ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
嘘つきは警察の始まり。

ふぇいく・してぃ


フェイク・シティ』を観た。

お帰り!汗くさいキアヌ・リーヴス

まぁよくあるネタと、よくある見せ方。
真新しさはない

スカッきらーんとしたっていうより、
スカスカした…

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

なんか駄作とまで言っちゃうと可哀相だけど…、
観せ方下品でB級寄りは否めない。

フォレスト・ウィッテカーを引っ提げてるんだから、
ここはもう少し深みを出してほしいところ
そういうオチは誰にでも書けるんだってば。

とにかく、くさい。
汗くさいなら良いけど、
嘘くさいから萎える。
かっこつけ魔。
ちょっと拍子抜け。


ずいぶんコモンを推してくる予告だなぁ。

キアヌ、『スピード3』のための準備体操。
そういうことで。

や、観たら損とまで言い切れないけど、
観終わった後思わず
映画館で観なくてもよかったと…ちょっぴり。
男らしいキアヌが観たい! それほどでもないと思うけど。
汚職警官ネタに燃える!
って人はどうぞ

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

久々熱い感じのキアヌっぽかったんで
おおいに期待してしまった

何を隠そう、『スピード』が大好きな私
映画がおもしろいから、
主演のキアヌも光ってしょうがない

近頃のキアヌは特殊効果を使った
映像重視の作品もしくは近未来的なものが多かった。
別に悪くないけどね。
私の中でのイメージも、ナイーブ「白」になっちゃった。
マトリックス』一作目(限定)のネオは好き。

それが若干アダとなったのか、
イマイチ特攻隊なガッツある役が似合わない…。
貫禄がないというか…


トレーニング・デイ』と同じ
デヴィッド・エアーって監督の作品なんだけど、
キアヌのポジションはこの映画でいう、
イーサン・ホーク的な役回りだったはず。
それがどぉも宙ぶらりん
もちろん別映画だから比べるのはおかしいし、
設定として「どっちつかず」に意味があるかもしれないけど、

なんかその葛藤が見えない。

抱え込んでるだろーなっていう雰囲気はあるけど、
「俺に触れた者はみんな死ぬ」とか
そういう状況に酔いしれてる一匹狼にしか見えない

「俺がやらなきゃ、誰がやる!」
わかったよ。
わかったけど態度デカい。


実際私を劇場に足を運ばせたのは、
ふぇいく・してぃ
フォレスト・ウィッテカーです。

まぁわかりやすいキャスティング。 でした。

誰にもマネできないフォレストの威圧感
やっぱり見物だよね~っ
見定めてるのか見定めてないのかの瞳。
おっかなくてゾクゾクする Σきらーん
意外に善い役も合うけど、 というよりギャップが良い!
やっぱり悪役が映えるかなぁ。

主演男優賞獲ったのに、
以降それ相応の作品が観れないのが残念。
バンテージ・ポイント』ももう少しなんとかなっただろ、あの作品。
迫力ありすぎるから、
どういう役をあてるか難しいけどねぇ。

『フェイク・シティ』ではキアヌの上司。
フォレスとはガッツあるキアヌを溺愛してて、
その成果を褒めちぎる。
人を急激に「信頼」させる演技がウマい!
(=『ラスト・キング・オブ・スコットランド』のアミン)

キアヌとフォレストの上下関係はまぁ良かったけどね

キアヌ「内部捜査班にいぢめられたピヨぉ
ふぇいく・してぃ
フォレスト「ウチのヒヨコになんばしよってん、
     どつくぞわれぇっ!

※実際と異なる表現が含まれています。 あたりめーだ。
一貫してその関係でいてほしかった。
キアヌにはおっかなヒヨコ希望
ネオが救世主と知る前の、パニクリ具合のような。

とことん心の繋ぎを求めてくるフォレストは強烈でした。
例の映画の、ジェームズ・マカヴォイ気分

でももうちょっとフォレストの役にもひとひねりあればな…!
ナーク』や『アイデンティティ』のレイ・リオッタみたいなさ。


そんな中、
私のとあるレーダーは常時稼動

今作(私に)ヒットマンは、
ふぇいく・してぃ
クリス・エヴァンス

! 念のため以下ネタバレ注意 !

初登場シーンで「はっ!」となり、
横顔を思わず覗き込んでしまいました
カメラの死角だっつぅに。

クリスは『サンシャイン2057』で初めまして。
今年度数多くの映画祭で大評価を得た、ダニー・ボイル監督作品。
好みの顔かといえば微妙かな~と思ってたけど、
なぜ今作高鳴ってしまったのかしら

まずその初登場シーンで、
なかなかな体格していながらデスクワークってのがポイント1。 は?
キアヌを冷静に対処できて、さらにポイント加算

死体安置所で事件の証拠を掻っ払おうとしたキアヌだけど、
ちょうどクリスも入室してきてクールに取り戻す。
ポイント加算。

仲良く話し合おうぜと言ってくるキアヌ。
お見通しのクリスは、だからお前の尻拭いしてやってんだろ。
加算。
ふぇいく・してぃ
しかしキアヌ、警官を殺した奴を野放しにするのかと逆ギレ。
そこへクリスに現場のDNAが割れたとの連絡が入る。
メモを書いて無言でキアヌに渡す。
加算。

犯人と思われる男たちの情報の他、
殺された警官も悪徳だったとの情報をキアヌに教える。

でもキアヌにロッカーに叩きつけられ、
ケータイも壊される!!!

