローワン・アトキンソン)。
ごめんなさい、この作品ほど酷いものはない。
ローワンは素晴らしいです。
でも映画が『Mr.ビーン』じゃないのです。
裏切られた…。


にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

世界の一部が愛した男、Mr.ビーン。

変なおじさん?
何を言う。
変な少年です。

彼の魅力とは。

古典的な展開と、
パントマイムを独特の域に持っていった天才。
奇想天外な発想。
人間を超越した身体能力。
ろーわん・あときんそん
そして、天賦の顔。
小学校高学年から中学時代にかけて、
私はマジでこの顔になりたかった。 危険思想まっしぐら。

彼の作品は主に舞台的。
限られた空間から出たり入ったり。
幼稚な知恵を重ねて、
思いもつかない妙案を繰り出す。
感覚が「子供」だから、
いたずらしたり、
悪いことをしたのを隠したり。

言葉はない。
のど引っ込めたような低い声で、唸るか笑うか。
ロバダニ祭第2段『チャーリー』でも語った通り、
「しゃべらない」に最大の魅力を感じている。

この作品とかチャップリンに影響されてる感じ。オチが素晴らしい。

言葉は伝達手段。
得手不得手があるにしても、
言葉があれば状況や思いを伝えられる。
その手段がほとんど使えない時、
体や表情を存分に使った
腕っ節の表現が生まれる。


それがMr.ビーン(ローワン・アトキンソン)の魅力。

映画はそれを、ことごとく欠いた。

もう、げんなり。
悲しくて悔しくて憎らしくてしょうがない。

何がひどいって、
音楽がうるさくてビーンの小言が聞こえない。
だからいつもより大きな声を出す。
声が過剰な表現に繋がって、ビーンの魅力なし。

ドラマもありすぎ。
些細な発見が少なく、ストーリーを確立しすぎてる。

過去の短編集をオムニバスしすぎ。
新鮮味がなくて、それが懐かしさにも繋がらない。
そのくせ「牡蠣」のネタでは。
牡蠣を食べたことあるのに、
見たことないって顔をしたのには残念。

字幕も萎えたのかも。
劇場版1作目『ビーン』がテレビ放映された時、
吹き替えがあまりに邪道で
テレビをぶっ壊したくなるくらい腹が立った。
ビーンに言葉という概念を与えちゃだめ。

劇場版という尺がそもそも無謀でもある。

てでぃ
しかし。テディが出ないとは!!!


Mr.ビーン、これが最後なの…?
ローワン・アトキンソンは、現段階ではそう述べている。
この映画で最後だなんて言わないでよ。
不完全燃焼だよ、これじゃぁ。

映画はあまりに万人向けすぎた。
良し悪しがわからないなら、
わかる人だけがわかればいい。
アイディアと表現力に魅せられたものだけのために、
愛されるビーンでいてほしい。


若い頃のローワン・アトキンソンもスゴい。興味があればぜひ。
※ビーンではないです。英語がわかんなくても、わかる。
http://www.youtube.com/watch?v=hVD7BfStmfU
オックスフォード大学出なんだよな~。 スゴイ。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





わかる!

そしてこんばんわ。

テディちゃんが出ないのわねぇ。いやですよねぇ。あのコインランドリーで小さくなったテディちゃんを(胸ポケットに入れてた)、旅には連れて行きませんでしたねぇ。

悪くはないけど、全然よくはないですよね。
無声映画的なんだけど、って感じがいいのに。
っていうか、設定自体がダメでした。

うーん、予想以上の興行収入があったから、しないこともないかもだけど・・・・・

最後のシーンはよかったんですけどねぇ。
【2009/01/31 16:01】 URL | 茶栗鼠 #-[ 編集]

>>茶栗鼠 さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!

テディや持っている鞄も替わっていたのでショックでした…。

そうなんですよ~、
無声的な作品だから高尚になってくるんです。
一つの芸術になるんですよ~。

ローワン・アトキンソンの懐が暖かくなるのは良いですが、
興行収入=秀作とは限らないですからね。
興味半分で「変なおじさん」を観たいということでも全然良いんですが、
その人たちはもしかしたら
「Mr.ビーンらしさ」をまるで知らないかもしれないし。
知っている人にはあまりに酷な作品でした(泣)

最後のシーンもどうなんですかね…。
あれも大衆化した象徴のようで、
ざーとらしいと思ってしまいました(´Å`;)

【2009/01/31 18:33】 URL | なるは #-[ 編集]

aaa私もこれ見たときおもいました
昔みてたビーン映画と違うので
少しがっくりでしたよ・・・・。

無声だからこそおもしろいのに。


テディ・・・でなかったですね。
相棒なのに!!!!
【2009/02/01 01:50】 URL | anna #-[ 編集]

おっは~~^^
このミスタービーンの顔見ると思い出すのはなるはだわ・・・笑
似てる?笑

この動画もやばいね~
ずっと見入ってしまった・・・
確かにチャップリンの代役務めれるよね^^

>ワンちゃん動画・・・ちゃんとお父さんの外野の声も入れてね。笑
【2009/02/01 07:02】 URL | ちょりママ #-[ 編集]

>>anna さん

コメントありがとうございます!

変に普通の映画になりすぎてましたよね。
それを求めていないのに。
リベンジで、最後にシンプルな映画をもう一度作ってほしいです。

テディがいないのは致命傷ですよね。
(映画一作目でも出てたか記憶がないですが。)
【2009/02/01 11:10】 URL | なるは #-[ 編集]

>>ちょりママ さん

コメントありがとうございます!!

>似てる?笑
似てますか!?嬉しい(え)

床屋さんの作品、良いですよね~♪
他にもYouTubeを巡ると
色んな作品が出てくるので要チェックです!
ぜひ、ちょりちゃんに観せてあげてください!(笑)


動画、そうですね…
父の実況中継でも入れますか…
【2009/02/01 11:18】 URL | なるは #-[ 編集]

…こ、この顔になりたかったんですか。

たしかに『カンヌで大迷惑』はがっかりな出来でしたが、
前作の映画は大笑いした記憶があります。
ボン・ジョヴィがどうとか、ネタも冴えてたし。
ボクはテレビシリーズをほとんど見ていないので、
素人意見なのですが。

それよりもアトキンソン主演作では、
『ジョニー・イングリッシュ』を熱愛しています。
ご覧になりました?
【2009/02/01 19:57】 URL | ケン #-[ 編集]

>>ケン さん

コメントありがとうございます!

なりたかったんですよね~;
一生懸命眼を開いて、
おでこにシワを作ろうと努めてました(汗)

前作の映画は比較的ビーンの魅力を保っていたので
私も楽しんだ記憶があります。・・・や、楽しみました。
テレビシリーズの方は
私も以前に深夜にやっていたものを
何作か観たくらいなんです。
今確かDVDが物凄く安くなっていたので、
ちょっと検討してみようかなと思ってます。


『ジョニー・イングリッシュ』は観てないんですよね~。
その他の出演作も。
『ジョニー ~ 』なら続編があるかもしれないと
ローワンが言っていたので、
今度観てみようかなと思ってます!
【2009/02/02 01:06】 URL | なるは #-[ 編集]

この映画は見てないですけど、テレビシリーズははまって見てました。
割とベタなんだけど、簡単に真似できないような顔と動き最高でした。七面鳥に頭突っ込んだり。。

メイキングとかで渋い顔してると普通にかっこいいのに、顔の筋肉どうなってんだろ。

残念な感じになってるなら逆に見てみたいな。
【2009/02/02 12:32】 URL | 虫 #-[ 編集]

>>虫 さん

コメントありがとうございます!

七面鳥…懐かしい!
あれもすごかったですね。
いくら腕時計が中にあるからって、
頭突っ込んでも…という感じですが、
そういうベタさも
あの奇怪な動きや表情で斬新になるんですよね(*^_^*)

普通の映画として普通の作品です。
でも、ビーンとして観ると
物凄い喪失感に襲われます…(:_;)
【2009/02/02 18:32】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.