もうやだ!何この人!
と、怒るクリス、加算
でも急に情報ギブミーに転身したキアヌに、
素直に情報を教えるクリス、加算
キアヌ「俺たちで捕まえようぜ!」
なんか急展開な二人の関係だけど、
よしとするクリス、減点…(笑)

いざ聞き込みをするためにスラム街へ。
ガラの悪い連中ばかり。
キアヌ「あそこに俺が行ったら、逃げるやつがいる。
    そいつが情報を握ってるから追いかけろ。」
な~んかこの人さっきから命令口調だなぁとか文句を言わず、
「え?う、うん…」みたいな感じのクリス、加算

で、怪しい奴逃げた!
追っかけるクリス!
つうか、気づけば超イイ体してんじゃん、クリス!!!
100ポイント加算!!!鼻血たりーん
ひいひい言いながら走る飛ぶクリス!!!
なんかデスク専門っぽい感じだけど、
体をバッチリ鍛えてやがるのがイイな!!

犯人を知るらしき者の情報を掴み、その男のもとへ。
ショットガンを構える姿もかっこいいよ、クリス!
てか腕に刺青が!加算
有無も言わさず男を殴りまくるキアヌ。
暴走する姿に「Wow Wow!と焦って止めるクリス、加算
この男、狂ってると思って、
場をつなげるために怒鳴って詰問するクリス、加算

で。新たな情報から一人の男を追跡。
街の住民を普通に車で轢きそうになるキアヌに、
もうツッコムのもうんざりぎみのクリス、加算
銃を構えて野次馬に「さがれ!」というクリス、加算

死体を発見。
キアヌの指示のまま検視(?)。
うえぇ…と思いつつも、ちゃんと働く。加算
「真犯人じゃなくて、役立たずで悪かったな。」
ちょっとふてくされ気味にも謝るクリス、加算

いよいよ犯人に成り済ましていた真犯人の居場所がわかった。
今夜特攻!!!…と思いきや、
キアヌ「あとは俺一人でやる。」
なんでやねん!カッコつけ魔がぁぁあ! Σ

クリスの、俺もやる的な雰囲気に、
キアヌ「ガンファイターのつもりか!」

つっこめ、つっこめ、
「こっちのセリフだ!」とつっこめクリス! ワクワク!



クリス「…………」
黙っちゃったよ!(笑)
何故ぐうの音も出ない!?

てか、キアヌって若く見えるから
クリスと歳が近いように感じる。
だからやたら経験豊富で先輩面してくるキアヌに
違和感を感じずにはいられない。

で、たいした口論もなく結局、
キアヌ「ついてこい!」
めんどくさいな、この男。かっこつけ魔ぁ。

で、コモンさんの登場です。
最近よく出るよなぁ。『ウォンテッド』とか。
今作はすっげぇ中途半端なキャラでしたけど!(笑)
なんでコモンが演じなきゃいけなかったんだ。

ちょっと薬の売人の雰囲気に押され気味のクリス。
でもふと気付く。
「おれこの人(コモン)観たことあ…」

ズドンッ!!!!


ん?(鈍い私)

何、え?
クリスが撃たれた―――――っ!!
銃撃戦で、キアヌもクリスを手当てできず!

首を撃たれ、こふこふと血が湧き出るクリス!
…じ、実に…100ポイント!!
『サンシャイン2057』でもそうだけど、
彼は鬼気迫る演技がうまいのだ―――っっ!!!
しかし、クリス死んだぁぁ…

あれ絶対、キアヌの服を掴んで引き寄せて、
「妻に愛していると伝えてくれ…!」と
言いたかったのに首撃たれてしゃべれない!!

わかった。
この映画のラストシーンはクリスの奥さんに、
実際には声に出していないけれど
キアヌ「愛していると伝えてくれと頼まれた。」みたいなので終わる?
そいつぁ感動だけど…ありませんでしたよ。 へーんだ。

こうして黒幕が判明する前に、
私の中でこの映画の幕が下りたのでした(早)

だって黒幕、バレバレだし。
ラストもみんな殺しまくりだし。
キアヌは何一つ罪をかぶらないし。
無駄にかっこつけた、
ダークヒーロー的な。
う~~かゆいかゆい!!


そんな感じで、ちょっと脚本がスカスカする感じでした。
全体的に、間が悪かったりでテンション下がる。
カッコイイ曲で飾ろうとしても、効果なし。

まぁ警察界がどれだけ腐敗しているか。
映画のヒーローでさえ、完全にヒーローになれる世界じゃない
それを批判してるのかしらね…?
キアヌの役があまりに冒頓してて、
キレにはキレまくるんだけど浅はかで、
いまいち深みのない作品でした 残★念。

キアヌで最近観た良い作品は、
ロバダニ祭第14段『スキャナー・ダークリー』かな。
あれはラストまで観ると、
ぐぐぐぐぐぐっとくるものがる。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





見ちゃいました。
キアヌが好きなので…あの人間離れした感じを演じる彼が大好きで(笑)
今回はとっても男臭くって確かにスピードを彷彿させるかも?!でも…彼が主演でなくても良い作品だっかtのでは?と思いつつ^_^;
前半は…この調子で続くと辛い!って思い見てましたが、クリスと捜査を始めるころから面白くなったと思います。
でも、あっさり…しかも最後のお言葉、欲しかったよね~
【2009/02/20 22:09】 URL | 夢眠 #xNtCea2Y[ 編集]

残念、からい評価でしたか…。

なるはさんのご意見はもっともなんですが、
「悪いやつらは、問答無用で皆殺し」と言うのは、
ある種の男の夢なんです。
ボク的にはかなりしびれましたね。

クリスは『ファンタスティック・フォー』の方が、
イキイキしてたかな。
キアヌの演技って、共演者を食いがちですよね。
『スピード』でのサンドラ・ブロックとの絡みは、
ちょっとした奇跡だったかも。
【2009/02/20 23:23】 URL | ケン #-[ 編集]

>>夢眠 さん

またまたコメントありがとうございます!!

やたら私は辛口評価になってしまいました…
夢眠さんがおっしゃる通り、
前半が安っちかったからかもしれません;;

後半まで観進めることによって、
あ~ちょっと挽回?とも思ったのですが、
やっぱりラストに単純な感じには残念です。

>あの人間離れした感じを演じる彼が大好き
私も『マトリックス』のネオにはビックリでした!
続いてあれやこれやと映像重視な作品が多かったですが、
(宣伝力の強い作品が多いからかも…)
今作まで、変に最強さを出してほしくなかったかなぁと。
ピンチにはなってましたが、
あまりキアヌがそれを大きく演じないのも理由なのかもしれません。

クリスとの捜査、私もちょっぴりテンションあがりました。
でも、変な言い方をすると、
二人で車に乗っているとHOMOカップルに見えてしまったり(^_^;)
反感くらいそうですが、
ちょっとクリスとのキャスティングが
合わなかったような気がしてなりません;
【2009/02/21 23:18】 URL | なるは #-[ 編集]

>>ケン さん

コメントありがとうございます!
これで私もやっとケンさんの記事が読めます!

そうですね…なにかやたらと批判的に…。
>「悪いやつらは、問答無用で皆殺し」と言うのは、
  ある種の男の夢なんです。
実のところ、私も夢…というにはアレですが、
本当に悪い人は、善い人をとことん欺いてしまうので
いっそのこと処罰!…なんてのもアリかなと。
でもそれではただのテロリストな気もしますので、
映画こそ、劇的ながらもヒントをくれたら、と思います。
「皆殺し」は人類の最終手段だと思うので。
もっと知恵を…!と願ってしまいます。

>キアヌの演技って、共演者を食いがちですよね。
食っているのか、共鳴していないのか。
サンドラ・ブロックとの共演は、
本当にジャストマッチですよね!!
『イルマーレ』はまだ観ていないのですが。
【2009/02/21 23:23】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさんこんばんは!
いつもコメ&TBありがとうございます。

書かれている通り、「観たら損するよ!」とまでは言えないんですよね。かといって「面白い!」とは到底言い切れませんし。

キアヌってカッコイイんですけどあんまりアクの強い俳優さんではないと思うんですよね。ですから今回のような作品だと、観ていても「なんだかなぁ」になっちゃう。私は彼を活かすなら脚本がもっとインパクトないとつらいと思ってます。

ただ、それでも何とかこのレベルに仕上げてくるのがさすがハリウッドなんでしょうね。邦画だったらメロメロだと思います。(苦笑)
【2009/02/22 00:18】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>KLY さん

コメントありがとうございます!

>アクの強い俳優さんではない
そうなんですよね。
だからこそ、何かパンチのある映像効果が必要なのかも…?
ゲームキャラクターのように、
顔は同じでも設定さえちがければ成り立つような。
キャラクターの人間性を探すとなると、
ちょっと足りなく感じるんでしょうね…。
キアヌが悪いのではなく、
今作はキアヌを生かしきれなかったのかもしれません。

でも、「駄作」とまでは言わせないのが、
ハリウッド映画なのでしょうね(^_^;)

【2009/02/22 12:35】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



フェイクシティ ある男のルール Street Kings 出演:キアヌ・リーヴス フォレスト・ウィテカー ヒュー・ローリー 監督:デヴィッド・エア... 夢のもののふ【2009/02/20 23:11】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.